タグ「予約」の一覧

夏休み目前!今から狙った宿をとる!繁忙期に宿を押さえるコツ。

  • GWも間近。ようやく休みのめどが取れたところで今から宿確保!探し方のコツなど。
夏休みロゴ
2015年も夏休みまであと2週間あまり。旅の予定は無事立てられましたか?
最近は個人的事情でGWは遠くまで旅ができず国内で過ごすことが多くなってきました。 「遠くまで旅立てない」すなわち「多忙で直前まで予定が立たない」「まとまった休みが取りづらい」といったところです。
ところで、最近は旅の手配でわざわざ電話をかけなくても、自宅や外出先で ネット経由で予約できる便利な世の中になりましたが、便利になった分、繁忙期の埋まり方が早い。
特に利用者の多い楽天トラベルやじゃらんでは低価格の宿からあっという間になくなります。
しかし、諦めるのはまだ早い。いくら繁忙期といえども日本の宿って基本的に供給過剰でどこかに残ってます。 そして、海外旅行の手配と違い、キャンセルポリシーが意外と緩い上、ネットで簡単に予約変更やキャンセルができるようになったので 直前に人気の宿がキャンセルで出てくることもある。
サイトごとの特徴や、繁忙期の宿の動きなど、個人的経験から少し紹介します。


続きを読む

海外ホテル宿泊(外資系・日系・代理店)オンライン予約サイト一覧

  • 世界中のホテルをオンラインで検索。即時予約、現地払い可能サイトなど多数有。
ホテルは標準価格、いわゆる定価がありますが、実際に定価で宿泊している人はあまりいません。航空券がパッケージツアー用の格安料金があるように、ホテルにも同じように割引価格の設定があります。特に閑散期には割引率が高いのは言わずもがな。
大手の旅行代理店では単独で予約サイトを持っていますが、小さな代理店の場合、提携しているホテルクーポンサイトを利用している場合も多い。だったら、自分で直接ホテルクーポンサイトから予約した方がポイントサービスなどが受けられます。
また大都市などでお気に入りのホテルチェーンがある場合、ホテルに会員登録し、直接予約するのがお得です。宿泊を重ねるたびに常連客扱いで、サービスがどんどん良くなります。
ホテル側はプロモーションも兼ねて様々なチャネルに客室を提供しているので、一つの手段で満室でも、別のサイトを探すと空室が出てくることも。上手に使い分けたいですね。

続きを読む

国内宿泊(ホテル・旅館・温泉)オンライン予約サイト一覧

  • オンラインで予約できるお得な宿泊サイトを集めました。会員登録不要サイトも!
日本国内の宿泊予約は様々な旅行代理店がオンラインで予約できるシステムを整えているのでまずはそれを利用するのが便利です。
ただし、旅行代理店も商売なので仲介手数料を取ります。小さな規模だったり、こだわりの宿はむしろ地域の観光協会などからの紹介や口コミ、自社の手作りHPで集客している例もあり、旅の目的や好みで電話予約とオンライン予約を使い分けたいところ。
最近ではオンライン専門の旅行代理店が増えたことで、小さな宿もオンラインで予約できるようになってきましたけどね。

続きを読む

海外ホテルを事前に予約するのにおすすめサイト徹底比較。

  • 旅の宿は部屋を見てから決めるか事前に予約するか。それぞれに長短有りです。
私の旅のスタイルは、一都市に短期滞在する時以外はほぼ個人旅行です。 ツアーに参加することもありますが、フルパッケージにすることは余りありません。
日本で旅程を粗々に立てて、行きの飛行機でガイドブックや地図とにらめっこしながら、具体的な日程表を組み立てたりすることもあるくらい。公共交通機関を移動手段にするので、みっちり計画しても計画通りに行かないこともよくあるからです。

海外では日本と違って、電車やバスの遅れはしばしば。その上、天候や渋滞の影響で乗り遅れることもあれば、旅先で出会った人の薦めで旅程を変更することもありました。

ただ、これは一人旅かつ、休みが長く取れた職場だったから出来たこと。
繁忙期にしか旅に出れなくなった今となっては宿探しで貴重な時間と体力を消耗するわけにはいかない
特に中級~高級クラスの宿は飛び込みだとよっぽど上手に交渉しない限り正規料金になりますから事前予約が断然お得。特に、現地到着日、現地出発日は必ず予約を入れてからでかけます。

続きを読む

海外パッケージツアーの選び方

  • 海外旅行の出費は大きい。間違いなく満足出来るようツアーの選び方のポイントを紹介。
「言葉も習慣も違う外国は不安。パッケージツアーならひとまず安心。」と思っていませんか?

