宿泊事情概要

インドネシアのバリ島は、バックパッカー向けの安宿(ロスメン)から高級リゾートホテルまで、
どんなスタイルの旅行者でも満足する宿泊施設が整っています。
他国では宿泊費を安くあげようと思ったら、ドミドリー(相部屋)だったりしますが、
バリではドミトリーのある宿は非常に少ない。
その代わり、ロスメンでもシャワー(ただし水)に簡単な朝食付き。値段は町によりますが1000円以下で泊まれるところがほとんど。

また、複数人数で旅行する場合は、一人あたり1000円~1500円も出せばエアコン付のかなり快適なプチホテルに宿泊することができます。

高級ホテルの場合は、物価の安いインドネシアでも割安感は全くありませんが、バリでは基本的にリゾートホテルの作りなので、部屋もゆったり。設備も充実。スパやプールでのんびり出来て快適に過ごせます。
ひたすらのんびりとした休日を過ごしたい貴方は、ホテルにお金をかけると満足感が違います
リゾートにのんびり滞在派でしたら、パッケージツアーにして自分の好きなホテルを選ぶ方がさらにお得。

プチホテル、中級クラスホテルは、設備が簡素でも日本に比べるとぐっと割安感があります。
日中は、海に、ショッピングに、観光に歩き回り、ホテルは寝に帰るだけ・・・っていう貴方はこちらで充分です。
立地がよくて快適なホテルは埋まるのが早いので事前予約していると便利。

ロスメンは予約する必要は全くありませんが、旅行時期がインドネシア人の休日(土日)や年末年始に当たる場合は要注意です。バリ島は、ジャワ島などの都会から遊びに来るインドネシア人家族が結構いるので、予約してないと泊まれないことがあります。
クタ、レギャン、ロビナなど、ビーチリゾートは供給過剰なので問題ありませんが、 キンタマーニなどは宿泊施設が少ない割にインドネシア人観光客が多いので要注意です。

どこでホテルを予約するか?

バリ島はとにかく観光で保っている島なので、旅行代理店がいーーっぱいあります。
とりあえず現地入りしてから空港で情報を集めてもいいのですが、
空港から町までの移動はタクシーしかないので、最初の目的地は決まっていたほうがいいです。
また、現地の代理店は基本的にオンラインで即日予約は出来ないので、
繁忙期は空室状況を聞いて「駄目でした」となることもあります。

agodaエクスペディアホテルクラブなど。ホテルクーポンサイトで事前予約する。
中級規模から高級ホテルの宿泊ならクーポンサイトがオススメ。
宿泊ポイントが貯まるクーポンサイトも多いので、しょっちゅう旅行する人は特にオススメ。
ただし、高級ホテルは宣伝程度しか部屋を出していないので、すぐなくなります。
目的のホテルがある場合は早めに予約を。

■現地の旅行代理店で予約。
日本人観光客の多いバリ島では、日本人スタッフ常駐で日本語で予約可能なところが多く安心して使える。
僻地のロスメンの予約を扱っているところは、繁忙期の予約に利用価値有り

■宿に直接メールで連絡する。
客室数の多い高級ホテルはホテル独自の宿泊プランを持っていることもある。
クーポンサイトは割引価格なので、オーシャンビューなどのリクエストが効かない場合もあるので、
細かいリクエストがある人は直接予約する方が扱いが良いことも。
ロスメンでどうしても泊まりたいところがある場合、直接メールやFAXで予約が無難。
特にウブドの田圃ビューなどのロスメンに泊まりたい場合は、早めに予約した方がいいです。

■日本の旅行代理店で予約する。
航空券を買った代理店に頼んでしまうという手もある。
ただし、アップルワールドなどの提携クーポンサイトから選ぶように言う代理店もあるので、
だったら最初から自分でネット会員になってオンライン予約した方が得です。
ウブド チャンプアンリゾート&スパ ロビナのホテルのプール
【左:ウブド チャンプアンホテル&スパの天然泉、右:ロビナのホテルのプール】

参考までバリ島で泊まった宿のコメント

ジンバランの宿

サリ セガラ リゾート, バリ島 (Sari Segara Resort)

サリセガラの部屋
JI. Pantai Kedonganan (Jimbaran Bay), バリ島, インドネシア
クタ・レギャンはゴミゴミしてるし、レストランも高いので、ジンバランにしてみた。
部屋の稼働率が低く、節電なのか通路の電気が消えていてちょっと暗い雰囲気。
ただし、部屋はやたらめったら広かったです。
ジンバランの屋台街までは徒歩で15分くらい歩きます。

レギャンの宿

バリサニ パドマ ホテル, バリ島 (Balisani Padma Hotel)

ホテルのプール
Jl. Padma Utara, Legian - Kuta Po Box 2011 Denpasar, バリ島, インドネシア
レギャンのはずれにある格安ホテル。バリ風の調度品をそろえてあって雰囲気がエスニックですが、 トイレとお風呂の囲いがちゃんとしてないので友達同士だとちょっと抵抗あるかも。 (音とか湿気とかが部屋に流れる)
部屋の値段の割には頑張っている感じです。

