ユカタン半島には数多くのマヤ遺跡が存在するが、日本のガイドブック(地球の歩き方メキシコなど)では、
紙面の都合か、チェチェンイツァー、ウシュマルなどの大きくて歴史的価値のあるものの掲載に絞られています。
トゥルムにページが割かれている理由は行きやすさと美しい海とのコントラストが楽しめるが故でしょう。

今回、コバ遺跡に行ってみて、ここはわざわざ行く価値はあるところだと思いました。
前述の有名な遺跡に比べれば修復や敷地内の整備にお金はかけていません。
ピラミッドも完全に復元していません。が、そこがいい!

広大なジャングルの中に点在する遺跡群を自転車を借りてくるーーっと一回り。
ピラミッドの上から見渡す限りのジャングルを望めば、マヤの時代にトリップしたかのような錯覚を憶える。
時代の経過で朽ち果てた姿が残された遺跡は、創造力がかきたてられる。
個人で来るとわりと日帰りツアー客とも時間がずれる様で、ピラミッド独り占めに近かった。

チェチェンイツァーのピラミッドは、数年前、転落事故で人が亡くなってしまい、現在、登頂禁止です。
ユカタン半島で唯一登頂できるピラミッドがある遺跡ですので、是非、是非、どうぞ。
行き方など細かいところは下記、記事内にて。
コバ遺跡のピラミッドからの眺め
【コバ遺跡のピラミッドからの眺め。辺りに大きな建物が全くないため、ひたすらジャングル】

コバ遺跡の周り方指南

コバ遺跡の案内図・看板
エントランスを入ると、すぐ右手にグループコバと命名された遺跡群。
写真左の図は、看板内に無理矢理ぎゅっと案内図を入れた感じで、
遺跡と遺跡の距離がかなり離れている。
コバに丸1日時間をかけられないのであれば、自転車を借りましょう。
エントランスの先、左手にレンタルオフィスがあります。
自分でこぐのがしんどかったり、子供連れの場合は、運転手つきトライサイクルを チャーターすることもできます。

しかし、レンタル用の自転車は全てATBです。はい、道は未舗装です。
泥よけがついてないので、雨が降った後は背中が泥だらけになるかも。
 ■自転車レンタル30ペソ
 ■運転手付き三輪車95ペソ(1時間20分)、160ペソ(2時間)
(案内図と下左の料金表はクリックで拡大します)

コバ遺跡のレンタサイクル値段表 コバ遺跡のレンタサイクル事務所 コバ遺跡のおびただしい数のレンタサイクル

コバ遺跡の小さい遺跡をさくっと紹介

コバ遺跡1
時間がなかったのもあり、小さい遺跡は特に看板も読まず
さっくり回ってしまいましたので、特にコメントはなし。
小さい遺跡は割ときっちり修復してある物が多かった。
そして、マヤの遺跡っぽく、相変わらずマヤボールの競技場。
(ゴムボールを使った球技の勝者が生け贄になる。)
コバは余り写真を撮らずに雰囲気を楽しんでいたので、
掲載する写真がなくてスイマセン。

コバ遺跡2:球技場跡Fuego de Pelota コバ遺跡3

コバ遺跡のピラミッド

コバ遺跡のピラミッド全景
コバ遺跡のピラミッド。グループ・ノオチ・ムル。Grupo Nohoch Mul
全景を見る限り小さそうだが、ユカタン半島北部遺跡では最も高く、
高さ42メートル。 先の案内図の12番構造体がピラミッドです。
参考:周辺遺跡のピラミッドの高さ
 チェチェンイツァー:25メートル、ウシュマル:38メートル
 テオティワカンの太陽のピラミッド:65メートル
 グアテマラのティカルの4号神殿:70メートル

ピラミッドの前にある看板には「自己責任で登ること」との注意書きがあります。
段差が不規則で欠けているところもありますし、手すりもなし。ロープを頼りに登るだけ。
しかし、いざ登ってみれば見渡す限りのジャングルです。
グアテマラのティカルは高い神殿がぼこぼこあるので、ジャングルから顔をだす神殿が確認できますが、
コバは他の構造物は全てジャングルの中に埋もれています。