料金設定は「航空券代+ホテル代+空港往復のタクシー代>お任せパッケージツアー。」
別々に手配するより安くて、主要な観光地は全部で回ってくれ、一見してお得です。
ところが実際にに参加してみると、あまりにめまぐるしい移動に疲れ切ってしまったり、
一つの観光地にもう少し余裕を持って滞在したいと思ったり、不完全燃焼に終わることも多い。
特にその行き先への知識や思い入れが人一倍豊富な人ほどそうなりがちです。

パッケージツアーは観光+土産物屋巡りで拘束している間に参加者がお金を使うことを前提にした価格設定をします。様々な施設から代理店にマージンが入るからツアー代が安いのです。
だから値段が不自然なくらいに極端に安いツアーになると、観光地巡りよりも間に入る土産物屋巡りに時間をとったり、リゾート地の別荘紹介の不動産ツアーが組み込まれていることもあります。
ツアーの価格設定を安くして集客し、別のところで料金を回収して利益をあげる仕組みです。

何らかの理由で観光のキャンセルを申し出た場合、キャンセル料が発生することもあります。
おまけにバスで移動する前提なので、宿泊先は交通の便が悪い場所になる場合もある。

参加してみると、「もっとのんびり滞在したい」「忙しすぎる」と思うのですが、
なぜかゆったりとした日程のツアーを企画しても参加者が集まらずツアーが成立しないことが多いとか。

このページでは海外パッケージツアーの仕組みと選ぶポイントを考えてみます。

続きを読む

ホテル予約のHotel Clubと直前予約Rate to Go!!

  • オーストラリア系ホテルクーポンサイト。日本語にも対応。直前予約専門のRateToGoが特におすすめ。
代表的な海外のホテルクーポンサイトの一つ。オーストラリアが資本ですが、日本語での予約も問題なくスムーズにできます。(たまにホテルによっては英語表記で出てくる場合もある。)
通常予約であればホテルクラブ、出発まで2週間を切った場合はホテル直前予約のRatesToGoと棲み分けができています。
特に混雑するシーズンにはなかなか空室がでませんので、ホテル直前予約のRatesToGoはありがたい存在。

続きを読む

[営業終了]ホテルトラベルドットコム hoteltravel.com

  • IT立国インド資本傘下のオンライン旅行代理店。安い上にマニアックな都市も扱う。
※ホテルトラベルドットコムは閉鎖されました。ご注意ください。

ホテルトラベルドットコム
インドの大手ホテル予約サイトMake My Trip傘下のオンラインホテルクーポンサイト。 他のホテルクーポンサイトでは扱っていないマニアックな都市のホテルと契約していることもあり、agoda、expediaと並んでよく使うクーポンサイトの一つです。
インドがIT分野で急激に伸びてきたと思っていたら、気がついたらこちらはインドの大手オンライン旅行代理店Make My Tripの傘下に入っていました。他社では扱わない中規模都市などのホテルを事前予約できるのがありがたいです。

続きを読む

ホテルズドットコム Hotels.com

  • 10泊宿泊で1泊無料!24時間日本語対応可能なカスタマーサービスも充実。
Hotels.com はエクスペディアの関連会社で予約できるホテルがエクスペディアとかぶっていたため、特徴がなかなか紹介できなかったのですが、10泊以上の長期滞在で1泊無料になったり、変更キャンセル料が無料だったり、さらに日本語サポートが24時間という他のクーポンサイトにはなかなかまねできないサービスを展開しており、ここにきて非常に使いやすくなりました。
サイトの作りも世界各国の言語や文化に合わせてローカライズしており、日本語サポート&日本円決済で日本人にも非常に使いやすい。

