旅もの -旅の持ち物・土産物
※現在、デザイン変更中です。表示が崩れることがあります。

人気記事ランキング

外国人に何あげる?日本のお土産。[文房具編]
外国人に何あげる?日本のお土産。[文房具編]
機能性が高く使い勝手が良い上に安いのでお土産に喜ばれるのが日本メーカーの文房具です。
外国人に何あげる?日本のお土産。[食べ物編]
外国人に何あげる?日本のお土産。[食べ物編]
外国人へのちょっとしたお土産によい日本の食べ物。お菓子などの消え物が無難か。
旅でEASYTONEなどフィットネス用品を活用する。
旅でEASYTONEなどフィットネス用品を活用する。
トーニングシューズやヒップアップパンツなど旅の歩く効果でカロリー消費する。疲れたときに転びやすく成るのは難ですが。
サガラ刺繍のエンブロミニショルダーバッグ(mini labo)
サガラ刺繍で立体的にお花をあしらった着こなしのポイントになる小ぶりバッグ。ショルダーを外してポーチ使いもOKだし、 お財布代わりにサブバッグにinも可。短いストラップに替えてバッグの一部に引っかければスリ対策にもなる。
パリ発のカワイイ雑貨minilabo特集
スマホだけ表示させる広告を入れる
ホーム > サブバッグ > 旅の貴重品をどう管理するか。貴重品入れは?

旅の貴重品をどう管理するか。貴重品入れは?

旅の貴重品管理は悩ましい。気をつけていてもプロには簡単に盗まれます。
盗まれたり、落っことしたりしないためにもなるべく隙を作らずにいたい。
首締め強盗は防ぎようがないので、諦めるしかないけど。


旅先の貴重品管理の方法は行き先によって異なります。

治安の良い日本、台湾、シンガポールなどのアジアの先進国の場合は、
ホテルのセーフティボックスに預けてもいいし、落とす心配がないのなら
持ち歩いても問題は滅多に起こらない。
貴重品袋やトラベルポーチなど、自分で管理しやすい方法をとればよいと思います。

問題が起こりやすいのは日本人とは明らかに顔立ちの違う人が多い国への旅。
見た目で「あいつ外国人だ」とわかるから狙われやすい。
旅行者は居住者と違ってまとまった現金を持ち歩いているからです。

昨今はクレジットカードで必要経費をキャッシングしながら旅することもありますが、
強盗もそれも重々承知で、キャッシングで大金を下ろさせられたりもするそうです。

ホテルのセイフティーボックスに預けていれば安全かどうかは意見が分かれるところ。
ホテルの従業員が盗みを働くこともかなり多いからです。
従業員による盗みは中途半端な中級ホテルに特に多く、気がついたときには後の祭り。
だから貴重品管理対策は必要以上に過剰にやった方が安心です。

まず、必ずやりたいのは分散すること。

治安の悪い国では、腰巻きタイプ、首下げタイプ、サブバッグの中、下着の中など
とにかく現金を小分けにする。
強盗に遭ったとき、盗る物が何もないと腹いせに刺されたりすることもあるので、
強盗に渡す用のダミーの財布を持ち歩くのも手です。

現金を持っていないと「クレジットカードでキャッシングしろ」と言われることもあり、
全く現金を持っていないのはむしろ危険を助長することもあるのです。

ここまで注意を払わないとだめなのは南米とかアフリカなどの一部地域でしょうか。
特に南米の首締め強盗はいまだにいるようです。
人通りの少ない時間帯は歩かない、一人で行動しない、治安の悪い場所には近づかない。
それでも襲われる可能性を想定して、従業員の窃盗は覚悟の上で宿にもお金を残しておきたい。
そうしないと旅行者に無心することになり、お互いに嫌な気分になります。

アジアなどではそこまで気を配る必要はありません。
日本の様にリュックのポケットやズボンの後ろポケットに財布を入れるのは
スリにあっさりやられるのでだめですが、自分の管理しやすい貴重品袋で大丈夫。

私は、インド、ネパール、東南アジアなどでは腰巻きタイプの貴重品袋を使いますが、
腰に巻くのはうっとうしいので台湾、タイ、シンガポールなど治安がよい国では、
そのままサブバッグの中にぽいと入れていることもあります。

ただし、サブバッグはそのまま持って行かれたりしないように斜めがけにし、
さらにバッグの中の奥底のポケットにしっかり収納する。
財布は最低二つ。それも100円ショップなどで買った安っぽいビニールのものです。

一番やらない方がよいと思うのは、パスポート、航空券、お金などを全て一括で収納できる
機能性の高いトラベルポーチにまとめて入れること。
だって、それを落としたり、盗まれたら旅は終わりですよ。

旅行用品を扱うお店でかっちょいいデザインのポーチが売っていて欲しくなるんだけど、
リスクを考えると使えないです。ウエストポーチより怖いと思う。
バッグインバッグ代わりにサブバッグに入れて使うのは有りですが、
町歩き用に使うのはひったくりに狙い澄まされるので止めた方がよいです。
(こういうバッグって紐が細くてちゃちだったりもするので。)

私の知人のおじさんは釣り用のポケットが沢山付いたベストを薦めますが、
これは暑くて脱ぎたくなったらアウトです。

結局、季節、行き先、目的などにより管理方法を変える必要はありますが、
とにかく日本はずば抜けて安全な国であることを認識した上で選びましょう。

一般的な貴重品袋のメリット、デメリット

腰巻きタイプ
メリット:肌身離さず持ち歩けて安心。強盗以外では貴重品は盗られない。
デメリット:蒸れる。パスポートなどの出し入れがしにくい。
首からつり下げるタイプ
メリット:管理しやすい。
デメリット:衣服の中に入れても形がわかってしまい、貴重品がある場所が丸わかり。
        長時間下げていると意外と首が凝る。邪魔くさい。
ベストなどや上着タイプ
メリット:肌身離さず貴重品が持ち歩ける上に、出し入れもしやすい。
デメリット:暑くても脱ぎ着ができない。外側ポケットはスリに狙われやすい。

旅行用に使いたい貴重品入れいろいろ




タグ :

記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m