旅ナビ-東南アジア
ホーム > ベトナム  »  メコンデルタ > クメール文化が色濃いメコンデルタの町。ソクチャンにて。

クメール文化が色濃いメコンデルタの町。ソクチャンにて。

ヨイ寺のラッキー豚
【ヨイ寺の足の指が5本有ると言われる豚ちゃん。こっちむいてくんない】
さて、サイゴンからソクチャンへの長距離バス(寝台仕様)でやってきたのはソクチャンです。
9世紀から15世紀に現在のカンボジアを中心に栄えたクメール王朝は、ベトナム南部にも広がっており、
メコンデルタ周辺地域には今も500カ所を越えるクメール寺院があると言われています。

その中でもソクチャンは住民の1/3がクメール族。クメール寺院の数も99カ所もあります。
カントーやミトー観光の後、足を伸ばしてみるのも面白いかも。

ちなみに私がソクチャンを訪れた理由はクメール寺院を見に行くという目的ではありません。
ベトナムの南東部に浮かぶ離島「コンダオ島」に行くための拠点として向かいました。

ベトナム最後のリゾートとも言われるコンダオ島ですが、たまたま行こうとした時期がベトナム人の休暇とかぶり、
飛行機が全て満席で全く座席がとれなかったのです。
ブンタオからの旅客船も古そうだし、そもそも距離が遠すぎる。
船が苦手な私には苦痛だなぁと、他の手段を探していたら、あったんですね。ソクチャンからの船が。

チケット確保の顛末は別ページに譲るとして、このページではソクチャンの様子を紹介します。


ソクチャンを流れる川 乾期は水が少ない
町を流れる川。よく見る光景。
ソクチャンはホーチミンから150kmほど南にあります。
観光客が訪れるメコンデルタの町といえばカントーとかミトーで、ソクチャンという町の名は聞いたこともありませんでした。
だから静かな田舎町を想像してましたが、バイクがぶわーっと行き交うそれなりの人口の多そうな町で、 平地の上、川の恵みもあり、人が住みやすいから人が多いのかも。
(ベトナムってこれまでに行ったどこの町も雰囲気が似た感じがします。)

地図を見ると町中にそれなりに大きな川が流れているので、川から島への船が出るのかと思ったら、 乾期は割と水深が浅く、ちょっとした小型船でないと運行が難しそうです。
(実際、島行きのスピードボートは河口付近から出発で、バスで移動しました。)

ヨイ寺近くで飼われていた変わった鳩
尻尾が変わった鳩。品種改良?
ダットセット寺には巨大な魚(ピラルクらしい)が飼われていましたが、
町を東西に二分して海までつながる川があるので、そこで捕獲されたのかも。
お寺の近くのお店にはこの魚の形をしたパンを売っていました。
なんだかうろこがかくかくしてワニみたいで、かわいくないのなんのって(笑)

コウモリ寺とか指が5本あるとかいう豚とか、変な尻尾の鳩とか、思えば寺より出会った生物たちの印象が強かった。
とりあえず、写真をちょこっとだけ撮ったので簡単に報告します。

ソクチャンの様子を写真で紹介します。

カレン寺

後光が演出された仏様 クメール寺院の外観 薄識で申し訳ないが、外観はタイで見るのと似たような雰囲気のお寺。 信仰が厚くてお布施が集まるのか、敷地面積も広く静かな雰囲気でしたが、行ったときはお参りしている人はほとんどいなかった。
(対するダットセット寺やヨイ寺は観光客がバスで押し寄せていて、賑やかでした。たぶんベトナム人観光客です。)

カレン寺のベンチ 敷地内にはカフェがあり、そこでくつろいでいる人がいたくらい。たぶん従業員だと思われます。
カフェの周辺や木陰に置かれたコンクリート製のベンチには企業名が印刷されていて、 広告とお布施をかねてやっているのかなと推測しました。

