ホリデイインリゾートの船 はい、やってきました。昨年に引き続き、昨年と同じメンバーでソンクラーンのタイに上陸である。
メンバーが海好きなのもあり、バンコクからほど近く、いかがわしさ満点のパタヤ(行ったことないけど)にしようかと迷ったあげく、
「どうせ行くならきれいな海がいい~」
と、幹事の特権でアンダマン海岸に決定した。ヾ(@^▽^@)ノ

アンダマン海岸の海はちょうどぎりぎりベストシーズンで、且つ4月は徐々にホテルの値段が下がり始めるので行きやすいのだ。
私としてはマイナーな島に行きたかったが、そこはサラリーマン。ただでさえ同じ職場の同じ部署の人間が数人固まって休んで目立つので、いくら「振り休だ」「春休みだ」と言い訳してもそうそう長くは休めない。
結局、土日を絡めてちょこーーっとごまかしつつも4泊5日で、プーケットと近郊の島の旅となった。

プーケットピピ島は、数年前訪れたことがあるのだが(そのときのレポートは「タイ(海と温泉編)」参照ください)、日帰りツアーでささっと回って物足りなかった。そして、騒がしいメンバー(ロシアン)に囲まれ落ち着かなかったのもあり、プーケットから行ける島で、静かで綺麗な海のある場所を探したところ、
ピピ島の子供たち 「そういうことならピピ島でもレムトンビーチが静かでオススメですよ」
「リゾートホテルが数件しかないので観光客も少なくのんびりできます」
という代理店のすすめでピピ島行き、レムトンビーチ滞在となった。

地図を見るとほんとにリゾートホテルが数件しかなくって・・・もしかして、ご飯とか高い?
そして、静かってことは・・・ソンクランに行く意味なかったかも・・・。

タイ航空で成田からバンコク経由でプーケットへ。

ロイヤルパラダイスホテルのデラックスルーム
ロイヤルパラダイスホテルのデラックスルーム
【ロイヤルパラダイスホテル】
デラックスルームにアップグレード♪
フローリングの床で裸足で闊歩した

タンク式プーさんの水鉄砲
【タンク式水鉄砲(プーさん)】

カルフールのプーさんコーナー
【カルフールのプーさんコーナー】

戦利品
【私の武器:カメレオンの水鉄砲】

ソンクラーンセット
ソンクラーンセット
【コンビニのソンクラーンセット】
桶、粉、聖水等々
プーケットに着いたのは夕方。ここで一人旅ならミニバスソンテウを選ぶのだが、今回はおとなしくリムジンタクシー乗り場に向かった。もったいないけど時間をお金で買うつもりで我慢する。
前回のバンコク旅行では、平気でタクシーの5人乗りをしていたが、さすがに空港でそれはままならず(それ以前に荷物が多くて5人乗りは無理)、パトンビーチまで通常550バーツのタクシー代が、1100バーツに跳ね上がった。

それのそのはず、10人は乗れるミニバン貸し切りだもん・・・。
ホテル宿泊など諸々を考えると、4人の倍数の人数が一番お得かもしれません。
さて、タクシーで小一時間(そう、遠いんですよ、プーケットの空港って)、パトンビーチにある4星ホテルロイヤルパラダイスホテルに到着。

このホテルはプーケット一にぎやかなパトンビーチのど真ん中にあり、繁華街のど真ん中な上に、シーフード屋台が目の前で、ロケーションが気に入って予約。しかも、ローシーズン料金で一部屋38ドルだったのに、なんと、行ってみたらパラダイスウイングのミニスイートにアップグレードしてくれて超びっくりした。(ノ゚⊿゚)ノ
理由は聞かなかったけど、スーペリアルームのツインが満室だったんですかねぇ。ラッキー♪

ちなみにこのホテルはパトンビーチの中で一番高く、しかもパラダイスウィングは高層棟な上に全室オーシャンビュー&バルコニー付きです。これで4000円はお得だわ~♪(って、ほとんど寝るだけだったんですけどね(--;; )

チェックインが済むと・・・武器の調達です。
大晦日の前日であるこの日(日本でいうと12/30か?)、道路脇の露天にはおみやげ物や日用品(洋服)を売る屋台が多く、あまり水鉄砲は目立ちません。

時々、水鉄砲を抱えて歩くタイの女の子を見かけ、それから食い入るように店を眺めていると、一つ、また一つと水鉄砲屋台が現れ始めた。それも、空気圧式の超強力砲ばかりがずらり。

「それいくら?」
「680B」
「ええ~、高いよ~」
「いくらなら買う?」
「買わない買わない」

去年、バンコクで、しかも観光客が押し寄せるカオサンで250Bで売ってたぞ!いくら何でもぼったくりだ。


屋台をテキトウに冷やかしつつ、オープン間もないショッピングセンターへ。

以前のパトンを知っているだけに、このショッピングセンターにはすこぶる衝撃を受けた。

とにかくでかい!w( ̄△ ̄;)wおおっ!

スーパー(カルフール)、デパート(ロビンソン)、ホテルの他、スポーツショップ、ファーストフード、美容院・・・等々あらゆる商業施設が集まった一大ショッピングコンプレックス。まるで小さな町の様で、地図がないと目的地にたどり着けない。

目的地はカルフール。もちろん水鉄砲の調達である。スーパーなら絶対にFIXD PRICEに決まっているからだ。


警備員に尋ねながらやっとの思いでカルフールにたどり着くと、なんと、店の入り口のすぐ近くにどかーーんと水鉄砲コーナーがあった。

(  ̄⊿)_┳※・・・・・・・・・・・・・・・・・・*


しかもびっくりするほどの低価格に度肝を抜かれました。

ほとんどが100バーツ以下。ちょっと派手な作りだと150~200くらい。そして、タンク式のキャラクターもの(プーさん)が239バーツ!!

「今年はタンク式で挑むぞ~」

と少々気張ってやってきたのだが、考えるうちに「これから島にいくしなぁ・・・」とだんだん弱気になってきて、結局、中間をとって、空気式カメレオン銃を購入しました。


いよいよ、本番はあさってである。楽しみだなぁ。


バキューン(▼へ▼メ)σ‥...----------・


ところで、ふと気になったんですけど、偽物天国のタイで、果たしてあのプーさんタンク銃はちゃんとディズニーのライセンス許可とってるんですかねぇ?

カルフールで扱ってるからとってるのかとも思いましたが、でも、いまいちそれも信じられないなぁとずっと疑問でした(ウルトラマンなんて絶対に円谷プロの許可とってるとは思えないし)。



カルフールの水鉄砲売り場
【カルフールの水鉄砲コーナー:みなさん真剣な顔で物色中】



焼きエビ蒸し魚イカリング
トムヤムクン蒸し赤貝店の外観
【戦争前夜の晩餐:なんちゃって、シーフード屋台でシーフード三昧してました】