エジプトの土産の代表格はパピルスでしょうか。私は飾るところがないので購入しませんでしたが、
客引きも多く、買っている観光客もたくさんしました。ピラミッド型の小物類も種類が豊富。
その他、私が購入したモノと手に入れた場所などを記載します。[価格は2007年1月現在]
※写真はクリックするとポップアップが立ち上がり拡大します。

種類

品名:購入価格(購入場所)

お酒

ジョン・ウォーカー
ウィスキー ジョンウォーカー:9ポンド(カイロの酒屋)
有名ウィスキージョニーウォーカーをもじったウィスキー。1940年創業らしい。ジョニクロならぬジョンクロ。赤もあり。 味は「普通のウィスキーだな」だそうです。
少し緑がかった色が付いたでこぼこしている瓶でラベルを剥がすと趣がある。メッセージを入れて海に流す・・・なんてやりたくなっちゃう大きさ。
飲み終わった瓶は沖縄土産の星の砂を入れて家の玄関に飾ってます。
エジプトのワイン
ワイン:28ポンド(カイロの酒屋他)
冬のエジプトは朝晩凍えるように冷えるのでビールよりももっぱらワインを飲んでいた。食事時にではなくて、酒屋で購入して部屋に持ち帰ってました。
1:甘くて若くブドウジュースっぽくて飲みやすい。2:とにかく軽くてコクがないし甘くもない。3:砂糖をたっぷり入れたかのようにめちゃくちゃ甘くふきそうになった。というのが当時の感想です。(写真は3本目のワイン)

お茶

お茶各種
ハーブティー各種:27ポンド(カイロの雑貨屋)
ハイビスカスやペパーミント、カモミールティーなどのハーブティーが豊富。軽くて安いのでお土産にオススメ。ハイビスカスティーは真っ赤な色でレモンの様な酸味があってビタミンCをたくさんとっている気がして嬉しくなる味。
普通の雑貨屋でばらまきように大量に買ったのですが、何個だったか憶えてません。ごめんなさい。

お菓子・食料品

アブドのチョコレート
チョコレート:50ポンド(カイロのケーキ屋el abd)
カイロのタラアド・ハルブ通りにある人気菓子店アブドのチョコレート。町歩きで支店も見かけたがどちらもいつも人でごった返している。量り売りのお菓子が基本なので店員さんを捕まえてはかってもらう。 ヨーロッパの高級チョコレートみたいに洗練されてはいませんが、手作り感が一杯で私は好き。 こちららしいピスタチオ入りなどを選んで会社のお土産にするのにベスト。
ピスタチオ
ピスタチオ:58ポンド(カイロのケーキ屋el abd)
カイロのタラアド・ハルブ通りにある人気菓子店アブドで買ったナッツ。アブドはスイーツの他にナッツ類やあられも量り売りで売っています。あられは中国製で一番値段が安かった。 値段はたぶん1キロだったと思います。 地中海沿岸はピスタチオの生育に適した環境だそうで、トルコもエジプトもピスタチオの値段が日本に比べて格段に安い。家族に一番喜ばれるお土産。

雑貨

ピラミッド
クリスタルガラスのピラミッドの置物:17ポンド(カイロ ハーンハリーリ)
クリスタルガラス製のピラミッドの置物。どこでも売っているが値段はピンキリでホテルの土産物屋などでは3倍くらいの値段だった。ハーンハリーリで値切り倒してようやくこの値段。ピラミッドの置物は買ってくるように頼まれていたので・・・。他に石をピラミッド型に彫ったモノやスカラベなど様々な置物が売られていますが、重すぎて持ち帰る気にもなれないっす。