スコトン半島からギリ・アサハンへの迎えの船を待っていた海岸。
【島への迎えの船を待っていた海岸。確かに目印が何もなかった。】

「お昼ご飯はもう食べたの?食べてない?俺もなんだよ~!」

男はペラペラと話し続けて止まらない。島へ渡る港まで頼んだ車のドライバーである。

「俺はさ、午後2時に空港に迎えにいけって言われてたんだよ。
 なのに急に君らがホテルの前で待ってるから行け!とか電話で呼び出されて昼を食べそびれた。」


食べ物の恨みは恐ろしい。もしこちらがしっかりとお昼を食べていたらそれこそ恨み辛みが延々と続きそうだ。

これまでつらつらと書いてきたように、ギリ・アサハンのコテージまでマタラムからの送迎をお願いしていた。
その際、マタラムの待ち合わせ場所として、町の目抜き通りにあるケンタッキー(KFC)を指定していたのだが、
なんと、2年も前に店が移転していたらしい。
メールのやりとりをしたコテージのオーナーは恐らくスンギギ(海沿いのリゾート地)に住んでいるので
そもそも普段からマタラムのKFCなんて利用していない。それはよくわかる。

しっかし、「空港に迎えに行って」といったからには空港内にKFCがあったのだろうか?
いや、だからメールでわざわざ「Pejanggik通りのKFC」って指定したんだけどもね。
もしなくなっていたら地元の人だし、「その店はもうないよ」って返事くると思ったんだよね。
まー、今更ゆってもしょうがないけど。

宿からの迎えの車。
宿のトヨタ車。ランクルかな?
「10年前に買ったのによく走る!
 それに引き替えKIAは・・・。」
KIAはこの島でのメンテ体制が
イマイチ行き届いてないらしい。
坂を登らないのも不満だそう。
Pejanggik通りのKFCが見つからず、道を尋ねたのが午後1時頃。
「KFCがない?私、ここのKFCで待ち合わせしてたんですよ!
 この宿なんですけどね~。これ電話番号・・・。」

すかさず家でプリントしてきた予約のやりとりのメールを出した。
これは絶対助けてくれる!と瞬時に感じたのだ。

案の定おじさんはとっても親切で(おじさんといってもたぶん同じ年くらいだが)、
携帯電話を取りだしあっという間に電話をかけてくれた。
「今、おまえんとこの客がロンボク・プラザホテルの前で待ってるぞ!」と。

そう、このおじさんはロンボクプラザホテルのマネージャーなのであった。

ロンボクプラザホテルはPejanggik通りにできた新しい中級ホテルだ。
2011年のGWはプレオープン中で、中国人の旅行関係者向けに宿を公開していた。
つまり、ちょうど大事なゲストがやってくる時間だったため、 フロント従業員総出で待機していたのである。

まさかバックパックを背負った小汚い私を旅行業者と勘違いして声をかけたワケはないだろうが。
地図を広げてキョロキョロと何かを探している姿が妙に目立って気になっていたのだと思う。

ロンボクプラザのマネージャーが島のリゾートに、島のリゾートの従業員がオーナーに、
そしてオーナーが「今すぐ迎えにいけ!」とドライバーに電話してしまったようで、
2時だった約束の時間が、前倒しされてしまったのであった。
すいませんね。お昼食べる時間なくなって・・・。

ちなみにロンボクプラザホテルはすでにオープンしてます。
深夜にロンボクに着いた時や帰国の前日にマタラムの町中に泊まりたいときにオススメです。
値段も手頃だし、なんといっても新しい!マタラムの町中は古いタイプのホテルが多いのです。
ホテルのホームページもありますが未だに料金とかちゃんと載せてないので、 agoda経由でどうぞ。
プロモーション価格で泊まれます。

しかし、どこの国でも中国人観光客獲得に熱心ですね。
出入りしていたゲストを見てる限り、なんとなく在インドネシア華僑かな~とも思いました。

まー、とにかく、次回からはこういう待ち合わせはどこかのホテルを指定します。
まさか世界的チェーンでも2年前の情報を更新してないとは思いもしなかったです。
日本がやっぱ細かいんすかねぇ。やはり日本の常識は世界の非常識ですな。

ちなみに2011年5月現在ではロンボク島は一応ドコモの海外ローミングの対象地域でした。
ドコモの携帯電話と契約している方は、自分で電話して問題解決できるでしょう。
でも辺鄙な島になるとドコモのサービス範囲を超えるので、注意が必要です。

▼ インドネシア ロンボク島旅行に行きたくなったら・・・物価の目安にどうぞ。

旅行時期:2011年4月~5月
100インドネシアルピア=約1円


■観光:サリ寺院 寄進 5000ルピア/人、チップ 5000ルピア/人

■成田-ジャカルタ航空券 直行便で60,000円前後~。(参考:海外格安航空券の検索・予約 YAZIKITA)
■ジャカルタ-ロンボク 9000円くらい~。
 バリ経由なら便数も多いので、日本-デンパサール-ロンボクの方が便利かも。

私はエイビーロードで金額をざっくり把握、アタリをを付け、個別の代理店に問い合わせます。