たびnavi.のTOP > ネパール・ジョムソン街道

ネパール・ジョムソン街道

ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。

 ヒンドゥとチベット仏教の聖地にも道路がつながり車で行ける。時代の変化です。
ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。 【ジョムソンの本村に渡る橋。主人がいなくても自ら家に帰る馬】 「明日からはどこに行くの?トレッキングに来たんでしょ?」 問いかけるのはジョムソンの宿アルカ・マルコポーロの主である。 ジョムソンに入った初日、部屋に荷物を降ろすとすぐにあり合わせの夕食を準備してもらった。 ネパールのレストランですぐに…  »続きを読む

ジョムソン街道トレック。マルファからトゥクチェは初心者も楽。

 ガイドがいなくてもお散歩感覚で歩けるトレッキング道。晴れてよかった。
ジョムソン街道トレック。マルファからトゥクチェは初心者も楽。 【背中に荷物を載せて運ぶラバ。】 チベット風の建築物と水と緑が豊かなマルファの村を後に、ジョムソン街道をトゥクチェに向かって下った。 マルファからトゥクチェまでは同じく徒歩で1時間半ほどの距離である。 車道になっている街道をそのまま歩くこともできるのだが、谷の反対側のトレッキングのための行路もあり…  »続きを読む

アンナプルナのリンゴ香る美しき村。マルファ。

 白壁のこじんまりとしたチベット建築がぎゅっと固まったかわいい村。癒されます。
アンナプルナのリンゴ香る美しき村。マルファ。 【マルファ名産のリンゴをつかったアップルクランブルケーキ。甘酸っぱくておいしい。】 「トレッキング」という言葉は、よっぽど自然好き、山好きの人が行うスポーツというイメージですが、 実際に山の上に行ってみると、「山の上の散歩」という感覚で歩けるものだった。 ネパールの山というと、普段から体力作りをし…  »続きを読む

毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解!

 トゥクチェで途中下車のハズが成り行きでジョムソン泊。山の拠点としていい町でした。
毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解! 【宿から見えるアンナプルナ山。午前中は毎日雲一つなかった。】 ポカラからジョムソンまで、ローカルバスでどったんばったん揺られながらたどり着いたのは午後8時過ぎ。 窓から漏れる灯りを頼りに、手当たり次第に宿に飛び込むと、3件目でようやく空室を見つけた。 部屋は想像以上にきちんとしており、ポカラで泊ま…  »続きを読む

ポカラからジョムソン。空路で行くか、陸路で行くか。

 ポカラからジョムソンまで。ローカルバスを乗り継いで上れますが、大変です。
ポカラからジョムソン。空路で行くか、陸路で行くか。 【食べ物のためなら木登りもしちゃう。食い意地の張ったかわゆい子ヤギ。】 羽田空港を発ってから、バンコク、カトマンズを経由して空路でポカラに来たわけですが、ここからは陸路です。 時間の限られた旅では、国際空港のある町から一番遠い目的地を最初に訪れ、徐々に戻るのが王道。 しかしながら、今回の目的地のジ…  »続きを読む

10年ぶりにポカラに一泊。すっかり変わったなぁ。

 ゲストハウスが高層化&増殖。外国マネーの流入っぽい。便利かもだけど好きじゃなくなった。
10年ぶりにポカラに一泊。すっかり変わったなぁ。 【ポカラのフェワ湖の近くの木に大量にとまる水鳥。ここまで集まると怖い。】 ポカラにはカトマンズから飛行機で一気に飛んできた。(ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。) 今回の最終目的地はアンナプルナ方面だったため、少しでも時間を節約したかったのである。 前の便に空席があったことが幸いし、ポカ…  »続きを読む

ネパール土産

 ネパールの土産は宗教関係の雑貨や手作り小物。料理好きならスパイスもよいです。
ネパール土産 ネパールで売られている工業製品の殆どは中国製とインド製。 服飾雑貨は中国、加工食品はインドに中国。日本や韓国、欧米企業のラーメンやお菓子などは 中国で生産された物が陸路で運ばれてきた物が殆どです。 だから職場へのばらまき菓子などを探すのは結構苦労すると思います。 民芸品は手作りの品物が多いので品質…  »続きを読む

ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。

 ネパールの国内線はうねうねした峠道をすっ飛ばしてひとっ飛び!景色も綺麗です。
ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。 【ネパールの国内線:イエティー航空。雪男航空ってことか~。】 ネパールではカトマンズからポカラ、ジョムソンからポカラの二路線で国内線の飛行機に乗りました。 かつて1円でも安く旅を終えることに燃えていた私は「国内線に乗るなんてお金の無駄!」と思いこんでいました。 お金だけでなく、「道中で苦労しても思…  »続きを読む

ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。

 日本からメールのやりとりでカトマンズの代理店に許可証取得代行を依頼した顛末。
ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。 【ネパールの許可証:TIMSカード。個人用と団体用】 2013年のGWはネパールに行きました。ネパールに行った目的は普通に観光旅行です。 トレッキングでも登山でも自然が大好きでも、それ系の趣味は全くありません。ただ目的地がマルファ周辺でした。 マルファというのはかつてチベットが鎖国をしていた時代、…  »続きを読む

タイ国際航空HND-BKK-KTM:機内食また味落ちた?

 タイ国際航空の日本発着深夜便とカトマンズ便の機内食。つまみに大好きなムングダルが出た。
タイ国際航空HND-BKK-KTM:機内食また味落ちた? 【タイ国際航空 羽田-バンコク/バンコク-成田線の機内食】 今回はタイのバンコク乗り継ぎでカトマンズに行って来ました。 時間を節約するため、日本は羽田発の深夜便。午前0時20分に羽田を出発するため、 同日乗り継ぎでカトマンズに飛ぶことができます。 帰りはカトマンズからバンコクに戻る時間…  »続きを読む

このページの上部へ

 旅の準備とテクニック

 旅の土産物

 旅ログ

 旅のイベント

 インド・南アジア旅行記

 東南アジア旅行記

 東アジア旅行記

 中近東旅行記

 中南米旅行記

 リゾート