写生している若者
【写生している美大生?が多かった】
なりきり小姐。あなたたち何者?
【なりきり小姐。あなた達何者?】


 一夜明けた西塘はにぎやかだった。

 折しもこの日は土曜日。中国も土曜日は休日なのか、朝の10時過ぎには窓の外からどやどやとした人間の集団になったとき声が醸し出す不思議な音が部屋にこだまする。中国各地からのパッケージツアー客が西塘に到着したのだ。

 上海から出発する西塘日帰りツアーは、午前発と午後発の2便ある。窓の外を見下ろせば、各旅行会社のロゴ入りの赤や黄色のキャップをかぶったオジサン、おばさんが列をなして連なっていて、これまたおなじみ、旗を片手に拡声器(ヘッドセットの人もいた)で解説するガイドのおねぇさんについてゆく。

 うわーー、にぎやかだなぁ。(ちなみに日本の団体旅行は見ませんでした)

 ちゃちゃっと荷物をまとめてフロントに預けると、西塘の街を一回りしてみることにした。

 昨日の夜は個人旅行客がぽつぽつと乗っていた観光船は、運行数が増えていた。西園など、西塘を代表する庭園の前には観光客でぎっしり。
 そして、街の南の永寧橋なんて渋滞に近く、そこでレトロなチャイナドレスを着てポーズを決めてるおねぇさん・・・誰?

 若いお兄ちゃんカメラマンと観光客に動ずることなく堂々とポーズをとるおねぇさん。私だけでなく、どうみても観光客っていう人たちまでおねぇさんをカメラに納めていた。一体なんの撮影でしょうかねぇ。

(私は変身写真館の類だと思ったのだが、「大学のサークルかなんかだよ」という意見もあり)

 ちなみに昨日もそうだったのですが、街の至る所で街の絵を描いている若者がたくさんいました。学校の授業かと思っていたんですが、二日連続いるってことは合宿でもしてるんですかね。


 最後に、この西塘古鎮に残された古い邸宅の一つ、尊聞堂に行ってみた。

 尊聞堂は、「石皮弄」という有名な路地にある古い邸宅。路地に敷かれた石板の厚さが3センチほどで、皮の様に薄いことから「石皮弄」と呼ばれる。この「石皮弄」の両側に種福堂と尊聞堂というかつての名士の邸宅があり、今は一般公開されているだけでなく宿泊もできる。

 尊聞堂に入り大きな声で「にーはお~」と挨拶をしてみると、案内役らしいこの家のじいちゃんが奥から出てきてくれた。
 私を見て当然のように中国語で解説を始めるので慌てて「日本人です」と言うと、机の中をがさがさあさっててづくりの英語の解説書を手渡してくれた。

 「中にも入っていい?」

 というお願いにも快く応じてくれ、台所を通り抜けて2階の宿泊用客室を一つ一つ見せてくれた。

 尊聞堂の部屋の写真は下の通り。ベッド以外の写真は省いてしまいましたが、調度品一つとってもお金持ちの家と一目でわかる。おまけに部屋ごとに全て調度品が綺麗に飾られていて、古い物を大事にしている様子が見て取れた。
 観光客を泊めるために改装をしてあるのは「思雨客桟」と同じだが、断然こちらの部屋の方が趣がある。

 「一泊いくらですか?」
 「120元」

 よし、次回はここに泊まろう!思雨客桟との差はたったの20元だし、比べてみたいところだ(何となくこっちはすきま風とか入りそうだが)



 西塘水郷古鎮散歩はこんな感じで終わりました。

 かつて魔都と呼ばれた上海は大開発の真っ最中。上海のニュースポット新天地など六本木ヒルズを思わせるような中国らしからぬ空間でした。

 そんな上海から1時間。西塘は中国のノスタルジーに浸れるオススメスポットです。是非、一泊してください。朝と夜のお散歩がオススメです。
町の様子
【観光客でいっぱいだった】
あちこちでなりきり小姐
【さらになりきり小姐】
↑クリックすると拡大 西園の渡り橋
【西園の過街楼】
石皮廊
【石皮弄】
尊聞堂のじいちゃん
【尊聞堂のじいちゃんとパチリ】
客室に上がる階段
【2階へと続く階段】
尊聞堂の庭
【尊聞堂の庭】
尊聞堂
【尊聞堂の応接間】
梁の彫刻
【天井の梁に自慢の彫刻】
廊下の壁
【立派な作りの壁】
窓からの眺め
【隣の屋根が近い】
窓の作り
【窓はこんな感じ】
客室1
【客室1:宿泊できます】
客室2
【客室2:ベッドが立派】
屋根
【屋根】
橋からの眺め
【橋から水郷古鎮を眺める】

[関連ページ目次]

【旅の履歴】上海、西塘個人旅行 2007年11月
中国江南の水郷古鎮「西塘」をゆく(その1)
中国江南の水郷古鎮「西塘」をゆく(その2)
中国江南の水郷古鎮「西塘」をゆく(その3)
世界の食べ物探訪記:ノスタルジック水郷古鎮「西塘」の夜。「毛毛酒館」
世界の食べ物探訪記:ノスタルジック水郷古鎮「西塘」。名物をたっぷり頂きます。

上海食べ歩記:
世界の食べ物探訪記:はい、来ました。上海蟹の季節です♪
世界の食べ物探訪記:上海小龍包はしご編:南翔鎮まで行ったのだ!
世界の食べ物探訪記:オーソドックスに上海料理「上海人家」

その他:
機内食が美味しくて感激したANA虹橋線について