たびnavi.のTOP > マルク諸島/ケイ島

マルク諸島/ケイ島

インドネシア土産

 定番はバティック!乾燥えびせんは家でインドネシア料理を作るときに使うとよいです。
インドネシア土産 日本で売られているアジア雑貨といえばバリのモノが多い。 旅行者も多く、雑貨を取り扱う業者も多いせいかアジアンなテイストの入った雑貨類が どんどん進化して日本でも使える品質のモノもたくさんそろっているのが魅力。 質も値段もピンキリ。夏に使える服飾雑貨などはそれなりの品質のモノを選びたい。 ばらまき土…  »続きを読む

インドネシア・マルク諸島(バンダ島・ケイ島・アンボン)の宿泊事情

 超高級リゾートはないけど快適に滞在できるゲストハウスが多く滞在に困りません。
インドネシア・マルク諸島(バンダ島・ケイ島・アンボン)の宿泊事情 宿泊事情概要 インドネシアのマルク諸島はジャワ島やバリ島などに比べ旅行者の数がかなり少ないため、 高級なホテルはありません。アンボンにある一番ランクの高い宿で4☆。次に3☆が少々あるくらい。 従って旅行者がagodaなどホテルクーポンサイトを使って予約できる宿は限られていて、 どうしても事前に予約し…  »続きを読む

トランジットでジャカルタ滞在。犠牲祭とさぬきうどん。

 ジャカルタは空港近くのトランジットホテルに滞在。近所で犠牲祭を見学後、町をぶらつきました。
トランジットでジャカルタ滞在。犠牲祭とさぬきうどん。 【犠牲祭の当日、山羊や牛を解体するのは男達の役割。】 ケイ島を発ち、アンボン、マカッサルと経由してジャカルタに降り立ったのは日もとっぷり暮れた頃。 東西に広がるインドネシアでは国内でも時差があり、実質2時間日が延びたような物。 飛行機の到着はジャカルタ時間の19時。ケイ島時間では21時だ。 さすが…  »続きを読む

さらばマルク。さらばケイ島。ライオン航空でジャカルタへの道のり。

 ケイ島ージャカルタ間はLCCのライオン航空利用。LCCに正確な運航は望めないし利用者も望まない。
さらばマルク。さらばケイ島。ライオン航空でジャカルタへの道のり。 【ライオン航空:左アンボン空港、右:マカッサル空港の搭乗風景。】 ケイ島のコースターコテージには5泊滞在し、午後の飛行機でケイ島を立ち去ることになっていた。 コースターコテージは基本的に好き勝手に過ごせる緩い感じの宿で、居心地はよかった。 西洋人に人気なので英語でコミュニケーションを取るのが苦痛で…  »続きを読む

ケイ・クチル島のダウンタウン。ラングールとトゥアル。

 滞在最終日はリゾートからでて、町でお買い物やお散歩。思ってたより規模が大きくて活気がありました。
ケイ・クチル島のダウンタウン。ラングールとトゥアル。 【エンバル:キャッサバ芋の加工品。ケイ島の主食らしいが宿ではでなかった。】 ケイ島滞在4日目は町に出てみることにしました。 お昼ご飯はいらないからとケティさんに伝えに行くと、「町までは何で行くの?」と聞かれました。 「通りまで歩いてベモを拾う。」と答えたら、納得したようでそれ以上突っ込みは入らず。…  »続きを読む

ケイ島アイランドホッピング。盛り沢山の北の島巡り。白い蟹も!

 ボートでゴダン島、ER島、ンガフ島巡り。シュノーケリング、ペリカン、蟹、ラグーン。まばゆい浜と海!
ケイ島アイランドホッピング。盛り沢山の北の島巡り。白い蟹も! 【ゴダン島からみたER島。】 なぞのペリカン島ツアーの翌日、気を取り直してシュノーケリングツアーに行くことにした。 ケイ島周辺でシュノーケリングに最適の北のER島、GODAN島、NGAF島の3島を巡るプラン。 3~4時間程のツアーだと案内に書いてあったので、出発時間を9時で約束したのだが、 ボート…  »続きを読む

真っ白で美しいスネークアイランドにペリカンの群れ。

 干潮時にはケイ・クチル沖に浮かぶワーバル島とワハ島を結ぶように現れる陸地が白蛇のようです。
真っ白で美しいスネークアイランドにペリカンの群れ。 【スネークアイランドを機上から見下ろす。干潮時にワーバル島とワハ島が繋がる?】 150万ルピアもの大金を払い、少し前に通過した美しいビーチにつけた。 そこは引き潮になると現れる砂浜で、数キロにわたって細長くうねった白い砂浜が形成されるため、 インドネシア人の間ではスネークアイランドsnake is…  »続きを読む

ケイ島アイランドホッピング。聞いてないよのワーバル島ツアー。

 ナイ島やホアイ島でシュノーケリングという話が、なぜかワーバル島のペリカンツアーに・・・。
ケイ島アイランドホッピング。聞いてないよのワーバル島ツアー。 【海上に浮かぶボート型の家屋。養殖業者が休憩したり泊まり込みしたりしている】 さて、コースターコテージからの南の島への日帰りボートツアーのお話です。 前日にボブ氏と話した際に言っていたのは、ナイ島、ホアト島など、 宿のあるオホイリリアー村から1時間以内でいける比較的近場の島巡りのプランでした。 こ…  »続きを読む

コースターコテージが提供するボートアクティビティについて。

 ビーチでのんびりもいいけれど、ボートをチャーターすれば遠くの島へも遊びに行けます。
コースターコテージが提供するボートアクティビティについて。 【漁船をチャーターしてボートツアーに向かう。天気が良ければ気持ちがいい。】 ケイクチル島西海岸のコースターコテージは、ムスリムのボブさんとカトリックのケティさんが管理を任されている。 英語が堪能で宿泊予約など、メールの対応をしてくれたのはボブさん。 宿泊を1ヶ月程前に予約したため、日本出発直前に「…  »続きを読む

西洋人に人気のコースターコテージ。どんな旅行者と会うかは運次第。

 西洋人にコスパとロケーションでダントツ人気のビーチフロントの宿。要コミュニケーションです。
西洋人に人気のコースターコテージ。どんな旅行者と会うかは運次第。 【コースターコテージの晩ご飯 イカンバカールとアヤムゴレンは毎日でる。】 さて今回はケイ・クチル島の西海岸にあるコースターコテージについて詳しくレポートしたい。 ケイ島の町の中心地はトゥアル地区。港があるため、客船、貨物船、外国籍の漁船など様々な船が停泊し、 島の中で人や物の出入りがもっとも多いた…  »続きを読む

このページの上部へ

 旅の準備とテクニック

 旅の土産物

 旅ログ

 旅のイベント

 インド・南アジア旅行記

 東南アジア旅行記

 東アジア旅行記

 中近東旅行記

 中南米旅行記

 リゾート