福井県沖で水揚げされる甘エビはその大きさと甘みの強さが特徴のとろりととろける。そして、新鮮だからこそ食べられるおなかに翡翠色の卵を抱いた雌の甘エビのおいしさは「海の翡翠」としてその名をとどろかせています。
あのご当地キティちゃんも甘エビの着ぐるみで卵を抱いていましたからね。
もちろん国産の甘エビなんて高級品でなかなか魚屋ではお目にかかれません。 だから甘エビをからごと焼いちゃうなんて発想は出てきませんでした。 もったいないかと思ったけど、イケます!

続きを読む