以前、漫画家のグレゴリ青山さんの著書に「台湾は胃袋が3つくらい欲しくなる」と書かれていたが、
全くもって同感である。
台湾料理だけでなく、中国大陸の様々な料理が味わえるし、ちょこっと小腹がすいた時に
思わず立ち寄りたくなる安くて美味い軽食店の数がハンパじゃない。
日本でもB級グルメが流行りだして久しいが、それでも台湾には数も値段も勝てないですねぇ。

外食をできるお店が多いのはすなわち家庭で料理を作る機会が少ないことも意味します。
特に外省人と呼ばれた戦後に台湾に渡った人たちの中には大陸の政策により帰郷ができなくなり、
家族と分断され、台湾で生きていくことを余儀なくされた人も多いと聞きます。
台湾の小吃の名店にはそういった人たちが生きていくために屋台を引き始めた・・・なんていう話も多く、
以外と歴史は浅かったりする。
だから清朝の時代からあったという粽の名店の存在など「うおーー」とびっくりしてしまうのである。
(店の売りに、清朝時代、日帝時代を経て、今なお伝統の製法を守ってますと書いてあったりする。)

現在でも一人暮らしの人の家には台所がついてないことも多いそう。
外食をする人が沢山いるから安くて美味しいお店がいっぱいある。うらやましいことこの上ないです。
特に毎日縁日のように夜市が立つのはいいですよね~。

※食べ物は関連サイトにまとめているため、リンクをたどると別サイトにまとめたページが開きます。

台湾半周 グルメ 写真館

台東グルメ:夜市のイカめしに名店の蒸し餃子。

台湾風いかめし
台湾の夜市で変化球いかめし。烏賊焼というが揚げてます。
台東では夜市で「いかめし」とのぼりのあがったお店に立ち寄りました。 漢字では「烏賊焼」とあり、ローマ字では「TAKO」です。 台湾ではよくひらがなをデザインとして使ってますが、 でもTAKOは違うよ。IKAだよ。
新鮮だったのはボラの卵をからすみにせず、サラダにしてしまうこと。
また原住民族という看板で石焼猪肉は各地の夜市でよく見かけました。


萬巒:猪脚街という観光地にもなっている萬巒で豚足!

萬巒の猪脚煮込み
萬巒の豚足はいつか台湾に行ったら食べに行こうと決めていました。 高雄からさらに列車で1時間ほど下った屏東もしくは潮州の町からバスで行くことができます。 (行き方などの詳しいレポートはこちら>「台湾の豚足で有名な萬巒の猪脚街。念願かなってようやく訪問!」)
豚というと中国では幸運(富)をもたらす動物ですが、台湾では長生きしますようにという思いを込めた麺線と共に食べることで長寿のお祝いに食べたりするそうです。だからお店では麺と豚を食べている家族をみかけました。
豚足の醤油煮込み。台湾と江南で味も意味も違う。」←こちらは中国の江南地方で食べた豚足との比較。


台南:役所が小吃PRに力を入れるほど、名物軽食が多い。

最新の地球の歩き方でも台南の小吃に数ページを費やしていますが、台南市のHPなどでも 観光客用に台南市の小吃を紹介しているほど。 ちょこっと食べて小腹を満たす美味い物がいくらでもある。
印象に残ったのは、台南の人って澱粉のとろみが好きなんだなぁってこと。最たるモノが肉圓である。 台南に限らず、台湾全土でふるふるははやっているけども。
でも一番感激したのは台南が名物と押してるものではなく、左の涼麺。
これは日本で店を出してもヒットする!バカウマでした。


安平:台湾が列強に翻弄された時代を思わせる港町は牡蠣の養殖が盛ん。

台南郊外の港にある安平はかつてオランダが作った要塞が残る観光地だが、 周辺には魚や牡蠣の養殖場などがびっしり。地図を見ると一目瞭然。
多くの観光客が台南に宿泊し、安平には日帰りで訪れるため、 土産物屋や軽食堂の方が目に付く印象があります。
一応、名物の牡蠣づくしの軽食で攻めてみましたが、ビールがないのが残念。 軽食堂や夜市ではビールがないんだよねぇ。(日本人は休日となると昼間から飲みますよね。)


台北:首都台北ではあらゆるモノが食べられる。

初台北では台湾料理の名店や夜市でご飯を食べた記憶があるが、 今回は海鮮料理と日本でもおなじみの台湾の名店「鼎泰豊」の本店に。
鼎泰豊の小籠包は東京、マカオなどの海外支店でばかり食べていたが、やっぱり美味い。 ただ、残念なのは本店よりマカオや日本の方が熱々の蒸したてだったような気がした。 火傷しないように微妙な時間差をおいたのか、気のせいかはわからない。(ま、たぶん、気のせいです。)
大ヒットだったのは海鮮料理屋で食べたキビナゴの中華風唐揚げと筍炒めです。 今回の旅で最も美味かったのはこの二つ。絶対また行く!


▼ 台湾に行きたくなったら・・・。

■成田-台湾航空券 直行便で20,000円前後~。(参考:海外格安航空券の検索・予約 YAZIKITA)
 台北便は通常チャイナエアラインが最も安く、続いてエヴァエア、日系という順で高くなります。
 また、日本発が午後便だと台北での活動時間が減るので午前便より安い。
 高雄便もあるけど台北に比べたら本数も少なく、おまけに台北-高雄間は新幹線で2時間。
 お金と日程、旅の目的を計算して上手に選びたい。

 パッケージツアーは航空券代と同じくらいの値段でホテルまで付いてお得に思えますが、
 土産物屋巡りなどに時間を費やされるし、ホテルが便利な場所とも限らずオススメはしません。
 特に台湾は海外旅行に慣れていなくてもどうにか観光出来る国です。
 台湾人は総じて親切。日本語を話す人もいるし、漢字を読める日本人は自力でも何とかできる。
 治安も交通の便も良い。パックツアーより、自分で回った方が絶対に楽しいですよ。

 エイビーロードなどで金額をざっくり把握、アタリをを付け、個別の代理店に問い合わせてみて。
 

豊年祭 旅程を立てるために参考にしたサイト
立栄航空華信航空交通部鉄路管理局
台湾観光協会台湾観光局
台東県政府ウェブサイト台東県建国100年各郷鎮市の豊年祭及び収穫祭開催時間 7月3日より次々と開催 国内外の旅行者が台東で体験するよう歓迎
台東県政府原住民族資料網100年度歳時祭儀日程表(エクセルダウンロード)
台東市マカパハイ(馬Ka巴[口海]):Kaは文字化けするため漢字表記なし。
花蓮県政府
花東縦谷国家風景区
台湾原住民デジタル博物館