宿の手配したタクシーに乗り、ナナヌイラ島への船が着くエリントン埠頭へ向かった。ここには宿からの迎えのボートが来ているはずだ。船がだぶるなんていうことはもはやあるまい。

ナナヌイラ島にはいくつかの宿泊施設があるが、各施設がボートで客を迎えに行くシステムをとっており、マナ島などのように定期的に船があるわけではない。従って、島に渡る前に必ず電話で予約をしなければならない。
私が選んだのは、ナナヌイラ島の北のはずれにあるコンティキ・アイランド・ロッジ。他の施設とは完全に隔離されていることから「無人島気分」っていううたい文句で紹介されている。
ごーーーーっと言う轟音をたててやってきた迎えのボートに乗り込み、1人「無人島気分の島」に向かったのだった。

エリントン埠頭
【埠頭から島を望む】
迎えのボート
【コンティキのボート】
エリントン埠頭
【ナナヌイラ】
コンティキ・アイランドロッジに着くと、フィジアンではなく白人の女性が迎えに出てきたことに驚いた。
その女性は、私にオーシャンフロントのコテージをあてがうと、「後でフロントに来てね」という言葉を残し、次の客を案内して回る。白人の従業員は、彼女の他に男性が1人おり、この二人は実は夫婦で、オーナーだったりして。でも、当たってる気がするけどね、なんとなく。外国人向けに離島にコテージするという発想が外国人的だし。

私にあてがわれたコテージは、バスルーム、キッチン付きでツインベッドルームが二つ。当然、私専用ではなく、隣の部屋にオーストラリア人姉妹が泊まっていた。
こういうシチュエーションには慣れていないので、初めは相当とまどったのだが、キッチンで鍋の蓋が見つからず、思わず日本語で話しかけてしまったら、日本語で返事が帰ってきたりして、驚きの連続(笑)(だって、鍋の蓋なんて英語しらんがな)

彼女たちはクリスマス休暇を利用してダイビングをするためにフィジーに遊びに来たそうで、島で数日海水浴を楽しんだ後、ダイビングをしに行くと言って去っていった。

さて、この島に着いた翌日、日本人の女の子が1人やってきた。
名前をKさんといい、まだ二十歳前のちょっとぽっちゃり目、タイとシンガポールの食事があまりに美味しくて食べまくった結果、丸くなったといっていた。彼女は、なんにでも物怖じしない開けっぴろげな性格で、しかも島での通称が「クリスティ」。

「今日、向こうのコテージに日本人が来たわよ」
「クリスティは日本人じゃないの?」

会う人会う人、変なことを言う。

「はぁ?クリスティなんていう名前の日本人いるわけないじゃん。中国人じゃないの?」(←中国人にはいるのか?(笑))と思ったら、日本人がクリスティと名乗っていた。

「だって、日本人の名前だと憶えてもらえないんだもん。クリスティは私が好きな名前なの」

考えたねぇとは思ったが、せめて日本名の偽名にしてほしい。クリスティって呼ぶの恥ずかしいんだけど、私。

「ねえ、せっかく島に来てるんだから泳ごうよ。もったいないじゃない」

砂でぬれたり、日焼け対策がめんどくさくて海を敬遠していたのだが、Kさんの誘いを断り切れずに久々に海外で海に入った。びゅーびゅー風が吹き荒れるなか、カヌーをこいだらぐるぐる回転したりして、こういう学生みたいなノリって久しぶり。

ちなみに、無人島みたいな島なので、コテージにあらゆる遊び道具が準備してあり、シュノーケルギアなどの海道具は勿論のこと、ゲーム、バレーコートなど、無料で貸し出ししてくれる。
「1人旅じゃつかわないじゃーん。」なんていうことはなく、簡単に仲間にいれてもらえるので、1人で行って、ドミトリーに泊まって、楽しんで帰る人もいっぱい。落ち着いた雰囲気のリゾートアイランドとの違いはこの辺にあるかも。

ところで、この島に来て一番インパクトが強かったのが、土日の連休を利用して、スバからやってきたフィジアン大家族!

