宿泊事情概要

タイのバンコクはシンガポールと同じく、東南アジアのハブという性質を持った街です。
ビジネスマンから観光客まで、あらゆるタイプの旅人が集まります。
比較的治安が良く、温暖で、物価が高くないことから世界のバックパッカーが沈没している地でもあり、
長期滞在者向けの安宿から高級ホテルまであらゆるタイプの宿泊施設が揃っています

最も安いのはベッド1つだけを借りて滞在するいわゆるドミトリー(共同部屋)。
他人と同じ部屋で寝泊まりするのが嫌ならば、シャワーやトイレが他の宿泊客とは共同タイプの個室。
さらにバス、トイレが備え付けられた個室と、快適度が増すごとに料金が上がっていくのが一般的ですが、
最近は個人経営の洒落たゲストハウスが増えており、一概に部屋のタイプだけでは値段は判断できません。

またバンコクなどの大都市ではホテルの数が供給過剰なので、築年数の古い中級クラスホテルが
設備の整った個人経営の安宿よりも安い
料金設定のこともあります。

私がよく使うホテルクーポンサイトのAgoda.jp(アゴダ)ホテルトラベルドットコムはタイが発祥です。
そのためタイの宿泊施設の登録数は非常に充実しており、高級ホテルから安宿まで幅広く扱っています。

安宿を事前に予約する場合、英語でのやりとりやデポジットの支払いが面倒なのですが、
クーポンサイトを利用すれば日本語で予約できますし支払いも安心です。(現地払いの場合もある。)
クーポンサイト経由の方がサービスチャージとVAT(付加価値税)込みでも安い場合もあります。

ただし、小さな宿は部屋数が限られているので、サイト経由で予約できる部屋数に限りがあります。
どうしても泊まりたい宿があり、クーポンサイトでは部屋が空いてなければ直接連絡するとよいですよ。

また日本人の場合、友人同士で部屋をシェアする場合、ツインルームを希望しますけど、
クーポンサイトではツイン、ダブルの区別がない場合もあります。
いちおうリクエストはできますけど、確約はされないのでご留意されたし。

クーポンサイト経由の予約のメリットは他にもあります。
タイは命を取られるような犯罪は滅多にありませんが、軽犯罪は日本に比べれば頻発するといえます。
特にクレジットカードのスキミング被害が多くカードが偽造されて不正使用される人が後を絶ちません
先日は出張でバンコクを訪れた知人3名が被害に遭いましたが、共通点はホテルでの支払いに使ったこと。

ホテルの従業員の仕業とは一概に言えません。納入された機材に最初から組み込まれていた可能性もあるし、最近ではカード決済の時に電波を使って情報をやりとりするので、機械に細工をしなくても電波をキャッチして、カードの偽造が簡単に行えるのです。
そういう意味では、タイ国内ではなるべくカードを使わないようにするというのも手。
ヒルトンホテルなどの世界チェーンならホテルサイトから直接(会員とかになると待遇が違う。)、
その他の中級クラス以上のホテルであればクーポンサイトを使って、先払いがいいかも。

そして、本当の安宿は、現地で部屋を見て直接現金払いしましょう。
私は予約したにもかかわらず、行ってみたら「前のお客がチェックアウトしないから空いてない。」なんて言われたことあります。それ以来、中途半端なレベルの宿は予約するのをやめました。

比較的高級なホテルを望むならエクスペディア-世界最大級のホテル予約サイトが検討の価値はあり。
ここは同じホテルでも他サイトよりも最安値で泊まれる可能性が高いです。
その代わり、安宿や地方都市などは契約件数が少ないのであまり使い勝手がよくありません。
バンコク、チェンマイ、プーケットなどの大きな街の中級クラス以上の宿を探しているときにおすすめ。

タイの宿は地方を含めかなり宿泊していますので、順次コメントおよび写真を追加していきます。

バンコクの宿

バンコク ホテル宿泊
バンコクはカオサン、中華街、マレーシアホテル周辺と有名な安宿街があります。
長期滞在の旅行者は旅の情報交換や骨休めのために集まります。
若かりし頃はカオサンにも行ってたけど、交通の便が悪くて滞在に不便なため最近は使うのをやめました。

