一見騒々しい町に見えたウブドもほんの少しのジャランジャランで静かで素朴な村に出会う。神々を敬うことを忘れない人々の素朴な生活をいつでもどこでも目にする毎日だった。きっと「日本も昔はこうだった」と、多くの日本人が懐かしさのあまり訪れる。「サラ村」の一コマ。

I 宗教儀式の準備中
宗教儀式の準備
【宗教儀式の準備】

女がここで籠を編む
【供え籠作りは女性の仕事】
お供え物を運ぶ
【お供え物を会場に運ぶ】

終わったから帰るわ~
【終わったから帰るわ~】
バリを歩くと観光客向けのレストランやお土産物やですら、毎日店の前にお供えをしていることに驚く。家の仏壇へも滅多にお参りなどしなかった私からすると、なんだか自分がイケナイ人だった様な気分に駆られる。
男は力仕事、女は籠編み&お供え物作りと、男女分業での作業中をぱちり。邪魔したくなくて何をしているのかは聞かなかった。
II どこの家でも必ず鶏が丸ごと。。。
ひなたぼっこの鶏たち
【ひなたぼっこの鶏たち】
雑貨屋の軒先にいた鶏
【雑貨屋の軒先にいた鶏】
ウブドの町はたいていの家の軒先に鳥籠と籠に収まっている鶏がいる。そういえば雑貨屋のたぐいは見かけるが肉屋はさっぱり見かけません(市場にはあったと思うが見損ねた)。こうやって鶏は自ら飼うことが多いのかも。放し飼いもいれば、籠の中でコケコッコーと悲痛な叫びを上げるヤツもいたりして。こんばんは鶏肉かな~?
III 水と緑があふれる村でした。
静かな村の様子
【静かな村の様子】

農閑期で棚田見れず
【農閑期で棚田は見れず】
家の間も小川が流れる
【家の間も小川が流れる】
美しい棚田の光景が有名なウブドだからやっぱり水は豊富。村中に澄んだ水を蓄えた小川がさらさら流れゆく。
しかし、今回歩いてみたサラ村はちょうど農閑期でたなびく稲穂は見られず。雑草ぼーぼーでした。ちょうど刈り入れから1ヶ月くらい経ったのかな?
IV 駄菓子屋は子供達のたまり場だ!
駄菓子屋の雰囲気!
【駄菓子屋はやっぱり楽しい!】

写真撮って~♪
【写真撮って~♪】
自転車が必需品なのだ
【自転車が必需品なのだ】

雑貨屋の息子君
【雑貨屋の息子君だ】
サラ村はウブドの中心から直線距離で3キロほど東の村。しかし、坂を上って下ってを繰り返すなかなかハード道のりだった(しかも、チャンプアンからジャラン・モンキーフォレストを経由してなので片道5キロ超えてるし)。地元の人は誰も彼もがバイクでぶぶーーんと走り去る。
ちょうど疲れ始めたそのときに現れた雑貨屋。ここでコーラを飲みながら休憩タイムである。
「マヤ・ウブドに泊まってるの?」←近くの高級リゾート
「ううん。チャンプアンから歩いてきたの」
「えええ?すごーい?!」
雑貨屋の女主人も驚愕。だって、遠いんですよ。坂だらけなんですよ~。

帰路ではマンディ中のおじさんに会ったりして、なんだかほのぼのした1日だった。