ロンボク島のアンペナン空港内にあったKFCの看板
【ロンボク島アンペナン空港内のKFCの看板。悪い予感がして写真に撮っていた】

ロンボク島のどまんなか、リンジャニ山の麓の山村テテバトゥに2泊しマタラムに戻ってきた。
マタラム周辺はロンボク島内でただ一つ「街」と呼ばれるエリアで、ロンボク巡りの発着地だ。
マタラムの東のはずれにあるバスターミナルで降りると、暇そうに待機していたベモやオジェのドライバーから
「レンバル?!」「スンギギ?!」などと声がかかる。

実はこの日は、午後2時に宿にマタラムでピックアップしてもらうことを頼んであった。
依頼をした時点では、その前の旅程、つまりテテバトゥに行くことも何泊するかも決めておらず。
テテバトゥには一応、行くつもりでいたが、1泊して違う村に移動するかもしれない。
「島への車は頼んだ方が良さそうだけど、かといってぎっちりと旅程の全てを決めたくないし・・・。」
ある程度、旅のなかで自由に予定を変えられるようにしておきたいのだ。

考えあぐねたあげく、とにかくマタラムで待ち合わせ場所を指定することにした。
どこに行くにしても絶対にマタラムには戻るからである。

町中にあるホテルは小さな物ばかりで、宿泊客でもないのにロビーで待つのは憚られる。
「観光地の前は客引きに絡まれる。ショッピングセンターは広すぎ。やっぱカフェかレストランあたり?」

3つのガイドブックの地図をにらめっこし、「あ!」と目に付いたのがケンタッキー。ここならお茶を飲みながら待てる。
念のためKFCインドネシアのホームページを開き、住所を確認するとロンボクのケンタッキーの所在地は
Pejanggik通りとマタラム・モール(大型ショッピングセンター)の2軒になっており、情報も間違ってなさそう。

「午後2時にマタラムのPejanggik通りにあるケンタッキーに向かえに来てください。」
「OK!じゃあ、○日の午後2時にケンタッキーで。ドライバーに伝えます。」

午後2時。マタラムの目抜き通りにあるケンタッキー(KFC)に迎えに来て貰うことで合意した。

空港内にあったKFCの看板:通り名だけアップ
空港内にあったKFCの看板。
「通り名が違う!」と気づいてた。
案の定、移転してました・・・。
ベモやタクシーの客引きの声をスルーし、そのまま街を歩き出した。
約束まで時間はたっぷりあったので、メル寺院など見学する。
そして、寺院見学の後は両替のために銀行へ。
島の宿は現金払い。今日泊まる島の宿は、宿の前がサンゴ礁という売りなので 恐らくシュノーケリング船を頼んだりはしないと思うのだが、 念のため充分なルピアを作っておこうと思った。

銀行はメル寺院と同じくマタラムの目抜き通りPejanggik通り沿いにある。
送迎車との待ち合わせのKFCは寺院と銀行の間にあるので都合も良かった。
Pejanggik通りを西に一直線。200mも歩けば右手(北側)にKFCがあるハズ・・・。あ、あれ?道間違えたかな?

辺りのビルの中には大規模な工事をしているものもあったし、単に気づかなかっただけ?
そもそも歩き方の図示が間違っているかも。もうちょっと歩いたら出てくるのだ。
だって、地元の人に「Pejanggik通りのKFC」とゆったら、OKって返事きたもん。

自分の心に言い聞かせながら、歩き続けるが、まだKFCの看板はない。
そしてそのうちに目的の銀行が現れた。銀行の隣にはメルパチ航空のオフィスが・・・。
KFC以外の施設はバッチリと地図どおりに存在した。

もう心の中は真っ青である。うわーー、どうなってんのこれ?!
とりあえず両替をすませ、元来た道を引き返すも、やっぱりKFCなどどこにもない。

「あの~、この通りにKFCありますよね!?地図だとこの場所なんだけど!」
改装中のビルを指差し、たまたまそこにいた警官を捕まえ、道を尋ねてみた。

「KFCに行きたいの?この先のマタラムモールにあるよ!」

「いや、違うんですよ。Pejanggik通りのKFCで待ち合わせしてるの!ここにないの?KFC?」

ここはインドネシア。大荷物を背負って通りをうろつく東アジア人は目立つ。
先ほどからKFCの看板を探しながらキョロキョロと辺りを見回していたため、バチバチと何度も目が合い、
そのたびににっこりとスマイルをくれる親父がいたのだが、私が警官にすがる姿を見て、すかさず飛んできた。

「一体、どうしたの?」

「あ、あの。ここにKFCはないですか?ドライバーと待ち合わせしてるんだけど。」

「え?ここにあったKFCは2年前になくなったよ。」

に、二年前・・・。ガイドブックの取材が古いのはわかってるけど、旅行者少ないから読者投稿も少ないかもだけど、
でも、だからこそKFCインドネシアのHPで確認したのに・・・。だからこそ、宿にしつこく確認したのに・・・。

待ち合わせ場所、どこかのホテルの前にしときゃよかった。

マタラム観光写真:ロンボクヒンドゥ総本山 メル寺院

メル寺院
マタラムの東のはずれにあるヒンドゥ寺院。水の宮殿の向かいにある。
入口で寺院へのドネーションを渡すと入口の鍵を開けてくれるのだが、 鍵を開けてくれるだけでなく、管理人の男性が案内まで始めてしまった。
案の定、終わったらチップを求められ、しかも少ないからもっとくれと言われ、ちょっとがっかり。 しかもだしたお金以外に細かいお金を持ってなかったので、「両替する」とまで言われるのも困ってしまった。
管理人の男性はすり切れたTシャツを着ていたので気がとがめた。 外国の寺院の参拝は結構こういう葛藤がある。

メル寺院の仏塔 地面に書いて寺院の解説 寺院の入り口から見える仏塔 石組みの上に乗った柱

▼ インドネシア ロンボク島旅行に行きたくなったら・・・物価の目安にどうぞ。

旅行時期:2011年4月~5月
100インドネシアルピア=約1円


■観光:サリ寺院 寄進 5000ルピア/人、チップ 5000ルピア/人

■成田-ジャカルタ航空券 直行便で60,000円前後~。(参考:海外格安航空券の検索・予約 YAZIKITA)
■ジャカルタ-ロンボク 9000円くらい~。
 バリ経由なら便数も多いので、日本-デンパサール-ロンボクの方が便利かも。

私はエイビーロードで金額をざっくり把握、アタリをを付け、個別の代理店に問い合わせます。