船はリペ島に向かってパークバラーの港を午後2時過ぎに出航した。 この港を出る便は、当時、午前便は、タルタオ島経由でアダン島およびリペ島へ、 午後の便は、パークバラーからブロン島経由でアダン島およびリペ島に向かうことになっていた。

船はフェリーと聞いていたのに見た感じは遊覧船のレベル。アンダマン海を問題なくわたれるのかは大いに不安。
おまけにそのフェリーは壊れているとかで、ローカル漁船っぽいんだけど。
せめて料金割引してくれるとうれしいけど、まあ燃料代はどっちもかかるしね。

ボンっ、ボンッ、ボンっと、鈍いエンジン音を響かせながら、船はアンダマン海をひた走っていったが、 海の向こうに米粒の様に見えた小さなロングテールボートが少しずつ迫ってきて、船を抜いていったのにはショック。
・・・この船、ボートより遅いんですよ。

ロングテールボート
迎えのロングテールボート
出航して1時間弱。船はブロン島(ブロン・レー島)付近にやってきた。

ブロン島は、本土から20キロほどしか離れておらず、且つリペ島の二分の一くらいの面積しかない小さな島。 当時、ロンリープラネットですら掲載していない無名の島だが、パークバラーからの日帰りも可能だ(ツアーもあります)。

「そんなちっこい島にこの船が着く桟橋があるのか?」と思いきや、船は海のど真ん中で停止し、その船めがけてロングテールボートがわらわらと集まってきた。ここで乗客は船を乗り換える。

10分ほどブロン島の前で停泊した後、再び船はアダン、リペ島に向かった。
ブロン島から先はアダン島までの海上に島は全くなく、ただひたすら水平線を見ながらの運行。
だんだんと日の光が弱まり日暮れも間近に迫ってくると、ようやく前方にぼんやりと島が現れ始めた。おお、アダン島だ~。
船はアダン島とリペ島のちょうどど真ん中に停泊。両島からロングテールボートが何艘も現れ、乗客を乗せては去り、また乗せては去りを繰り返す。

私は数隻目のリペ島行きのボートに乗船した。
船から離れたボートはリペ島をぐるっと回って島の南側にあるパタヤビーチにつけた。

ちなみに宿は船に乗る前に電話で宿を予約してもらっていた。
午後の便はリペに着いたら日がとっぷりと暮れてしまうので、事前予約が安心でした。
まあ、タイだから歩いて探せばなんとかなるような気もしますけどね。

乗り込む
ボートに移動~
さて、リペ島はどんな島だったかを紹介しておくと、この島は外周が10キロもないほどの小さな島。
海岸沿いは静かで綺麗な白砂のビーチになっており、アジアの他のリゾート島にありがちな物売りやビーチボーイなどは皆無。
見ず知らずの人から突然声がかかることなどなく、自分のペースで過ごすことができると思う。

特に南のパタヤビーチ側は湾になるので波も穏やか。小さな子供を遊ばせるのに最適で、そのせいか、家族連れの姿が目立った。
島の北側のビーチは目がちかちかするほど美しい白い砂浜が広がっているのだが、風がものすごく強いのがネック。
桟橋を建設した形跡がありましたが、波が高すぎて断念したのでしょう。

アンダマン海周辺の島へは乾期しか船が運航していません。
一年の半分は波が高く、海が荒れるので船が運航できないのです。
年末年始はベストシーズンまっただ中なのですがそれでも結構な荒波だったので、オフシーズンはとんでもないことに なるのかもしれませんね。桟橋が簡単に壊れちゃうのかも。

乾期は海で遊べない程の波ではありませんが、魚もあまりいないし、シュノーケリングもあまり面白くはなさそう。
水深はかなり深いので、子供を遊ばすのは無理ですね。
でもパタヤビーチよりも人が少なくて、静か且つ美しいので、カップルがのんびり過ごすのにはよい。

大サービス
パタヤビーチでくつろぐ人。
アンダマンリゾート
風でしなる椰子
海遊びも、宿を経営するのも南のパタヤビーチ側の方が適している為、自然と宿泊施設、レストラン、バーなどは南側に集中している。

客の大半は西洋人で、しかもクリスマスで、さらに酒が飲める・・・となると、音楽がうるさいのがうんざりするところ。
ビーチの片隅にオープンしているマッサージ屋は大人気で、予約でいっぱいだと嬉しい悲鳴を上げていました。

というわけで、静かに過ごしたい人は北側、食や酒を楽しみたい人は南側の宿がベスト。
更に、「どうせ真っ暗で夜に海は見えないんだし、昼間行ければいいわー。」と言う人は、島のど真ん中にも宿があります。

そして、どれも優雅に楽しみたい人は、パタヤビーチを見下ろす丘の中腹に建つコテージがGOODです。

客層はオーストラリア、ニュージーランド、ドイツ人が多かったですかね。

日本人はあまりおらず、「マレーシア旅行のついでにマイナーな所に来てみたかった」とかいう男子学生くらい。
島の物価は高いので、1人、麺などすすっていたようでしたが、声をかけてくりゃおねーさんがシーフードをおごってあげるのに~。
初めての旅のようで、自分から人に話しかけられないという感じでした。妙にこっちを気にしてたし。

食べ方は刺身じゃなくて勿論グリルだけど、取れたてシーフードはやっぱりうまい。
陸地よりもバカ高いパッタイ食ってる場合じゃないのだ!

リペ島の写真いろいろ

リペ島で食べたごはんいろいろ。

ヤムマムワン青マンゴーのサラダ
今日の釣果:シーフードがいっぱい
島のご飯は毎日こんな感じ。さすがにタイなので、食材は本土から持ち込んでますので、シーフード以外も食べれますが、本土から運ばねばならないもの(野菜や肉類)で作ったメニューは高いです。
シーフードはうまいけども、火を通してから食べるべし。 日本人は新鮮な魚介類を見ると刺身を要求するそうですが、捕った後鮮度を落とさず運ぶ技術などないと思った方がよい。 生魚で食中毒になるパターン、多いらしいですよ。

レストランの前に、その日に食べられるお魚などを披露しているので、食べたいものと調理法を指定する。
素材は全て量り売りなので、欲張りすぎるとお値段が張ります。
イカは、ワタを抜いて細切れにしてからグリルしてくれました。タイではこうするのが普通なのかな?
後はビールをのみながら他のつまみをつついているうちにシーフードがでてきます。

鶏のスープ オイスターのグリル 魚のグリル グリルグリル
重さ売りです。 焼き海老 テンプラ=揚げ海老

宿泊したリペリゾートの各施設

リペリゾート宿泊棟
リペ・リゾートはたくさんのコテージを持っているため、予約なしでも泊まれる気はしますが、ビーチ沿いには泊まれないと思われます。更に、運悪く沼の上のコテージになると、虫が入ってきそうで・・・。
宿を探して歩き回ってるうちにいい部屋は埋まると思うので、船に乗る前に予約が無難。
いろいろな宿でコンクリート製のエアコン付きのコテージを増設してました。
現在は、agodaなどのホテルクーポンサイトで予約できる豪華コテージも増えているので、 事前にそのような宿を予約してから来るのも手です。

レストラン棟 リペリゾート宿泊棟2 レストラン棟ビーチを入れた

IV パタヤビーチの1日

パタヤビーチ
昼間でもこのくらいしか人がおらず、静かな休暇を過ごせます。
雨期には来れない島ですし、空港が近くにあるわけでもなし、派手にはなりづらいですよね。
夕方はかなり引き潮なので、海岸がもっと広くなります。

隅に追いやられたボート パタヤビーチ2 サンセット