パラオ:ロックアイランド
近畿日本ツーリスト 海外ツアー
ゴールデンウィークに諸事情で海外旅行にでれなかったため、今年の夏休みはパラオに行こうと計画しています。
パラオはダイバーに人気のリゾート島ですが、日本からの直行便がなく(チャーター便は別)、おまけに物価も高いので、以前検討したときには具体的な計画に入る前に断念しました。 今年はいくつかの好条件が重なって理由があってパラオが旅行先として急浮上。
GWに10連休もあったのに国内で悶々としていた事情も重なって、5月から具体的な計画を立て始めました。

しかしこれまで国内外を含め、数々の旅行代理店と接してきましたが、
ものすごくサイテーの旅行代理店に引っかかってしまった。
もはや詐欺師のレベルです。

  • 能力がないのに能力があると勘違いし、
  • 文章力が恐ろしく低いため、こちらの意図を全く読み取らず、
  • 頼んでいることはろくに手配もしないのに頼んでないサービスを押しつけようとし、
  • 支離滅裂で文章が整っていない長文メールを送りつけ、
  • 肝心のこちらの要望は答える力がないので現地の代理店に丸投げ。

2ヶ月近く不愉快な思いをした上に、金取られてるんですよ。

それでもこれは無理だわって思って最後はお金を捨てて断りましたが、
断った後にも捨て台詞が帰ってきましたからね。
パラオは他の国と違うからアドバイスしたまでだって。もう笑うしかない。

こちらの要望そっちのけで、現地の知っているうんちくずらずら並べ立てられても困るんだけど。
いらない情報だっつーの。あれと付き合えるお客さんすげーわ。

今まで最も頭にきた旅行代理店はパプアニューギニア行きを検討していた時の某代理店。
あのときはやりとりに使った時間の無駄が悔しかったけど、申し込み前で金銭的な負担はなく、
しかも後で「わざとでした。ごめん」って謝られたのもあって、今は全く気にしてもいないのです。 (わざとでしたって正直に謝られちゃった(笑))

30万円払う前だったのもあるけど、謝られたのが大きい。不満が伝わって気が済んだのです。
でも今回は日本語なのに、日本語が通じない相手だったのが大きくて、
ストレスMAXでした。うんざり。ヽ(  ̄д ̄;)ノ

今回、ここ以外にいくつも代理店や宿の人たちとメールでやりとりをしましたけど、
他はなーんの問題もないんですよ。ふつーなの。ふつー。
パラオ人に英語でメール送ってもふつーです。もんだいなしおです。

気持ち的に収まりが付かないのでネタにさせてもらおうとは思っておりますが、
とにかく文章が全く読み取れないお方なので、名指しにすると報復されそうで恐ろしい。
だって向こうはこっちのメルアドとか持ってますから。さらすとか嫌がらせできちゃう。

島旅とかでまとめるときはともかく「現地の代理店に直で聞け」って結論になります。
インターネットで現地情報が取れ、直接メールでやりとりができる世の中で、
日本の旅行代理店を通す意味ってもうないですね。

あ、でも今回使った日本旅行は親切でしたよ~。 日本旅行さんにもっと手数料を払いたいくらいでしたよ。ほんとに。
今回、どうしても日本旅行を使わないといけない事情があったのですけど、 航空券の手配と宿の手配だけだと、日本旅行にはいる手数料はわずかなんですよ。
だけどもそれに至るまでのやりとりに時間を取っていただいているわけで、
人件費にもならないんじゃないかと申し訳なくなったくらい。

身内には小石にけつまずいたと思って気にすんなと言われておりますが、
この小石の台詞を一つご紹介すると
「パラオに7年在住した経験もあるし、情報も経験も他社には負けません」

この一言が余計なんだよ。
日本旅行のお姉さん。たぶん海外に在住した経験ないですよ。
でも頼んだことちゃんと手配してくれたよ。

サイテーだった代理店はちょいちょい(いやかなり)の上から目線の自慢話を盛り込むくせに、
こちらの意図を正確に読み取らず、うわべだけすくって勝手に現地に問合わせたり、
その上で「いくら何でも高い」と言えば「現地にはそこしか泊まるところがないから高いんだ。」
「あなたがよくいくアジアとは違うんだ」とかいいわけ始めたりするんだけど、
(↑これも客商売の人がいう台詞とは思えない。
  アジア並みの料金求めてたらパラオになんていかねーわ!!)
でも、結局、料金間違ってたのよ。あれにはビックリしたわ。謝らねーの?

「パラオが高い!」って言ってるんじゃない。
隣の島でもゲストハウスは1部屋1万円で泊まれるのに、
いくら他に宿がない島でも1人1万円は高すぎないか?と聞いたのだ。
日本だと宿代は一人いくらですが、海外は一部屋いくらが普通です。
パラオもガイドブックでもネットでも大体部屋ごとの料金体系なのに、
それなのに、ここだけ「1人1万」って言われたのよ。あれ?って思わない?

そもそも最初にホームステイでもなんでも手配できると断言していて、
「ここしかないから高い」っていう返事が返ってくるも矛盾している。
勝手にゲストハウスの空き状況を調べだしたくせに。

とまあ、ほんとにレスポンスがいちいち不遜なんです。
前に言っていたことと違うことを返事していることがわかってないんです。
だからものすごい。一言で言うとむかつく!

ちょっと前にJTBが旅行相談料金を徴収します!ってニュースが話題になったでしょ。
本来なら旅行相談は有料だったけど、いただいていなかったので、
試験的に相談業務もきちんと有料としていくという話。
これで勘違いしちゃってるんすかね~。

現地への問い合わせ開始から申込み金取るよ!っていう話だけど、
現地の旅行代理店経由で空室照会しているだけだったので、
自分で現地の代理店に問い合わせした方が早かった上に明朗会計でした。

まあ、書けば書くほど、いろんなネタが出てくるので、どこにどうまとめようかと思案中です。
まとめる前にここに順を追って書こうかな。
リゾート地の情報を集めるための表紙もまだ作ってなかったな~と今更気づきました。