たびnavi.のTOP > 台湾の豊年祭

台湾の豊年祭

台湾の宿泊事情

 日本語が通じる宿も多く、中国語ができなくても比較的不安が軽い。民宿も多いです。
台湾の宿泊事情 宿泊事情概要 台湾はバックパッカーが長い間沈没してしまうような格安のホテルは余りありません。 特に台北は物価が高いので、外国人の若者が溜まる安宿が限られていました。 現在でも宿泊事情はさほど変わりませんが、逆に若者の世界旅行が減った今はさほど需要もないかも。 ドミトリーがあったとして1泊1000円前…  »続きを読む

台湾土産

 台湾製品は日本でも普通に手にはいるので土産探しより旅を楽しむのに集中したい。
台湾土産 10年ぶりに台湾に行ってみて驚いたのは、「あれ?10年前と余り変わってない?」ってこと。 日本ではあの手この手でいろんなメーカーがお菓子や食べ物系土産の開発競争が激しく、 特にここ数年は空港などの土産物屋に置かれる土産も激変しているからです。 台湾は「パイナップルケーキ」「太陽餅」「からすみ」「蓮…  »続きを読む

おまけ:台湾半周グルメ紹介。美味い物いっぱい♪

 台東、萬巒、台南、安平、台北と、ぐるりと回る間に食べた美味しいモノいろいろ。
おまけ:台湾半周グルメ紹介。美味い物いっぱい♪ 以前、漫画家のグレゴリ青山さんの著書に「台湾は胃袋が3つくらい欲しくなる」と書かれていたが、全くもって同感である。 台湾料理だけでなく、中国大陸の様々な料理が味わえるし、ちょこっと小腹がすいた時に 思わず立ち寄りたくなる安くて美味い軽食店の数がハンパじゃない。 日本でもB級グルメが流行りだして久し…  »続きを読む

原住民族豊年祭 その6:旅の終わりに。アジアの文化と歴史は奥深い。

 豊年祭の原住民族文化、萬巒の客家食文化、安平の列強支配の跡と台湾史にふける。
原住民族豊年祭 その6:旅の終わりに。アジアの文化と歴史は奥深い。 【台南市の野良化?している飼い豚。いつか食べられるんだろうか?】 豊年祭の後、Y先生と下宿のお母さんの好意で台東をぐるりと案内して頂いた。 台東の街から温泉で有名な知本の間は各部族の原住民部落がある。 釈迦頭畑、蘭農家、昔の住居を利用した集会所などをぐるりと周り、先生の下宿先へ。 なんと、その下宿…  »続きを読む

原住民族豊年祭 その5:巴古崙岸部落の豊年祭。参加しました。

 豊年祭は部落の人たちの踊りと運動会のような行事。楽しげです。
原住民族豊年祭 その5:巴古崙岸部落の豊年祭。参加しました。 【台東市郊外の巴古崙岸部落の豊年祭:青年たちの踊り】 巴古崙岸部落の豊年祭の会場である射馬干公園までは無事にたどり着いた。 台湾観光局のまとめた豊年祭の日程表によると、この部落の豊年祭は7/23~25の3日間。 中でも祭りを行うのは24日と書いてあった。 この日は他の部落の豊年祭の日程が書かれてい…  »続きを読む

原住民族豊年祭 その4:巴古崙岸部落豊年祭。なんとか会場着。

 台東市郊外の部落で行われるアミ族の豊年祭。郊外なので行くのも一苦労です。
原住民族豊年祭 その4:巴古崙岸部落豊年祭。なんとか会場着。 【台東市郊外の巴古崙岸部落の豊年祭案内看板:山と川に囲まれてのどかな雰囲気】 県東客運のバスはだいたい出発時刻の10分くらいまえにターミナルに入ってくる。 出発準備が整うと、前方の扉が開放され、次々と乗客が乗り込んでいった。 バスは前料金制。予め窓口で購入しておいたチケットを運転手に手渡しつつ、 …  »続きを読む

原住民族豊年祭 その3:巴古崙岸部落の豊年祭目指して情報確保。

 ネットで取得した豊年祭の情報を元に観光局で詳細情報を確保。便利でした。
原住民族豊年祭 その3:巴古崙岸部落の豊年祭目指して情報確保。 【台東市周辺の地図。目的の射馬干公園は大南方面行きのバスで行く】 台東の観光案内所は、旧台東駅駅前にある。 観光案内所のオープン時間に合わせて案内所を訪れてみた。豊年祭の情報を得るためである。 案内所の中には既に何人かの台湾人観光客がおり、マップなどの資料を見たり、係員と話したりしていた。 ガイド…  »続きを読む

原住民族豊年祭 その2:台東市の原住民族PRイベントに馬総統登場!

 台東市主催の馬卡吧嗨‏に台湾のトップ登場。ローカル色満載でどこかのどかな雰囲気。
原住民族豊年祭 その2:台東市の原住民族PRイベントに馬総統登場! 【台東の原住民族のイベントに現れた馬英九台湾総統と台東市長】 台東空港には台北から飛行機で50分で到着。 空港構内を出ると、案内表示に従ってバス乗り場に向かった。 バス乗り場には台東からほど近い温泉地「知本」の温泉旅館のマイクロバスが数台並んでおり、 それらの先の一番奥に市内行きの路線バス(マイク…  »続きを読む

原住民族豊年祭 その1:旅程計画推考。台北から台東へ。

 ネットが発達していても正確な情報を集めるのは一苦労。祭り見に行く前哨戦編です。
原住民族豊年祭 その1:旅程計画推考。台北から台東へ。 2011年7月。突如浮上した台湾行き。 5泊6日という中途半端な長さの日程でどこを回ろうかと検討していた時、 ちょうど台湾東部の原住民族が7月~8月にかけて豊年祭を行っていることをしった。 豊年祭は部族、部落ごとに各地で開催されるが、7月初旬に南部の台東付近から始まり、 徐々に北上していくのだそう…  »続きを読む

台湾列車:新幹線は日本でも自強号も沙崙線も韓国優勢。

 台東からぐるりと列車で台北へ。新幹線も初乗車しました。
台湾列車:新幹線は日本でも自強号も沙崙線も韓国優勢。 【台湾新幹線 高鉄台南駅にて】 今回の台湾旅行は台北から国内線で台東までぴゅーっとひとっ飛びし、台東から南周りで台北に戻りました。 台東から台南までは台湾の特急に当たる自強号を使い、台南から台北は新幹線です。 意味もないのに新幹線は動画にしてみたので興味がある方はどうぞ。 乗ってみて思ったのは走っ…  »続きを読む

このページの上部へ

 旅の準備とテクニック

 旅の土産物

 旅ログ

 旅のイベント

 インド・南アジア旅行記

 東南アジア旅行記

 東アジア旅行記

 中近東旅行記

 中南米旅行記

 リゾート