親戚の船乗りが操る二隻の大きなボートにあらゆるキャンプ道具を積み込んでやってきたかと思いきや、客も従業員も全て巻き込んで一晩中歌えや踊れの大宴会をしていた。
無人島で静かに過ごす・・・はずが、えっらい騒がしい晩になってしまったよ。

ビジレブ島からそう離れていないため、海岸はそれほど美しくはないですが(ビジレブ島は火山島なので、砂が白くない)、それでもコーラルコーストよりずっと綺麗。

島の滞在は、宿泊客にもよるので、楽しくなるかは運次第ですが、時間があれば立ち寄るのも有りですよ!

ナナヌイラ島の写真いろいろ

I まずは、コンティキ前のビーチから

ビーチ1
【ビーチwithコンティキボート】
ビーチ2
【ビーチから東を望む】
ビーチ3
【風が強いので、湾は枝だらけ】
ビーチ4
【島の上ははげ山】
コテージ近くには、そこそこ綺麗なビーチはありますが、フィジーのリゾートアイランドは、完全に白砂の小さな島で、その中に椰子と数件のコテージがぽつんと建っていて、おもちゃのようにかわいいので、それを見てから来てしまうとがっくりくるのかも。風が非常に強いので、海岸に椰子の葉や枝が散らばっていることもあります。
でも、水は透き通ってるでしょ?

II 島の裏側はこんな感じ

別にひたってません
【わざわざセルフタイマーで撮るヤツ】
fkuboを探せ
【火山島でしょ?】
裏に回ってみると、この通り、火山岩の海岸になります。 鳥がぴよぴよ飛んできて静かで心地いいです。でも、潮の満ち引きに注意しないとやばい。

III 大宴会で大騒ぎしていったフィジアン

フィジアン1
【子供達と】
ボートで去ります
【自家用ボートです】
むちむちの女の子
【ムチムチのむんむんだった子】
犬まで連れてきました
【犬まで一緒だった気がする】
フィジアンとインド系家族の2家族がボートでやってきて、一晩中大宴会をして帰っていきました。 彼らはスバの職場の仲間関係の2つの家族だそうで、そりゃ、壮絶でした。 右上の写真の真ん中の子はお色気むんむんで、腰振りまくりのくねくねダンスをしていたそうです(私は疲れてねてたし(笑))。 ほんでもって、ドミトリーに泊まっていたのにもかかわらず、あの~、若いっていいですねっていう感じで、Kさんは困ったそう。まあ、個室は個室で家族と一緒だしねぇ・・・。
上半身だけが写ってるかというと、足を入れないようKさんに頼んだからで、腕が悪い訳じゃないです。

IV 展望台から

コンティキを見下ろす
【コンティキを見下ろす】
またやってるし
【手作りの展望台】
島の向こうは禁止
【宿泊施設で陣地が決まってます】
やっぱりね
【やっぱり・・・の風力発電】
コンティキロッジを抜けて、階段を上がると、島を一望できる展望台があります。 あがって発見。やっぱりな~。風力発電施設があった!この強風を利用しない手はないよなぁ。(ほんっとに風がやまないんですよ)
ちなみに、右上に写っている島の南部は、1日かければ歩いて行けないこともないかもですが、行っちゃいけないルールのようです。チェックインの時に言われました(あんな遠くに行く気はさらさらないですけども)

IV 気に入ってる写真。

気に入ってる写真
【南国って感じでしょ?】
ダイビングに行くオージー
【ダイビングボートとオージー】
コンティキのロッジ
【コンティキのロッジ】
最後に一番気に入っていた写真をここで。南国っぽい雰囲気ですが、でも、強風で椰子がしなっているのがナナヌイラ風です。こんな島に二泊滞在しました。それ以上はいたくない感じ(笑)