旅もの -旅の持ち物・土産物

人気記事ランキング

サガラ刺繍のエンブロミニショルダーバッグ(mini labo)
サガラ刺繍で立体的にお花をあしらった着こなしのポイントになる小ぶりバッグ。ショルダーを外してポーチ使いもOKだし、 お財布代わりにサブバッグにinも可。短いストラップに替えてバッグの一部に引っかければスリ対策にもなる。
パリ発のカワイイ雑貨minilabo特集
スマホだけ表示させる広告を入れる
ホーム > 旅の靴 > ビーチサンダルは何かと便利。

ビーチサンダルは何かと便利。


部屋履きやちょっとした買い物の時、シャワーの時などに。
暑い国での突然の雨や海、川でも使えてしかも軽いのが嬉しい。

個人旅行で旅する場合、☆の付かないホテルに泊まることもしばしば。
部屋にはシャワーがないこともあるし(共同シャワー)、
付いている部屋でもコンクリート打ちっ放しで裸足で入るのははばかられます。
そんなときにあると便利なのがビーチサンダル。スリッパ代わりに使うのも重宝します。
携帯用のスリッパはスリッパなので、外履きと兼用できるビーサンはフレキシブル。

また、急に海に入りたくなったり、河原を散歩したり、思いがけず楽しい水場に出会うこともあります。
そんな時にも気楽に使えるのがポイントです。

旅先で買うのもいいのですが、アジアなどはサンダルをメインで履く人が多いので、
靴底がしっかり、デザインが凝ってたりしてサブシューズにしては重すぎることも。
ぺらぺらの軽い安物サンダルは日本の100円ショップの方が簡単に見つかります。
アジアのブランド靴屋でオシャレなサンダルを買ったこともありますが、
デザイン重視で足に負担がかかって大変でした。
彼女らの日常生活用。旅行者みたいに歩き回ることはないのです。

そして、現地のオトコの人たちは履き尽くしたビーサンがぴったり足に吸い付いて素足感覚。
真似してビーサンで観光したらやっぱり疲れました。楽そうに見えるのは見た目だけ。
いぼいぼ付だったりすると足が痛くなって途中で歩けなくなります。
ビーサンはあくまでもサブ!と考えた方が無難です。

川や海があっても絶対に入らない!というあなたは鼻緒がないスリッパタイプもよいかと。
靴下履いたままでも使えるので部屋履きにしやすいです。
水に入る場合はバックストラップがあるタイプを選ぶと脱げにくいですよ。
今流行のギョサンはちょっと重いので、その点だけ気にならなければ丈夫でオススメ。

2013年の夏の売れ残り品のバーゲンがねらい目。2014年モデルもそろそろでます。


記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m