今や大阪名物から全国区になってしまったB級グルメの代表格たこやきも、できたのは昭和になってからと意外と歴史が浅い。
元々は昭和初期に会津屋の店主が、生地に牛すじ、こんにゃくなどをいれて丸くやいた「ラジオ焼き」をベースに、明石の玉子焼きからヒントを得て、生地に味をつけ、明石のたこを入れたものを作ったのが始まり。 手を汚さずに美味しい物をそのまま食べてほしいとのコンセプトで青のり、ソースやマヨネーズはないのが元祖のたこ焼きです。
近年、関東では群馬発祥の銀だこが勢力を増しており、たこ焼きをカリカリに仕上げ、様々なトッピングをうりにしていますが、もともとのたこ焼きはぐっとシンプルだったそう。
私も大阪で初めてこのだしがベースのふわふわのたこ焼きを食べたときはびっくりしたものです。

続きを読む