たびnavi.のTOP > マルク諸島/バンダ島

マルク諸島/バンダ島

バンダ島と日本の意外なつながり。日本人傭兵と日本軍の痕跡。

 江戸時代の武士は傭兵として、戦争時はオランダがいたから日本軍が来た。
バンダ島と日本の意外なつながり。日本人傭兵と日本軍の痕跡。 【オランダ人が日本人傭兵を使って現地のお金持ちを大虐殺させた】 「航空券も無事手に入ったし、このまま観光してくね。」 NBA航空の前でゲストハウスのオーナーウチュと別れ、町をぶらぶらと散歩して帰ることにした。 バンダネイラの中心部は500m四方で充分入るくらいに小さいので、みっちり観光できれば半日…  »続きを読む

インドネシア NBA航空(アンボン-バンダ島)手配の顛末(4)

 NBA航空は電話と手書き帳面で予約管理。どうにかこうにか帰路も搭乗可能に!
インドネシア NBA航空(アンボン-バンダ島)手配の顛末(4) 【バンダ島の眠り猫:犬は食べるマルク諸島だが猫は島中にあふれかえっていた】 NBA航空のバンダネイラ支店はバンダネイラ港の北にある。 ガマラマゲストハウスからは徒歩で10分程度で、ウチュと連れだっててくてく歩いていった。 この前しまっていたオフィスの扉は開いていたが、中にはだーれもいなかった。 く…  »続きを読む

インドネシア NBA航空(アンボン-バンダ島)手配の顛末(3)

 飛行機の運航が再開するも航空券の入手を巡ってすったもんだ。アナログだ。
インドネシア NBA航空(アンボン-バンダ島)手配の顛末(3) 【NBA航空のバンダ島オフィス:閉店時間なので扉が閉まっている】 「飛行機飛ぶことになったよ!これで帰りは船か飛行機か好きな方選べるよ。」 アイ島からバンダ島に帰ると、いの一番に言われたのがこの台詞。 島の人と話すと必ず「どこから来た」の次に必ず出てくる話題が「どうやってここまで来たの?」で、 「…  »続きを読む

バンダ島で会った国際異色カップルの話。

 インドネシアでも女性を連れて田舎を回る外国人旅行者がおられました。
バンダ島で会った国際異色カップルの話。 【バンダネイラの船着き場には各島から着く舟を待つひとで一杯】 アイ島からバンダ島までの帰りの舟は行きと違ってすこぶる快適だった。 舟に弱い私は少しでも外の空気が吸えるように、屋根の上の席を陣取ったのは言うまでもない。 約1時間後、舟はバンダネイラの港に到着。船頭さんに挨拶し、ガマラマゲストハウスに…  »続きを読む

アイ島 島と共生するシンプルライフに癒された滞在。

 自然と共にシンプルで無理のない生活と島の恵みが心にしみいった旅でした。
アイ島 島と共生するシンプルライフに癒された滞在。 【夜明け前アイ島の桟橋からグヌンアピを望む】 アイ島の朝は早い。電気がないこの島では夜明け前後から徐々に人々の活動が始まる。 まず、夜中に漁に出ていたお父さんが帰ってくる。 沖に浮かべた小さな小屋付きの筏に明かりを灯し、その周りで一晩中魚を捕っている男たち。 昨晩は7艘のシーカヤックがランプの小さ…  »続きを読む

アイ島 ビーチエントリーでサンゴ礁シュノーケリング三昧!

 吸い込まれそうな群青色の海に熱帯魚から巨大魚まで!まさに生きた海です。
アイ島 ビーチエントリーでサンゴ礁シュノーケリング三昧! 【アイ島北部海岸(早朝撮影):ここからビーチエントリーでシュノーケリングできる】 アイ島2日目は朝からカラッと晴れた。荒れた昨日のうちにアイ島に移動していたのが功を奏したようだ。 朝食とたっぷりのお茶をいただいた後、当然のようにシュノーケリングに出ることにした。 この島を訪れる観光客の目的は間違い…  »続きを読む

アイ島 じゃらんじゃらん。獣道かき分け美しき西海岸へ到達。

 バンダベサールと共にナツメグの産地として有名なアイ島は人の居住空間が狭い。
アイ島 じゃらんじゃらん。獣道かき分け美しき西海岸へ到達。 【アイ島西部海岸から見たルン島】 アイ島の宿グリーンココナツに落ち着き、シンプルな昼食をいただいた後、アイ島の散歩に出かけた。 アイ島は島の面積こそバンダ島と同じくらいだが、島の中に村は北部にひとつだけしかない。 そして住宅前にのみ、コンクリートで固めた幅1mくらいの道を伸ばしてある。 路側帯を入…  »続きを読む

アイ島 グリーンココナッツゲストハウス貸し切りで快適な滞在!

 バンダ島のバンダネイラの港からアイ島へローカルボートで移動。アイ島いいです!
アイ島 グリーンココナッツゲストハウス貸し切りで快適な滞在! 【生まれて初めて見たバナナの花。茹でこぼしてから炒めて食べるのだそうだ。】 ハッタ島への怒濤の日帰りシュノーケリングツアーをした翌日、今度はアイ島に向かうことにした。 アイ島はグヌンアピのさらに西、ボートで1時間ほどの場所にある離島でやっぱり海は綺麗と評判。 マンディの水は海水とは聞くがゲストハウ…  »続きを読む

ハッタ島でシュノーケリング3:た、竜巻到来?!

 ピンポイントにスコールと竜巻っぽい雲がやってきた。雨期の気象変化にびっくり!
ハッタ島でシュノーケリング3:た、竜巻到来?! 【ハッタ島の表から、裏から雨雲がぐんぐん近づいてくる】 ゆらりと波に揺られるたびに揺り起こされる気持ち悪さと格闘しながら、なんとかランチを終えた30分。 ヨガの呼吸法で船酔いは吹っ飛ぶと教えて貰ったことなど思い出し、記憶をたどって「ふーーーっ」っと深呼吸。 その上これから海で泳ぐなんてあたし大丈夫…  »続きを読む

ハッタ島でシュノーケリング2:群青色の海と巨大魚に魚群

 水族館でしか見たことない2m級の魚がごろごろ泳いでいる群青色の海。ボーゼン。
ハッタ島でシュノーケリング2:群青色の海と巨大魚に魚群 【ハッタ島シュノーケリングツアーイラストマップ】 イルカの群れが見えなくなると、舟は再びくるりと方向転換し、ハッタ島に向かって進み出した。 どうやら今日の海況はまずまずのようで、この小さな木製ボートでも何とか往復できるらしい。 ボートは全長5mくらいの小ぶりな物で、島の人の手作り品だ。 エンジンは…  »続きを読む

このページの上部へ

 旅の準備とテクニック

 旅の土産物

 旅ログ

 旅のイベント

 インド・南アジア旅行記

 東南アジア旅行記

 東アジア旅行記

 中近東旅行記

 中南米旅行記

 リゾート