にぎやかで疲れるインディアンエアラインは、無事カルカッタ(コルカタ)にたどり着いた。

 インドの玄関口の一つであるデリーのインディラガンディー国際空港は、うさんくささが飛び抜けている。

 デリーにはやたらとうさんくさい旅行代理店が多いため、親切にバスの案内をするふりをして自分の準備した1BOXカーに乗せたり、タクシーにちゃんと乗っても目的地に連れて行ってくれなかったり(これが一番困る)、とにかく一筋縄ではいかないのが定説。(詳しくは>スピティ編:第2話 シヴァの祭りでメインバザールに行けない旅人
 
 インドの空港はどこでもこうだと身構えたチェンナイの空港では、客引きゼロでびっくりしたのが記憶に新しい。カルカッタは南インドと違って外国人旅行者多いしやっぱり少し警戒していたのだが、考え過ぎだった。


 明るい時間帯に到着したのでまずはインディアンエアラインの空港オフィスを探す。
 近くにいた男に「国内線のターミナルの方にあるよ」と教えてもらい、まずはリコンファームをすませることに。

 頼んだわけでもないのだが、男はオフィスまで案内してくれ、手続きを待っている間にインドではおきまりの質問を浴びせかけて来た。私も親切にして頂いたこともあり、いつものようにテキトウに答えていた。

 「マダーム。アナタは何人ですか?」
 「日本で何の仕事してる?」
 「家族は何人ですか?」

 ・・・・

 「日本人」「事務」「6人」って本気で答えることもないんですが、嘘を言うほどでもないどうでもいい質問の数々。毎回思うけど、聞いてどうするんだろうねぇ?

 5分ほど話したところで最後に言われたのがこのせりふ。

 「ところで、町までタクシー使う?」

 「いや、バスと地下鉄使おうと思ってるけど・・・」

 「あ、そう。わかった。じゃーね。ジャパニ~」

 そういうと男は駐車場の方に向かって歩き出した。駐車場の前方にはずらーーっと客待ちのタクシーが並んでいて・・・って、アナタ、タクシードライバーかいっ

 「なんだ、タクシー使わないのかぁ~」って、にこにこ笑顔で去っていきましたけど、こんなあっさりしたドライバーって東南アジアでも見たことないんですけど・・・。客引きされるのを望んでいたわけではないが、マジで拍子抜けした。

 
 ところでカルカッタにはインドで初めて走り始めた地下鉄がある(今はデリーにも一部開通している)。開通区間はカルカッタ市内からダムダム駅までで、渋滞にはまらず市内に抜けるには大変便利な交通手段である。

 ちなみにカルカッタの空港はダムダム空港というのだが、ダムダム駅はダムダム空港のそばにはなく(←ややこしい)、リキシャ、バス、タクシーなどの手段で駅まで行かねばならない。このとき、ダムダム空港まで路線を延ばすべく工事を進めていましたが、果たして現在はつながっているんですかね。
 
 
 空港構内をぐるりと歩いて外に出ると、バスが入り乱れ、混沌としたインドの町並みが現れた。
 
 「ダムダム駅まで行きたいんだけど~」

 「だったらNo.○○のバスだ」

 リキシャは断り、バスが来るたびに車掌を捕まえ、ダムダム駅行きのバスを探しだす。
 バスに乗ったら町まで一直線。10分ほどでダムダム駅に到着。地下鉄、地下鉄~。


 行ってみて初めてわかったのですが、ダムダム駅は単にメトロの終点と言うだけでなく、インド国鉄の近郊列車も走る主要駅で、切符売り場も二カ所あってぐるぐる混乱しました。
 
 日本でも地下鉄の終着駅は地上にあったりするので、てっきり地上から地下に潜っていくのかと思いきや、地下鉄はやっぱり地下鉄。地下は薄暗くてちょっと不気味だったなぁ~。


 地下鉄に乗ったら快適そのもの。渋滞もなく、静かにスムーズに走っていく列車に驚きを隠せず。しかも、インドで扉が自動開閉するっていうのが一番の驚きでした。もちろん作っているのはインドではない。

 要は列車ではなく、完全な電車なんですね~。

 電力事情が悪く、首都でもばんばん停電するインドで、地下で、しかも電車っていうのが少々どきどきものでしたが、無事、目的の駅(どこで降りたか忘れました)までたどり着きました。

 さぁて、いよいよ山に向かって出発です!





ダムダム空港付近の列車高架工事
【空港付近の列車高架工事】

ダムダム空港付近の列車高架工事(駅)
【駅を建設中】




ダムダム駅地上の近郊列車駅
【ダムダム駅(地上駅)】





地下鉄路線図

【コルカタの地下鉄路線図】

↑クリックで拡大します!



コルカタの路面電車
【コルカタの路面電車】
インドで唯一の路面電車です。