そして、このピラミッドの裏や左側面には未だに草木がボーボーです。
前面と右側面のみを綺麗に修復してピラミッドらしく見せていますが、反対から見ると単なる小山。
きっと長い間こうやってジャングルに埋もれていたのだなぁ。と妙にノスタルジーを感じる。
この辺りが創造力がかきたてられると前述したゆえんでございます。写真じゃ伝わりません。

ピラミッドに登る人 ピラミッドを降りる人 ピラミッドの上の小部屋 ピラミッドの頂上からの眺め

コバ遺跡にバスで来る。行き方

ADOのバスがコバ遺跡前をぐるっと回るバス
トゥルム発コバ遺跡行きバスチケット
プラヤデルカルメン、トゥルムなどからADOやMAYABのバスで。
トゥルムとメリダを結ぶ幹線道路まで出てバスを拾った・・・なんて体験談も見ましたが、 私が見た限り、2009年12月時点では、コバ遺跡の前までバスが回ってくれるようです。 (MAYABも遺跡前まで回って来ました)
ADOは、プラヤデルカルメン発9:00、トゥルム発10:25。所用40分。
その他、メリダ行きのMAYABが何本かある。
ADOの復路は、コバ発13:30と15:30発。往復購入しておくと安心。

私は10:25、13:30のチケットを購入。自転車で回ってぴったりくらい。
徒歩で回ったり、レストランで休憩したい場合は、15:30がベストです。

カンクンからのパッケージツアーはだいたい1~1.5万円/人くらい。
コバとバラムキム(セノーテ)など、周辺を含めて回るようです。
タクシーはトゥルム-コバ間の片道料金が550ペソくらい。
人数が集まれば周辺観光も入れてチャーターするのもいいかも。

宿泊地をカンクンに限定しなければ個人旅行で観光地はしごも割と簡単にできます。
私はトゥルム泊。朝一でトゥルムの遺跡に行き、その足でのコバ、さらにコスメルまで移動しました。
(どんだけ機敏に動き回るんだっていう話ですが、メキシコはインフラが整っているんでできてしまう)

ピステ泊で午前にチェチェンイツァーを見て、午後コバ遺跡っていうプランも十分可能です。
ただし、コバ遺跡にはクロークがないので(チェチェンイツァーにはある)、コバ周辺の宿に泊まるといいかも。
遺跡観光と、近くのMul Tun HaセノーテやCho Haセノーテを回ってみるのもいいです。
(※トゥルム近くのグランセノーテなどはダイビングができますが、ここは禁止のようです)

▼ メキシコ旅行に行きたくなったら・・・物価の目安にどうぞ。

旅行時期:2008.10.上旬及び2009.12月下旬
1ペソ=7~10円前後

■コバ遺跡:入場料51ペソ、自転車レンタル 30ペソ
■バス:トゥルム-コバ遺跡40ペソ(ADO)、プラヤデルカルメン-コバ遺跡80ペソ(ADO)
■買い食い:アイスクリーム 25ペソ

■成田-メキシコ航空券 75,000~180,000円
日本から直行はアエロメヒコのみ。現在、ティファナ経由なしで成田からシティ直行になったため、
同日乗り継ぎでそのままカンクンまで飛べるようになりました。
それ以外はアメリカを経由するのが一般的(JALのカナダ経由は廃止の傾向にある)。
アメリカ経由はアメリカの入国手続きが面倒くさいのでアエロメヒコが一番楽チンです。
メキシコはインフラも整っており、ちょこっとスペイン語の単語を覚えておけばするすると旅できるので
航空券だけ買って自由旅行することをオススメします。特にユカタン半島は治安もよく楽勝です。

私はエイビーロードで金額をざっくり把握、アタリをを付け、個別の代理店に問い合わせます。