たびnavi.のTOP > タイ(海と温泉編)

タイ(海と温泉編)

タイ個人旅行(ちょこっとミャンマー) 2003年10月~11月

 ビーチリゾート、ラノーンの温泉、海路からミャンマーへちょこっと入国。
タイ個人旅行(ちょこっとミャンマー) 2003年10月~11月 渡航国:都市 タイ:バンコク、プーケット、ラノーンミャンマー:コートーン 期間2003.10.31-2003.11.04 旅程 旅行形態個人旅行 航空会社タイ航空 宿泊 ノボテル プーケット ビンテージ パーク リゾート ホテル ロケーション: プーケット, タイ満足度 73 %1泊¥ 10,58…  »続きを読む

開けっぴろげにいらっしゃいませ。プーケット:パトンナイト

 ここまでおおっぴらだとちっともエッチじゃない。都会より開放的。
開けっぴろげにいらっしゃいませ。プーケット:パトンナイト プーケットのパトンビーチ。外国人の集まる場所に歓楽街有り。蛍光灯が煌々と照るオープン屋台の目の前にゴーゴーバー(らしき物)があったり、ムエタイショーをやってたり、とにかく開けっぴろげで圧倒される。 普通のバーなので、外国人の女性やカップルも飲みに来ているが、店で待ちかまるタイ人の女性の数がとすごい…  »続きを読む

プーケットからピピ島へ。英語話せなくてごめんなさい号出発!

 アジア人とロシア人とフランス人が詰め込まれた波乱含みのミックスツアー。
プーケットからピピ島へ。英語話せなくてごめんなさい号出発! 朝8時。関空発プーケット経由バンコク行きのTGで来た友人が合流。 「島いきたーーい!」と言う彼の強引な交渉で、ぴーぴー島行きの日帰りツアーを手配。 さすがに、他の1日ツアーは既に出発済み。 「2500?高くない?」「2000?我々3人なんだけど?」 売り急いだ店員はドンドン値をさげ、最終的に1人1…  »続きを読む

タイの無料健康ランド?! ラノーンの温泉Hot Spring Amphoe Muang

 ラノーン温泉体験記。足湯やオンドルが中心。ホテルなら水着で浸かれる。
タイの無料健康ランド?! ラノーンの温泉Hot Spring Amphoe Muang タイのガイドブックでラノーンのページをめくると、大抵「ミャンマー国境を船で越えられる町」とか「町のシンボルは温泉!」とかいう文と共に、↑の温泉井戸というような源泉の写真が掲載されている。 「その辺の屋台で卵分けて貰って、温泉卵でも作ってくんかな~」 その程度の発想で、半ば期待を持たずに出かけてきた…  »続きを読む

タイから 船で日帰り国境越え(ミャンマー、コートーン)

 ラノーンからボートに乗ってミャンマーの町へ日帰りで遊びに行った。
タイから 船で日帰り国境越え(ミャンマー、コートーン) 今回の旅は「ミャンマーでカレーを食うか」っていうのが始まりだった。 タイからミャンマーへ陸路で行ける国境はいくつかあるが、航路で入国できるのは、タイ南部ラノーンから、ミャンマーのタンニタリ地区コートーンに入るルートのみ。しかも、結構マイナーである。 ここからのミャンマー入国は合法で滞在許可は数日貰…  »続きを読む

ラノーン-チュンポン肉まん街道をバスで行く

 のんびりとした雰囲気のバスクルーの行動など観察しながらの12時間のバスの旅。
ラノーン-チュンポン肉まん街道をバスで行く 行きは一気にバンコクから飛行機で下ってきましたが、帰りはバスで帰ります。 ラノーン発のバスでバンコク行きは1時間に1本くらいありますが、ほとんどが単なるエアコンバスでトイレもなければサービスもありません。しかも、野郎ばっか(笑)(いえね、他の会社だと結構美人の女の子が車掌だったりするんです)。 運…  »続きを読む

このページの上部へ

 旅の準備とテクニック

 旅の土産物

 旅ログ

 旅のイベント

 インド・南アジア旅行記

 東南アジア旅行記

 東アジア旅行記

 中近東旅行記

 中南米旅行記

 リゾート