たびnavi.のTOP > 各地の土産物

各地の土産物

インドネシア土産

 定番はバティック!乾燥えびせんは家でインドネシア料理を作るときに使うとよいです。
インドネシア土産 日本で売られているアジア雑貨といえばバリのモノが多い。 旅行者も多く、雑貨を取り扱う業者も多いせいかアジアンなテイストの入った雑貨類が どんどん進化して日本でも使える品質のモノもたくさんそろっているのが魅力。 質も値段もピンキリ。夏に使える服飾雑貨などはそれなりの品質のモノを選びたい。 ばらまき土…  »続きを読む

台湾土産

 台湾製品は日本でも普通に手にはいるので土産探しより旅を楽しむのに集中したい。
台湾土産 10年ぶりに台湾に行ってみて驚いたのは、「あれ?10年前と余り変わってない?」ってこと。 日本ではあの手この手でいろんなメーカーがお菓子や食べ物系土産の開発競争が激しく、 特にここ数年は空港などの土産物屋に置かれる土産も激変しているからです。 台湾は「パイナップルケーキ」「太陽餅」「からすみ」「蓮…  »続きを読む

ラオス土産

 工業製品が少ないお国柄、お気に入りの雑貨が手に入る楽しみもある。
ラオス土産 ラオスはベトナム、タイ、中国などの周りを取り囲んでいる国に比べて工業化があまり進んでいません。 工芸品は人の手で手作りされる物がほとんどなので品質は善し悪しなところがありますが、 均質な工業製品にはないハンドメイドならではの味わいや温かさがあり、自然素材が好きな人にはたまらない。 シルクやコットン…  »続きを読む

インド土産

 定番は、スパイス、紅茶。水晶、宝石類は目利き以外は高い物は手を出さない方が無難。
インド土産 インドは大変広く、生活習慣も宗教も多岐にわたるため、一概に土産はこれ!と言い切れません。 女性が初めてインドに行くとやってしまいがちなのが民族衣装のオーダーで、 縫製も甘く、生地もぺらぺらで明らかに品質は良くない物に大金を簡単に払ってしまう。 実際、私もサリーとかパンジャビとか持っていますけど、日…  »続きを読む

ネパール土産

 ネパールの土産は宗教関係の雑貨や手作り小物。料理好きならスパイスもよいです。
ネパール土産 ネパールで売られている工業製品の殆どは中国製とインド製。 服飾雑貨は中国、加工食品はインドに中国。日本や韓国、欧米企業のラーメンやお菓子などは 中国で生産された物が陸路で運ばれてきた物が殆どです。 だから職場へのばらまき菓子などを探すのは結構苦労すると思います。 民芸品は手作りの品物が多いので品質…  »続きを読む

タイ土産

 タイは笑えてかわいい偽雑貨の宝庫!手軽で安いばらまき菓子も有。
タイ土産 タイはチープでアジアチックな柄のシルク小物や象の皮の財布など、様々な雑貨があります。 またアニメキャラやお菓子のバッタ物のわらえる雑貨の宝庫!すぐに流行変わりますけども。 雑貨類は人の好みが分かれるので相手の好みを熟知しているか、もらい手がいなくても、 自分で使おうかなぁと思える物を買うのをオスス…  »続きを読む

中国土産

 日本では手に入らないおもしろ雑貨は市場で。食べ物購入はスーパーがオススメです。
中国土産 日本国中にメイドインチャイナがあふれる昨今、中国旅行の土産は品質が良いかと思えばそうでもない。 あくまでも日本で売られているメイドインチャイナが良いのであって中国国内の商品はそれなりです。 また中国ブランドの洋服類は日本とは流行が違うし値段も結構高いので、買うならノンブランドがオススメ。 安くてカ…  »続きを読む

フィジー土産

 フィジー産のばらまき土産がとても少ない。アクセサリーなどの自分買いはオススメ。
フィジー土産 フィジーは人口のそれほど多くない小さな島国なので自国生産品があまりありません。 フィジーに限らず多くの国でそうですが、土産物屋に並んでいる安い雑貨は大抵中国産です。 スーパーの食料品もほとんどが輸入品で面白いお菓子や調味料なども大変少ない。 だけどもよーく探してみると、もはやフィジーの大衆料理とし…  »続きを読む

ペルー土産

 定番はアルパカ製品ですが当然高い。安価な雑貨はインディオの手作り品。
ペルー土産 ペルー土産の代表格と言えばやっぱりアルパカ。 昔からアンデスで活躍してきたラクダ科の動物でビクーニャの派生したモノ。 同じくペルー各地でよく見かけるリャマもラクダ科の動物だが毛はごわごわしている。 おばちゃんが道ばたで店を出している路面の土産物店では、 アルパカと言いながらリャマや羊の毛糸が混ざっ…  »続きを読む

ベトナム土産

 定番はコーヒーや蓮茶などの食料品や陶器。雑貨は好みが分かれるかも。
ベトナム土産 7年ぶりのベトナム。かつて女性誌で「キッチュ」ともてはやされた安作りな割には「この値段?」っていう 雑貨類は陰も形も無くなり、センスもアップした感じ。日本で使える洋服や雑貨が増えていました。 質のアップは物価の高くなった中国からベトナムへ生産拠点を移した日本や欧米の企業のたまもの。 センスのいい雑…  »続きを読む

このページの上部へ

 旅の準備とテクニック

 旅の土産物

 旅ログ

 旅のイベント

 インド・南アジア旅行記

 東南アジア旅行記

 東アジア旅行記

 中近東旅行記

 中南米旅行記

 リゾート