メキシコで一番大きな島であり、ユカタン半島の恩恵を受け周辺の海も限りなく透明。
ダイビングスポットも数多く、アメリカ各地からは直行便まであるほど。
日本からメキシコはアエロメヒコ以外に直行便はなく、ほとんどの場合アメリカ経由となる。
だからカンクンをわざわざ経由せずともコスメルに直行してくるっていう手もあります。

バックパッカー向けの安宿もあるにはありますが、サンミゲルの町中です。
サンミゲル周辺は護岸工事がされていて泳ぐには不向きなので、
どうせなら着いた日にタクシーで移動してビーチフロントのリゾートに滞在することをオススメします。
食事や各種アクティビティ付きのオールインクルージブプランもカンクンより安いですよ。

コスメルについての詳しい案内は関連サイトにアップしましたのでそちらをご参照くださいませ。
 ≫島旅☆シュノーケラーで行こう!コスメル島
 ≫メキシコ的アジアの解釈。オリエンタル風料理THE ORIENTAL。
コスメル島南西部チャンカナブ海岸の海中
アレグロ コスメルの前のビーチで泳いでいた魚。擬態してる?と思うくらい透明。

プラヤデルカルメンの船着き場から高速艇でコスメルへ

プラヤデルカルメンの公共ビーチ
カンクンからバスで1.5時間下ったプラヤデルカルメンからコスメル島行きの高速艇が頻発しています。
港のすぐ横は公共のビーチで、近所?の人たちがビーチで遊んでいる。
この周辺もビーチは綺麗だし、リゾートホテルも数多くありますが、
たまたま満ち潮だったのかなんなのか、砂浜が狭かった。
高速艇はウルトラマール社とCruceros Maritimosの2社の運行。
コバ遺跡を13:30に出て、トゥルムで食事。その後カルメンへ。
17:00発の高速艇に乗船することができました。忙しい旅っす。

プラヤデルカルメンのビーチ フェリーポート ウルトラマールの高速艇

コスメル島南西部のビーチ

コスメルのChankanab湾のビーチ
コスメル島もユカタン半島と同じく、大半の土地がジャングルです。
南西部のビーチリゾートは、ジャングルの一帯を切り開いて建っており、
空から見ると緑色のジャングルにつつーーっと道が延びていて、
ホテル、海の家ともに一つ一つが離れていてプライベートビーチ感覚。
リゾートに入ってみると、いちいち施設がでかいんですが、
一歩外に出ると大自然という。
欧米人はほとんどプール沿いでくつろいでいるので、
ビーチで遊んでいる人は少なかったです。

桟橋から眺めるビーチ 海中写真 サンセット

今回は海中写真も撮ってみました。

サンゴと魚
タイのソンクラーンに参戦した時に買ったデジタルカメラ専用防水ケース ディカパックを初めて海の中で使用してみました。 私のカメラは水中撮影を想定しておらず、メーカー純正の防水カバーが売ってないのです。
使いやすさはともかくとして、写真を撮ることはできました。
ほとんど海上から撮っていたので被写体の間に水のフィルターが入り、
あまり綺麗には撮れてませんが、実際にはもっと綺麗です。
ディカパックはメキシコでは珍しいらしく、ガイドが食いついてめんどくさかった。

カメが泳いできた 海面から海底を見下ろす ボートの周りを徘徊する魚

アレグロ コスメル オールインクルージブプラン

アレグロコスメルのとある日の朝食
今回の宿泊はアレグロ コスメル オール インクルーシブ 。 食事、飲み物、動力装置を有しないアクティビティ込のオールインクルージブプラン。
シーカヤックやウィンドサーフィン、シュノーケルギアのレンタルは無料。
バナナボートやグラスボトムボートツアーは有料っていうことです。
食事は基本的にブッフェですが、2泊以上すれば夕食はアラカルトレストランも予約することができます。
メキシコ的アジアの解釈。オリエンタル風料理THE ORIENTAL。
食事は全体的に味が薄めでヘルシーだけどまあまあ美味しいです。

アレグロ コスメルのコテージ 子供用プール ブッフェディナーの一例

おまけ:プラヤデルカルメンの豚タコス専門店

タコス・デ・クエロ
オールインクルージブだったので変化がないコスメル島滞在。
おまけでプラヤデルカルメンの豚肉専門タコス屋でもどうぞ。
メキシコ旅行中どこでも食べられる手軽な軽食がタコスですが、
実は豚肉のタコスは専門店に行かないとなかなかお目にかからない
部位を選択し、4枚から注文可。写真は皮肉とバラ肉です。
カルメンにバスで来る場合、必ずこの店の前を通ります。
バスターミナルから3ブロックくらい手前だったと思う。
よかったらチェックしてみて。早い、安い、美味い店です。

タコス・デ・コステイージャ サルサ各種 豚タコス専門店

▼ メキシコ旅行に行きたくなったら・・・物価の目安にどうぞ。

旅行時期:2009.12月下旬
1ペソ=7~8円

■フェリー:プラヤデルカルメン-コスメル島 140ペソ
■タクシー:コスメル島セントロ-南西部ホテル 180ペソ
■バス:プラヤデルカルメン-カンクン空港 100ペソ
■観光:シュノーケリングツアー(3point) 39ドル+海洋公園保護料 2ドル
■宿:アレグロ コスメル オール インクルーシブ vcエクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト
   チェックインしてみてわかったが、ほとんどの宿泊客がエクスペディア経由で予約していた。

■成田-メキシコ航空券 75,000~180,000円
日本から直行はアエロメヒコのみ。現在、ティファナ経由なしで成田からシティ直行になったため、
同日乗り継ぎでそのままカンクンまで飛べるようになりました。
それ以外はアメリカを経由するのが一般的(JALのカナダ経由は廃止の傾向にある)。
アメリカ経由はアメリカの入国手続きが面倒くさいのでアエロメヒコが一番楽チンです。
ただし、成田-メキシコシティ-カンクンと来て、コスメル行きの国内線最終便には間に合いません。
メキシコはインフラも整っており、ちょこっとスペイン語の単語を覚えておけばするすると旅できるので
航空券だけ買って自由旅行することをオススメします。特にユカタン半島は治安もよく楽勝です。

私はエイビーロードで金額をざっくり把握、アタリをを付け、個別の代理店に問い合わせます。