バンコクの空港がスワンナプーム国際空港に主要機能を移し、なおかつエアポートレイルリンクが繋がった今は、
エアポートレイルリンクから徒歩圏内、もしくはBTSで乗り継いでBTSからの徒歩圏内の格安ホテルをチョイス。
とにかく移動にストレスがないことが第一条件で、なおかつコスパが高い(きれいで快適に滞在できる割に安い)宿を探して予約します。

中級ホテルで一部屋3000円前後と安めの場合は築年数が古い場合が多く、改装してきれいになると料金が上がる感じですね。 その端境期に行くと、改装したてでキャンペーン価格で安く泊まれたりしてラッキーです。

バンコクシティホテル

バンコクシティホテル部屋 268, btween Soi Petchburi 10-12, Petchburi Road, Ratchathewi, サイアム, バンコク,

BTSのラーチャテーウィー駅から徒歩圏内で交通至便な割にリーズナブル。
部屋の広さ、設備、立地を考えるとかなりコスパが良い。次から定宿にすることにきめました。
空港まで列車で行くのも周辺に買い物に出るにも便利で観光客にお勧め。
近くの屋台は遅くまで賑わっているので、深夜にバンコクに着いたときでも まずはぷはっとシンハで軽く1杯やれます。

BANGKOK CITY INN

バンコクシティイン外観 43/5 Rajdamri Road, Prathumwan, サイアム, バンコク

伊勢丹の近くにあり比較的便利な立地。設備は古いがその分立地の割には宿泊費がリーズナブルに抑えられます。
一番最初の利用は格安パッケージツアーでの宿泊先だったのですが、利便性で数回リピート。 ホテルは寝るだけっていう人に最適。アジア系の宿泊客が多いです。

ラチャダーリゾート&スパ

ラチャダーリゾート&スパの部屋 544 Soi Ratchadapisek3, Ratchadapisek Rd., Dindaeng, ラチャダーピセーク , バンコク

HISのバンコクツアーで宿泊した宿。
地下鉄ラマ9世駅から徒歩10分ほどで、築年数は相当たっているが順番に改装しているようで宿泊するのには問題ない。
ただ、どこに行くにも地下鉄やタクシーを利用しなくてはならないので立地はあまり良いとはいえない。 近くに大型スーパーがはいったショッピングモールがあるのは多少便利です。
熱いお湯がふんだんに出て、エアコンががんがん効いてないとだめ!な人は無理かも。

ファーストホテル

ファーストホテルの部屋 2, Soi Somprasong 1, Petchaburi Road, プラトゥーナム, バンコク

BTSのラチャダウィー駅から徒歩5分ほど。ペッブリ通りにあり交通至便。
設備は整っているが古いので値段が格安。ホテルにこだわりのないタイプには便利です。

バンコク ブティックホテル

バンコクブティックホテルの部屋2 241 Sukhumvit 21, Asoke, Klongtoey Nue, Wattana, スクンビット, バンコク

バンコクにはトランジット滞在だったので、2010年8月に正式開業したエアポートリンクのマッカサン駅に近かったので予約。 (当時はこの辺りはここしかホテルがなかった。)
値段も手頃だし部屋もまずまずでトランジットの宿としては及第点。
ただ、マッカサン駅からは少々歩くので、荷物が多い方は大変かも。

アジアホテル

296 Phayathai Road, サイアム, バンコク

地下鉄ラチャウィティー駅に直結した中級ホテル。とにかく移動に便利。
築年数は経っているが部屋はきれいに改装してあるので快適に泊まれます。
以前はこのホテル内でニューハーフショーが行われていたが、現在は移転してしまいました。
ホテルの向かいに飲食店があるので、疲れているときでも食事に困りません。