宝山寺:ダットセット寺

ワットダットセットの入口 ソクチャンの外れにある小さな寺院ですが、カラフルでユニークな仏像がぎっしりと詰まっていて、 なんだかミャンマーを思い出します。
寺院の入口には天然石で作った数珠を売るお店がいくつかあり、お参りに来た人たちが群がっていました。 例によって私も、綺麗な緑色の数珠を購入。 深い緑色の石はいろいろあるみたいなので、どれかはわかりませんが、時々日本で身につけてます。
奥では巨大な魚が大きな水槽に2匹飼われていて、川で捕獲されたと見られる。
看板を見ると「CÁ HẢI TƯỢNG」。google様に翻訳してもらうとピラルクです。アフリカにいるはずのピラルク。 メコンで捕獲されたのか、展示されてるだけなのかは謎です。
ダットセット寺の仏様 ダットセット寺で買った天然石の数珠 ダットセット寺のおおなまず? P1050370_1.jpg

ヨイ寺(コウモリ寺)はカメラ構えた人でいっぱい。

ヨイ寺(コウモリ寺)への目印の通り ソクチャンの南の外れにあり、地図を見てもたどり着けるかどうか心配をしていましたが、 超有名なお寺らしく、メイン通りの側道に派手な門がかけられていました。 お寺ではお参りしている人もいましたが、動物にカメラを向ける若者多数。 なんでも指が5本ある豚が飼われているとか。(でも足まで確認できず。)
また高い木の上にはでっかいコウモリがわんさといて、これが別名でコウモリ寺とも呼ばれる所以です。
どちらも写真に収めるには難儀でした。
ヨイ寺のラッキー豚 ヨイ寺のフルーツコウモリ

ソクチャンの食べ物は当たり!名物のブンヌックレオと焼き肉。

ブン・ヌック・レオ bún nước lèo [クメール風汁麺] クメール文化が残るソクチャンでは、食べ物もクメール人の食文化の影響を受けています。 町の名物はブン・ヌック・レオという麺。
そのクメール人の食べていたものがベトナム風にアレンジされた物で、米麺のブンをカーロック(雷魚)でとったスープで食べるものです。 クメール風のものとベトナム風とありますが、私が食べたのはベトナム風でした。
また、晩ご飯は通りすがりに見つけた焼き肉!!
こちらはベトナム中部の高原にある町ダラットの名物の瓦焼肉をアレンジしたもの。 瓦の代わりにステンレスの板を使っていますけど、取扱を考えたら合理的ですもんね。
ともかく、ベトナムにもまだまだいろんな食べ物があるなぁとしみじみ致しましたよ。
瓦焼き肉の瓦アップ ステンレス製 ボー・ヌオン・ンゴイ 焼き肉を焼いているところ 焼き肉用のライスペーパー

ベトナム旅行に行きたくなったら・・・物価の目安にどうぞ。

旅行時期:2018年4~5月
100ベトナムドン=約0.5円
■宿泊:Tin Hoa Hotel1 2,000円弱
■食事:ブン・ヌック・レオ 35,000ドン/杯、瓦焼肉80,000ドン/式
■買い物:水 9,000ドン、ビール 11,000ドン、アイスコーヒー6,000ドン、数珠80,000、日焼け止め62,000ドン

■成田-ホーチミンシティ航空券 直行便で燃油サーチャージ込み60,000円前後~。
 (参考:海外格安航空券の検索・予約 YAZIKITA)
 ホーチミンシティ-コンダオ航空券 片道8,000円くらい
旅程を立てるために参考にした本やウェブサイト

地球の歩き方ベトナムもソクチャン、コンダオ島の情報がともにうっすら載っていますが、少なすぎるのでロンプラを買いました。 ロンプラは分厚すぎるので、必要な章だけをPDFで購入したり、行き先によって使い分ける。
ロンプラの欠点は毎年改訂しないことですかね。 今の時代は最新の情報はネットで調べて、整合性を取るのがベターです。
あと旅の指さし会話帳 は今回も役立ちました。

使ったwebサイト|Super Dongベトナム航空Booking.com agodaスケッチトラベル

記事はお役にたてましたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加