続きを読む

インドの列車のチケット・切符の手配について

  • インドの鉄道旅行計画に便利なサイト、切符手配を受けてくれる旅行代理店などの情報です。
列車シルエットイラストインドの列車の切符の手配は以前は日本の旅行代理店に依頼するか、インド入国後に窓口で買うのが一般的でした。基本的に列車の予約は大行列に並ぶことになりますが、比較的大きな都市の場合、駅または周辺の予約オフィスに外国人専用の窓口があるのがありがたい。
外国人用の窓口では英語が堪能な職員が対応してくれますが、対応の仕方は人それぞれ。懇切丁寧な方もおられれば、忙しさのあまり事務的な冷たい対応をする人まで様々です。
特に首都ニューデリーの外国人窓口など、専用の予約オフィスが外国人で大行列を作っているので、
乗りたい列車番号から何からをきちんと指定の予約フォームに記入する必要がある。

「列車番号書いてきて。」「だってわかんないから。」「時刻表見れば載ってるでしょ。」
そう言われても時刻表には始発と終点が書かれているくらいで、細かい停車駅なんて書いてない。
後ろを見渡せば相変わらず外国人の長蛇の列。1時間近く並んだのにまた並び直しなんてやってられない。
「あなたの目の前の端末で調べられないの?」と食い下がったら嫌々調べてくれたが、
インドでは切符を買うのに氏名や身分証明まで確認されるので、日本のように日にちと時間帯、区間を告げてさくっと切符を買える訳ではないのである。

続きを読む

アメリカ発のオンライン旅行予約サイト。エクスペディア。

  • 最低価格保証で即日ホテル予約が可能!直前の予約でもストレスがなくお薦め。
アメリカのマイクロソフトが運営していた旅行会社がアジアにも本格進出。 ここの売りはとにかく最低価格保証即時予約。エクスペディア自体がホテルから受け取るコミッションを低くし、他のホテルクーポンサイトより安くなるようにしていると思われます。
またアメリカ発なのでアメリカ人が好むホテルや好む地域で特にお得なプランがあり、メキシコのカンクン周辺のリゾートホテルとかは狙い目。他社では扱っていないお得なプランがぱらぱらでてきます。

続きを読む

世界中のホテルを格安で楽々予約 「Agoda」。

  • 登録ホテルの数、地域の多さが魅力。安い。特にアジアの宿の予約に重宝するので最もよく使います。
シンガポールが拠点のホテルクーポンサイト。海外ホテルを予約するとき一番頼りになる存在で、特にアジアの旅では重宝します。
日本国内では楽天トラベルやじゃらんで扱うような「民宿レベル」の宿から5星ホテルまでが登録しているため、そこそこの寝床はほしいけど、過剰なサービスはいらないという私のニーズにぴったり合う宿が多いので使いやすい。
また、他社に比べて田舎町でも比較的宿が見つかるのもうれしいところ。

続きを読む

国内・海外ホテル予約の総合サイト「楽天トラベル」

  • 日本最大級の宿泊予約サイト。海外ホテルは少ないがプランが充実してます。
国内の旅館やホテルをオンラインで予約するサイト「旅の窓口」を買収したことから始まる楽天トラベル。JTBなどが扱わなかった小さな民宿なども多く、国内の宿泊予約予約数の数からするとダントツの規模。ただし海外に目を向けると契約数は激減する。
海外は日本人に人気の観光地であれば比較的よいプランが見つかりますし、なにより現地払いなのが安心です。(外資のホテルクーポンサイトは事前決済が多い。)

続きを読む

海外旅行の航空券の買い方

  • 自分で調べてネットで予約、代理店を活用する場合など、メリット、デメリットを比較。
外国に行きたいなと思った時、絶対必要なのはパスポート(&ビザ)とお金と航空券。
船で行くという手段もありますが、航空券の値段が下がった今、金銭的には余りメリットはありません。
私が航空券を買う時の基本はなるべく安く!
なぜなら1回の贅沢な旅行より何回も旅行に出ることを選ぶからです。
しかし、安さにこだわるあまり失敗することもあり、トータルで見ると代理店任せの人と変わらない気が・・・。
航空券が手元にあるのに休みが取れず、有効期限ギリギリで海外を往復する羽目になって、
なんのための旅行かわからなくなるときもある。それもまあ楽しい思い出です。

今は航空会社のカウンターに出向かなくてもネットであっさり購入できる時代です。
どこでどう買うと得なのかを考えながら、私的航空券の買い方を語ってみます。

続きを読む

このページの上部へ