ツインタワーズ

88 Rong Muang, Patumwan , サイアム, バンコク

フォアランポーン駅から徒歩10分ほどのところにある中級クラスホテル。
改装してあるので部屋はきれいで朝食ブッフェも種類が多く滞在にストレスがないが、改装後に値上がりした。
どこの駅に行くにも徒歩で10~15分ほどと離れているため歩くのが嫌いな人には不便。
フォアランポーン駅から列車の旅に出る人でそこそこ快適な部屋を探している人にお勧め。

バンコクセンターホテル

328, Rama IV Road, チャイナタウン, バンコク

フォアランポーン駅から徒歩5分もかからない場所にあり、列車の旅の拠点に便利。
ただし、近年改装したため、宿泊費が値上がりしてしまい、トランジットとして手軽に宿泊するには少々お高めです。

@ フア ランポーンホステル

@フォアランポーンホステルの部屋 326/1 Rama IV Road Mahaphruttharam, バンコク

フォアランポーン駅の正面にあるゲストハウス。列車の旅の前後に便利。
きれいで立地が良く、洗濯機やネット環境が整い、値段相応。
ドミトリーもあるので節約派にも使いやすい。隣にも同レベルの宿がある。
公式サイトでも予約可能だがデポジットが必要なためクーポンサイト経由が便利。

チェンマイの宿

ミカサゲストハウス

ミカサゲストハウスベージュルーム 2/2 Soi4 Thapae Road T.Changklan A.Muang,チェンマイ

日本人がオーナーという噂のゲストハウス。ターペー門に近く立地が良い。
部屋はカラフルなペンキで塗られておりおしゃれな雰囲気にしてある。
主要道路から一本脇に入るので静かで居心地はよい。

チェンライの宿

バーンブアホームステイ

バーンブアホームステイ1階のダブルルーム 1047/2 Jed Yod Soi 3 Road Chiang Rai

チェンライバスターミナルから徒歩圏内のブティック型ゲストハウス。
ゲストハウスを切り盛りしている若い女性がにこやかで感じが良い。
人気のゲストハウス「バーンブアゲストハウス」が満室だったのでこちらに。
全て専用のバスルーム付きですが、2階の部屋は室外に設置されているため、
1階の部屋より値段は安い。ドミトリーもあります。
プーケット ホテル宿泊

プーケットの宿

プーケットはリゾートホテルが供給過剰なので、バンコクと比べると「え、この値段でこの部屋に泊まれるの?」というお得感がある。
クーポンサイト経由での予約なのに、なぜか毎回部屋がレベルアップしてしまい、ジュニアスイートに泊まらせてもらったことも。 チェックインの時間が遅かったのと、ソンクランの時期だったので到着までにどんどん部屋が埋まったのかも知れません。

ロイヤルパラダイスホテル

ロイヤルパラダイスホテルのデラックスルーム 135/23 Rat-U-Thit Road, パトン, プーケット

プーケットの代表的な繁華街パトンの繁華街がすぐ近く。(シーフード屋台の近くなのでここに!)
予約したのはスタンダードルームでしたが、なんと二泊ともアップグレードしてくれました!二泊目なんて・・・ジュニアスイート♪ O(≧▽≦)O ワーイ♪
ほとんど寝に帰るだけだったのが残念~。こういうのは個人旅行にしたおかげですねぇ。
ピピ島 ホテル宿泊

ピピ島の宿

ホリデイイン ピピアイランドリゾート

コテージ 54 Moo 8, Tambon Aonang, Amphur Muang, レームトンビーチ, ピピ島

ピピ島も今や代表的なリゾートになってしまいました。この宿はレムトンビーチにあります。
「レムトンビーチはホテルが5軒あるだけで静かですよ」という代理店のオススメで選択。
サンセットバーで飲むのも雰囲気よいし、レストランのビュッフェも大満足!でした。
ただし同行者がタイの物価が安いという感覚でワインを数本頼んでしまい、すごい請求が・・・。 ワインは輸入物なのでタイでも高いです。食事が豪華な割にリーズナブルなので錯覚します。気をつけてください。

夜のコテージ ハイビスカス入りの水壺 サンセットバー サンセットバーでバーベキュー