渡航国:都市 ベトナム:ホーチミン、ロンスエン、ラックザー、フーコック島
期間2009.06.06-2009.06.14
旅程 06/06 成田 - air(台北経由)- ホーチミン
06/07 ホーチミン -express bus- ロンスエン
06/08 ロンスエン -bus- ラックザー  (→ラックザー町歩き地図by google)
06/09 ラックザー -boat- フーコック島
06/10 フーコック島
06/11 フーコック島
06/12 フーコック島 - air - ホーチミン
06/13 ホーチミン
06/14 ホーチミン -air(台北経由)- 成田

より大きな地図で ベトナム旅行ルート2009.06 を表示
旅行形態個人旅行
航空会社チャイナエアライン(国際線)
ベトナム航空(ベトナム国内線)

【今だけ?の耳より情報】
チャイナエアライインは去年からキャンペーンを頻繁に展開しています。
昨年香港に行った時のチケットは28,000円くらいでしたが燃油サーチャージプラスで58,000円。
ところが今年はサーチャージが下がり、サイゴンまでの往復チケットが20,000円(時期により変動)。
空港使用料、燃油サーチャージ込みでも30,000円を切りました
速攻でサイゴン行き決定です!(ハノイも香港も安いのでチェックされたし)。
サイゴンのみが目的の方はツアーが2泊3日で29800円で格安。
サイゴンのタクシーもメーターになっていたのでダイナミックパッケージ(航空券+ホテル)にして好みのホテルに宿泊するのも楽しいと思います。

乗り継ぎ先の台湾の空港で偶然知り合いに会ったのですが、
台北2泊3日のツアーも2万円だったそうです(ツアーなので勿論ホテル付き)。
1日休みとって金・土・日で台湾遊びに来たんだって。

「休みよこせ~!」って上司に言いやすいくらい日頃働き過ぎのあなた!チャンスですよ!
台湾もサイゴンも美味しい物たくさんありますよ~。台湾は温泉もありますよ~。
ただし、航空会社の出しているオンライン予約チケットは35,000円~でした。
旅行会社経由じゃないとない航空券ですので、下記の代理店参考にしてください。

おそらく秋の閑散期にも格安で出回ると思うのでまた狙います。
宿泊
[今回使ったホテルクーポンサイト]
agoda
vcエクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト
[ホーチミンの宿]
エンプレスホテル
[フーコック島の宿]
グランド メルキュール ラ ベランダ リゾート

その他、ロンスエン及びラックザー、ホーチミン2泊は安宿orミニホテルに飛び込みました。
宿泊施設については別ページにまとめましたのでこちらからどうぞ
特にフーコックのホテルは何気ない気遣いが私のツボにはまって、また行こうと誓ったのだ。
旅行代理店CHINTAI TRAVEL SERVICE:オンラインで予約。
 10社くらい比較した結果、結局またいつものCHINTAIトラベルで予約しました。

ここで予約した理由

  1. 航空会社を明確に提示していた(航空会社未定=たぶんチャイナとわかっても面倒)
  2. 即日オンライン予約、決済が可能(支払いに使うクレジットカードでもマイルを貯められる)
    カード払い=当然、振り込み手数料がかからない。
  3. 発券手数料が割安で1.2が同条件のスカイゲートよりもちょっと安く済んだ。
  4. [結果としてですが]予約クラスはTクラスで、ダイナスティのマイルは100%貯まった。
H. I. S. でも扱いはあったけどオンライン予約・決済可能なチケットは直行便のみで、経由便になるチャイナエアラインは電話もしくは窓口対応。人件費がかかる分当然他社より高かった。
ベトナム国内線はベトナム航空でオンライン予約しましたが問題なく予約できました。

ツアーはてるみくらぶを検討しましたが、帰りの飛行機を延長できなかったので断念しました。
2泊、3泊でちょっと出かけたいときはてるみくらぶは要チェックです。ホテル付きフリープランがすごく安い。
所感 7年ぶりだったのでいろんなことが変わっていた。
  • シクロ、バイクタクシーが減った。
  • タクシーがメーターになって乗りやすくなった。
  • 倉庫みたいだった国営百貨店がイトーヨーカドーみたいに変身していた。
  • メイリン社などのサービスのいいバス会社が出来ており、トルコに来た錯覚を憶えた。
  • バイクがスーパーカブからスポーティーなバイクに取って代わりつつある。
    日本の新聞屋もこれで安心?(前はよく盗まれてベトナムに密売されていたから)。
  • 冷房がある施設が圧倒的に増えていた。ロッテリアいっぱいだし・・・・。
  • なんとなく前よりも道路が渡りやすく感じた(これは気のせいか?)。
  • 女性の間で腰回しダイエットが流行っており路上で腰を回すおばさん多し。
    SHINOさん(日本の腰回しダイエットの第一人者)でもテレビに出たか?と思った。
ホーチミン以外はすべて初めての町だったので変わったと思うことはありませんが、ホーチミンはせわしないので田舎の方がやっぱり落ち着きました。
フーコック島は前に比べたら開発されたようですが、バリやタイの島に比べたらまだまだで、この時期に行けて良かったです。ホテルも道路も着実に整備をしていますので、今のうちの方が人が少なくていいのでは?って思いましたよ。
秋にチケットが安かったらまたいきます。今度はシュノーケル船チャーターします。
(イカつりはパスですが、好きな人は夜のイカつりボートでイカつりできます)

雨期の影響は全くなし。
フーコックは通り雨が毎日振ったけど、島の反対側のサオビーチに行ってみたら
ピーカンで雲一つなかった。
雨が降ったフーコックだけは多少蚊がでたけど外でご飯を食べた時にちょこっとさされただけ。
蚊取り線香も無駄な荷物になったくらい。

他の町では雨は一滴も振らなかったです(サイゴンはテレビの天気予報は雨だったのに・・・。
ヒートアイランド現象?で超酷暑だったので振ってほしかったくらい)。
イメージ(クリックで拡大)ザボンのサラダメコン川を渡るフェリーフーコック島サオビーチ
ホーチミン・フーコック旅行