タイ航空NRT-BKK機内食1タイ航空NRT-BKK機内食2
【2008.04.11 TG 643成田-バンコク機内食の一部。なんと4種類。左:牛丼、右:シーフード麺】

タイ航空のイヤホン
【袋を頂いて旅で使った】

プーケット線の軽食1
【プーケット行きの軽食ボックス】

プーケット線の軽食2
【プーケット行きの軽食中身】

プーケット線の軽食3
【バンコク行きの軽食】
ソンクランバージョン

プーケット線の軽食4
【バンコク行きの軽食】
久々にタイ航空です。

今回はソンクラーンの時期にプーケットに行きたかったので、最短時間で行ける航空会社で且つ安いところを探したところ、タイ航空になりました。最安値は航空会社の正規格安運賃ですが、タイ航空のオンラインサイトでは最安値チケットが満席だったため、2社の旅行代理店に問い合わせて、一番乗り継ぎがよく、安いチケットを買いました。
(日本の航空会社は燃油サーチャージなどが高かった)

【頼んだ代理店】
CHINTAIトラベルサービス
行きは日本初の午前便からそのまま国内線へ乗り継ぎプーケットへ。乗り継ぎ時間が1.5時間くらいあるので、空港で暇だと思ったら、バンコクで入国手続き及び乗り継ぎをしなければならないため、ぎりぎりでした。
それと、タイ航空なのに、ターミナルが真逆の位置で、国内線乗り継ぎまで行くのが大変でした。自国の空港ではしっこっていうのもなんだなぁ。しかも、国内線に乗り継ぐ人は15分くらい歩かないといけないんだもん。(年寄りは有料のカートに乗らないと無理ですね)

プーケットも国際空港なのでプーケットで入国手続きでもいいと思うんですが(ドンムアン時代はプーケットで入国手続きしました)、その辺はタイの事情なんでしょうねぇ。


ところで、機内食です。

タイ航空の機内食はおいしいというイメージがなく期待していなかったのですが、今回はそこそこおいしかったです。
しかも、行きは、シーフード麺、牛丼、タイカレー、チキンと4つも選択肢がありました(カートには2種類しかありませんでしたが)。シーフード麺は微妙だったそうですが(5人連れだったので、バラバラに注文してみた)。

2回目の軽食が、サンドイッチだったのにはがっかりした。
サンドイッチは普通においしかったけど、私は今までみたいにアイスクリームを出してほしかった。
ちょうどのどが渇いて暑くなっているので、アイスクリームがおいしい時間なんですが。「小腹がすくから軽食がいい」っていう要望が多かったんですかね。

そして、タイはエアコンバスでも軽食がでるお国柄ですから1時間ほどの国内線でも何か出るだろうなぁと思ったら、案の定軽食ボックスが出ました。こちらは箱ごと持って帰ることも可能になっており、中に入っているお茶用のカップも安物のプラスチック製です。

ところで、ソンクラーンの間はソンクラーンバージョンの機内食や、タイの伝統菓子が出ると機内誌に書いてありました。
しかし、帰国便は関係なかったらしく、期待が大きかっただけに超がっかり。キャビンアテンダントの一部が伝統衣装を着ていたけど、それよりタイ菓子がほしかったなぁ(ヨーグルトだもん・・・)。それともアッパークラスだけのサービスだったのか?!

プーケット-バンコク線の軽食のパッケージはソンクラーンバージョンでしたが・・・。(乗ったのは4/14)

もうしばらくソンクラーンには行かない気がするので、かなり残念。

4/13にバンコクに向かう飛行機ならソンクランバージョンデザートだったのかなぁ~。
ちぇ~ヽ(  ̄д ̄;)ノ (花のブローチより菓子がほしかった、菓子が) タイ航空BKK-NRT機内食3タイ航空BKK-NRT機内食4
【2008.04.15 TG 676バンコク-成田機内食(カオパットとクロワッサンの朝食)】
花のブローチ家でばらした