旅の本
※現在、デザイン変更中です。表示が崩れることがあります。

オススメの本

鉄道の旅手帖 乗った路線をぬりつぶしてつくる自分だけの旅の記録
国内の鉄道旅行に必携。路線を塗りつぶしながら造るたび記録。眺めているだけでも楽しい。
チェーザレ 惣領冬美
中世ヨーロッパの英雄チェーザレ・ボルジアの生涯を緻密で繊細な絵で描いた歴史漫画。
ぼくらの祖国 青山繁晴
祖国日本の過去と今と未来について一人一人が考え、行動するための提言書。
永遠の0 百田尚樹
海軍パイロットだった一人の男の生き様をたどる物語。家族の絆、男の生き様に涙しつつ、この国の歴史をすんなりと理解する。エンターテイメント性あふれる小説。
セデック・バレ ウェイ・ダーション
日本統治時代の原住民族と日本側との衝突を背景にしたエンタメ。大いに見応えあり。
有名旅行ガイド、人気雑誌、ご当地本など、国内旅行やレジャーに役立つ電子書籍を厳選収録。 ガイドブックを買って必要箇所だけ破って持っていく時代は終わりました。 電子書籍版は必要な箇所だけ購入できます。

ホーム > 脱力系旅エッセイ

脱力系旅エッセイ:記事一覧

なんでやねん、シンガポール!? [ カヨコ・ケイ ]

なんでやねん、シンガポール!? [ カヨコ・ケイ ]

アメリカ人の夫を持つ日本人女性が夫の仕事の都合でシンガポールに渡り、 シンガポールで感じたことを綴ったエッセイ。 といっても書かれている内容がガイドブックを超えず、観光客の目線でしかなく、 新しい情報を得ることは出来ない。文章も下手すぎて読むのがつらかった・・・。 …

インドなんて二度と行くか!ボケ!! [ さくら剛 ]

インドなんて二度と行くか!ボケ!! [ さくら剛 ]

表紙のシーク教徒の方のアップ写真のインパクトやタイトルが目を引く。 インドに初めて行くと陥りがちなトラブルに巻き込まれたことを わざと口汚く書くことでおもしろおかしく読ませることを狙ったエッセイ。 ただ、中身は正直言って何もないです。同じスタンスなら西原さんの本の方がいい。 …

イケズな京都 甘里君香

東京で育った著者が京都に移り住んだときに見聞きしてきた京都人を 独自の視点で観察した本。悪口に聞こえちゃうとこもあったりします。 …

1