ウブドの宿

チャンプアン ホテル, バリ島 (Tjampuhan Hotel): 

チャンプアンホテルの客室
Jalan Raya Campuhan PO Box 198 , バリ島, インドネシア
次にウブドに滞在するときも間違いなく行きたいと思う宿。
オランダ人画家のウォルタースピースが住んでいた宿。
ウブド中心部から1キロくらい離れたチャンプアン地区の渓谷沿いにあり、
すごく静かな滞在が可能。
宿には2種類のプールがありますが、敷地の一番奥にある天然わき水のプールは
入ると頭がすーーーっと覚醒する感覚になり、「神々の島バリってこんなん?」って
ビックリした。温度が低めでさわやかになるんですかね~。
レストランもガムラン演奏など滞在客を飽きさせない演出もあり、言うことないです。

ホワイトハウス (White House) : 230000ルピア

ホワイトハウス
Monkey Forest Rd., Ubud, bali tel 974855
ウブドの中心部から南下するジャランモンキーフォレストにある宿。
バスルームがシャワーだけの割にはものすごく広いのにはビックリしました。
エアコン付で20ドルくらい。庭にはプール付。
田圃ビューがいい人は事前に予約しておくといいかも。
ウブドの中心街なので田圃ビューっていっても棚田ではないのであしからず。

イセの宿

パタル・キキアン (patal kikian)

シメデン道路沿いにある絶景で有名なロスメン。
丘の上に建つ全てのコテージからアグン山とその前に広がるライステラスが見渡せる絶景にただただ圧倒される。
マンディに行く地元住民と挨拶を交わしたり、コッコッコッと自由に歩き回る鶏の声を聞きながらテラスでだらーんと
本を読んだり、とにかく何もせずにただのんびりすることに至福を感じる。
日本の喧噪を忘れ山の上の避暑地でのーんびり過ごしたい人にはお勧めの宿です。
パタルキキアン アグンルーム パタルキキアン アグンルーム パタルキキアン アグンルーム

ヌサプニダ(プニダ島)の宿

RAY:75000ルピア 

プニダ島のロスメン RAY
プニダ島のサンパランの市場の南にあるロスメン。
路地にでていた看板を頼りに行ったのですが、入り口がお寺みたいに重厚で
入っていい物かうろうろ迷ってしまいました。お茶とビスケットの朝食つき。
オーナーが小鳥好きで、広い庭に沢山の小鳥籠が下がっています。
プニダ島は食事どころが少ないので屋台でおかずを買ってきて、庭を眺めながら夕食です。

キンタマーニの宿

レイクサイドコテージ (Lakeside Cottage):300,000ルピアくらい 

キンタマーニの宿
Toya Bungkah, Kintamani, Bali
キンタマーニのトヤブンカにある日本人女性がオーナーの宿。湖の畔にある。
キンタマーニ周辺は溶岩が流れ出て真っ黒な岩がうねうねとしていて、 その景観を見るだけでも圧巻。
季節的なこともあったのでしょうが、テラスでのんびりしたくてもハエが多くて うざったかった。湖は結構汚いし、近くの温泉は値段が上がっていて行かなかった。

プムトゥランの宿

ジュバワ・ホーム・ステイ (Jubawa Home Stay):200.000ルピア + 10 % tax  

プムトゥランの宿
プムトゥランの道路沿いにあるリーズナブルな宿。海までは歩いて5分ほど。
プムトゥランは海の中に電流を流し、珊瑚を育成するプロジェクトに参加していて、
泳いでいると鉄のジャングルジムに珊瑚がくっついているのが見れて面白い。
海沿いに新しいホテルを次々に建設しているので、そのうちHotel Clubなどの
クーポンサイトで予約可能になるかも。同じ北部でもロビナよりもずっと海がキレイです。

バンジャール温泉の宿

ポンドック・ウィサタ・グルヤ・サリ (Pondok Wisata grya sari): 

バンジャール温泉近くのロスメン
Jalan Raya Campuhan PO Box 198 , バリ島, インドネシア
バリ島北部ロビナとSeriritの間、Dencarikから15分ほどのところにある温泉。
その温泉の入り口手前にあるシンプルなロスメン。レストランも併設。
温泉は日本人にしてみるとお湯の色が緑色だしぬるいしいまいちですが、
この宿に長逗留し湯治している欧米人の老人が2人ほどいました。
バスを降りるとバイクタクシーが待機してますが、歩いて行こうと思えば行ける距離。

ロビナの宿

プリ バグース ロヴィナ リゾート, バリ島 (Puri Bagus Lovina Resort)

ロビナの宿 プリバグースのコテージ
P.o. Box 225 Lovina - Singaraja , バリ島, インドネシア
ロビナの東の離れにある中級ホテル。全ての客室が広いコテージになっている。
一つ一つのコテージがすごく広い。シャワーも室内と屋外の2つついている。
ロビナは、正直、ビニールなどの生活ゴミがとても多く、黒い砂浜の遠浅の海。
宿は供給過剰でネットで予約できるこのホテルだけが客がいて異様だった。
不景気の影響もあったんだと思いますけどね。

ホテル口コミ