今月は東京観光でもしようかと思っていました。 そう言えば東京タワーとか子供の頃以来行ってないなぁとか、思ってたんです。 でもふと、JALの特典航空券を調べていたら結構空席があるのにびっくりした。 あれ?子供が夏休みなのになんでこんな行きやすいトコに空席が!と言う感じ。 だって、沖縄とか台湾であるんですよ。この時期の沖縄で特典航空券が残ってるの?
2週間切ったので売れない航空券を特典に回したのかもしれないけど、 いずれにせよ、東京なんていつでもいけるので、ちょっと遠出することにしました。

ANAを調べても台湾以外に成都とかホーチミンも残っていました。
ホーチミンは雨期だし、時間も悪いし、だったら中華航空の格安チケットとか買いますが。
(YAZIKITAの海外格安航空券の検索・予約 で調べたら、燃油サーチャージ抜きで25000円です。)
成都は中途半端に遠くて35000マイルするので、だったらもっと遠くを選びます。
(だから残ってるのかもしんないな。)
それに私は成都って10年前に1週間いたので、行きたいトコないんだった。

まー、それ以上の遠くはいけるほど時間がないのでしらべていませんが、
子供たちの夏休み期間で、これだけ航空券が残っていて、しかも高くない。

ふと思ったんですけど、今年って節電対策で7月から各社の休みがばらけているじゃないですか。
だから土日がらみが混むっていう今までの傾向が必ずしも当てはまらないのかも。

例えばお父さんが月・火休みで、お母さんが木・金休みとかいう家庭だと、
いくら子供が夏休みでもどーにもならないし。
今年は夏休みもお盆を避けて分散したり、長くなったりと、バラバラなんでしょね。

前にフランスみたいに学校の休みをずらす!なんて案がでてたけど、
学校の休みより、親の休みがずれた方が繁忙期がばらけるなぁと実感した今年の夏です。
まだ学生も子供も休みに入ってないのに電車がすいてるそうですよ~。

旅行代理店は商品を売りにくくて難儀してそうですけど、
旅行する側としては、旅行者がばらけると価格が平均化して嬉しいです。

ちなみにJALの中国路線は台湾は残っていても大連はなかったです。
勿論、1日一往復の大連線に対し、台湾の場合、松山線もできて
便数が多いっていう関係もあるはずですが、
「坂の上の雲ブーム」も続いてるんだろな~って思いました。

沖縄だと7/31までの出発限定、2名以上で10000マイルという特典航空券もありますが、
いけなくなったらアウトなので台湾にしました。
国際線は有効期限が長いので万一急にいけなくなっても変更効くからです。

8月は前から決めてた国内旅行で秋田と青森です。
こちらはこの前中国にいる間にANAの特典航空券を抑えました。
今年はANAもJALも使わないといけないマイルがいっぱいで旅行の回数多くなるかも。

さて、どこ行こうかなぁ。
前から行きたかった豚の足を食べに行くか、高雄のマグロか、台北の小籠包か。
台湾っていうと食べ物しか思い浮かびませんけど。はやいとこ調べなきゃ。
新幹線には乗りたいな~って思いますが。ね。

7月に休みがあってまだ予定を決めてない場合は、こちらなどを参考に。
ツアーだとホテルの手配などがあるので直前過ぎると予約を受けてもらえません。
直前の場合は航空券+ホテルを自前手配で、向こうでどこかの代理店でオプショナルをつけるという方法がベストですよ。
8月は夏休みの企業が多いので、7月ほど残ってなさそうですけど。