たびnavi.のTOP > ネパール・ジョムソン街道

ネパール・ジョムソン街道

ネパールの宿泊事情

 旅程が未定の旅だったので予約せずに飛び込みで。カトマンズは予約してもよかったかも。
ネパールの宿泊事情 宿泊事情概要 ネパールは主要都市を除くと先進諸国並みの設備とサービスを誇る高級ホテルがありません。 多くは個人経営の民宿(ゲストハウス)や小規模のホテルで、 それらの宿に泊まるのであれば特に予約することなく寝床は見つかります。 かつてインドの旅に疲れたバックパッカーが休憩&ビザの再取得に訪れていたの…  »続きを読む

都市開発でせわしなくなったカトマンズ。これからどう変わるのかな。

 交通渋滞や大気汚染などの公害に計画停電や断水も。さらに物価も上がってインフレくさい。
都市開発でせわしなくなったカトマンズ。これからどう変わるのかな。 【カトマンズ郊外にあるヒマラヤそば処の天ざる定食】 ゴルカからトヨタハイエースの乗り合いバンに乗り、一気にカトマンズまで戻ってきた。 10年前に来たときはポカラとカトマンズを大型バスで往復したが、憶えているのは休憩したドライブインだけ。 「あれ~、こんなに峠を上り下りしたっけかなぁ?」と車窓からみ…  »続きを読む

カトマンズへはトヨタハイエースで快適に。バスよりミニバンがおすすめ。

 ネパールを走る大型バスやトラックはたいていTATAだけど、日本車もがんばってました。
カトマンズへはトヨタハイエースで快適に。バスよりミニバンがおすすめ。 【ダルバート・タルカリ:ドライブインの定食は煮詰まって少々味が濃かった。】 これまでポカラ、ジョムソン、バンディプルと個人経営のゲストハウスに泊まってきたが、 ゴルカでは老舗のホテルに滞在した。 老舗ホテルといっても高級ではなく、古くからこの土地にあるホテルの設備がそろった宿と言う感じ。 お湯こそ…  »続きを読む

ゴルカへのバス案内で小銭を稼ぐ男たちを考える。

 バンディプルからゴルカへはバスを2回乗り替え。外国人は少々難易度が上がるが・・・。
ゴルカへのバス案内で小銭を稼ぐ男たちを考える。 【共同井戸への水くみのお使いから帰る少女たち。ゴルカも生活用水の確保は大変。】 チベットとインドを結ぶ交易路の宿場町として栄えたバンディプルをあとにし、次なる目的地ゴルカに向かった。 ゴルカはグルカと同じで、世界史の教科書に出てくるグルカ兵はネパール人傭兵の代名詞である。 1700年代後半にゴルカ…  »続きを読む

ネワール文化の趣残るバンディプルだが、ゴミの多さに辟易。

 かつての隊商宿の町がレトロな趣で大注目。急な変化にとまどいもありそう。
ネワール文化の趣残るバンディプルだが、ゴミの多さに辟易。 【土産物製作をする人。新しい容器を黒く塗って古めかしくする演出中】 アンナプルナの山の上、ジョムソンからポカラへ飛び、ポカラで所用をすませるとバスターミナルへ向かった。 なんだか変にあか抜けたポカラには何の魅力も感じず、これ以上滞在しても仕方がない気がしたし、 それ以上に、この時期のポカラはとって…  »続きを読む

ジョムソンで航空券を購入してひとっ飛び。さらばアンナプルナ。

 ジョムソンからポカラは空路で20分。天候さえよければ快適なフライトです。
ジョムソンで航空券を購入してひとっ飛び。さらばアンナプルナ。 【タラ航空の搭乗券。航空券はなしでいきなりこれを渡される。】 アンナプルナ周辺の滞在はジョムソンを拠点に3泊した。休みの日数を考えるとそろそろ山を下りねばならない。 バスに長時間揺られて死ぬ思いで山を上ったので、帰りは絶対楽したい。 「何が何でもジープに乗る!」と切符売り場をのぞいたら「ベニまでは…  »続きを読む

ネパールの山にないものは高い!物価感覚の狂いと停電に注意。

 山の上では日本の感覚でいると気が付くとルピーが底をつく。歩くだけならお金は減らないが。
ネパールの山にないものは高い!物価感覚の狂いと停電に注意。 【おばちゃんたちが車まで歩かされぶーたれていた。空気が薄くてきついのはわかるが下りだし・・・。】 ジョムソンに滞在した3泊は公共バスやジープを使いながら、簡単なトレッキングをして楽しんだ。 マルファやトゥクチェはジョムソンから山を下り、またカグベニからジョムソンは行きに乗ったジープで道を記憶して、…  »続きを読む

アンナプルナ地域のTIMSチェックポイントはどこにあるか。

 タトパニ、ジョムソン、カグベニなど。主要箇所に数カ所チェックポイントがありました。
アンナプルナ地域のTIMSチェックポイントはどこにあるか。 【各村にはこのような地図がある。村の目印になるが、これを頼りに歩くのは不可能。】 さて、遅ればせながら2013年5月時点でのネパールのTIMSカード。 トレッカーズ・インフォメーション・マネジメント・システムについての対応をご報告しておく。 「ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとア…  »続きを読む

桃源郷カグベニは良くも悪くも生まれ変わりつつある。

 かつての桃源郷は交易の要所に?資本注入が進んで素朴さがなくなりつつある?
桃源郷カグベニは良くも悪くも生まれ変わりつつある。 【カグベニからムスタンへのトレッキングルート。道路は未開通。】 富士山の頂上よりさらに数百メートル高い聖地ムクティナートを訪れた後、桃源郷と名高いカグベニを目指した。 カグベニはネパール北部、中国の国境近くのムスタン村と、ムクティナート方面への分岐点に当たる村だ。 ガイドブックにはカグベニへの道路…  »続きを読む

神様がおられる聖地は空気が薄い!高山病にご注意を。

 ヒンドゥとチベット仏教の聖地ムクティナートは標高3800m。歩くだけでも息が続かない。
神様がおられる聖地は空気が薄い!高山病にご注意を。 【ムクティナートの寺院から村を見下ろした景色。】 ジョムソンから乗り合いジープに揺られること1時間半。ヒンドゥの聖地ムクティナートにやってきた。 ポカラからジョムソンまで陸路で上がったわけだが、さすがに標高3000mを超えると人の気配がまばらになる。 周りを見れば緑が少なく、大地は灰色がかっている…  »続きを読む

このページの上部へ

 旅の準備とテクニック

 旅の土産物

 旅ログ

 旅のイベント

 インド・南アジア旅行記

 東南アジア旅行記

 東アジア旅行記

 中近東旅行記

 中南米旅行記

 リゾート