ソンクラン バンコク 子供達の写真 ソンクランはいわばタイのお正月。4月13~15日が毎年祝日になります。
太陽の軌道が12ヶ月の周期を終え、新たに白羊宮に入る時期を祝うもので、日頃から参拝しているお寺にお参りし、仏像や仏塔へ水を掛けてお清めしたり、さらに家族の年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習があります。
(日本で言う初詣みたいな感じですかね。いやちょっと違うかな。)
ところが最近はそれが転じて街の往来で通行人どうしが水を掛けあって楽しむ「水掛け祭り」としての姿の方がおなじみ。日本でもしょっちゅう取り上げられるし、知っている人も多いはず。
日本で最も休みが取りにくい時期でもありますが、逆にこの時期だからこそ航空券やツアーが安いので狙い目。休みが取れる人は是非参加してみて!

ソンクラン期間中の滞在都市をどこにするか。

まずはポピュラーにバンコクのソンクランはいかがでしょう?

水掛祭りのお参り用の仏像
お参り用の仏像。
公園などに設置されます。
バンコクは地方から出稼ぎに来ている人たちが一斉に帰省するため、街の雰囲気は至って静かです。閉まっているお店も多く、普通に観光旅行に来た場合はがっかりするかもしれません。
会社によっては1週間以上お休みするところもあるので、お祭に興味が無いのであれば前後1週間は外した方が無難です。 目的の店が閉まっている場合もあるし、店にたどり着く前に水浸し&白い粉で真っ白にされてしまう場合もあり、お店に入りづらくなったりもします。
ソンクラン期間と知らずにタイに来たのかなんなのか、子供にぴゅっと水鉄砲で水を掛けられて激怒している東アジア系のおばさんを見たことがありますが、高そうなドレスに日傘を差して、あなた何を考えているの?という感じでした。

シーロム ソンクラン 消防車
消防車から放水までする。
また、カオサン、シーロムなどの水鉄砲戦争激戦区では水害を避けるために軒並みシャッターが閉まってますので注意が必要です。 ゆっくり座ってご飯が食べたくてもそういう店が見つかりません。
またこの辺りには周辺の地方都市からも馬鹿騒ぎしたい若者達がこぞって集結してきますので、とにかく混み合い方が尋常じゃありません。 地下鉄やBTSの切符売り場は長い行列を作るので、小銭は多めに準備するか、1日乗車券などを使うと便利です。

タイの人は控えめなので大荷物を背負っている外国人に水を掛けて水浸しにしたりといった行きすぎた悪ふざけはしませんので、ソンクランのまっただ中に到着してもホテルまでは難なくたどり着けるとは思いますが、宿泊場所をカオサン、シーロム周辺にする場合は、祭りが盛り上がる時間帯を避けた方が良いでしょう。

バンコクの場合、格安パッケージツアーで3泊くらいするプランでじっくり滞在するのがおすすめです。
ただし格安プランの場合ホテルが選べない場合がほとんどなので自分で航空券とホテルを別々に予約するか、
ダイナミックパッケージツアーを使うのもよいでしょう。
もし初めてのバンコクで王宮なども見たいのであれば、4/12とか水掛祭りが始まる前にバンコク入りをして見学を。
なぜなら王宮ですから水鉄砲持ったままでは入れてもらえません。あしからず。

バンコクのソンクランが盛り上がる場所
カオサン通り Khao San Road
外国人バックパッカーのたまり場の安宿街。王宮の近く。タクシーかバスで。
シーロム通り Silom Road
パッポン、タニヤなどの歓楽街。BTSか地下鉄で行ける。
RCA通り RCA Alley
音楽プロダクションやクリエイティブ企業が集まるとおり。通りがクラブと化す。
地下鉄ペッチャブリー通りが最寄りだが歩ける距離ではありません。
ROUTE66というクラブを目印にするとよいです。
プラ・プラデーン Phra Pradaeng
バンコクの南100kmくらい。チャオプラヤ川が大きく蛇行するパークラートでモン族の伝統に則った水掛祭が行われるので有名。モン族の暦で行われるため通常のソンクランとは日程が異なる。
サナムルアン Sanam Luang
王宮前広場。2014年はデモの影響でこの広場ではイベントがなかったが、通常はここに仏像が設置されたり、出店が出たり賑やか。2015年はどうだろう。
バンランフー Banglamphu
カオサンの北側にあるエリア
ランコンムアン Lan Khon Mueang
バンコクシティホールの前。カオサンから歩けないこともない。
ラマ8世橋付近 Wisutkasat
王宮付近から南バスターミナルに向かうときにチャオプラヤ川を渡る橋がピンクラオ橋。
その北側1キロくらいにある橋がラマ8世橋です。

バンコクツアーを取り扱っている旅行代理店例

旅行代理店名価格帯目安ツアー例(他にも多数有り)
H.I.S. タイ旅行39,800円~
JTB バンコク旅行69,800円~
ANA SKY WEB TOUR
ANAで行く海外ツアー
10万円前後~ 検索時に残っている航空券の座席クラスによって値段が変動します。
乗る飛行機、宿泊するホテルなどを全て自由自在に選べ、ダイナミックパッケージツアーに近い。 飛行機は絶対ANAだし、余り物ホテルではないので値段が高めだけど安心。
他の旅行代理店の情報等については海外航空券、パッケージツアー予約サイト一覧に紹介があります。
またバンコクはスワンナプーム国際空港から街の中心部まで列車が繋がったので個人旅行も楽です。
いっそのこと、航空券とホテルをそれぞれ別に取って自由に旅をしてはいかがでしょう?

水掛祭りの本場 チェンマイで水掛祭りを楽しむ!

チェンマイ ターペー門 古都チェンマイはお寺の町。ソンクランの本場とも言われています。 ターペー門の周りに特設ステージで、そこで様々な行事が行われるため、その当たりをめがけて人々が集まり賑わいを見せます。

バンコクは大都会であり、尋常じゃない数の人が集結し、身動きできないほどになるのに対し、チェンマイの場合は地方から 荷台に水でいっぱいのドラム缶を積んだピックアップトラックに乗って人々が集まってくるため、ターペー門の周辺は常にピックアップトラックで渋滞。 そしてそのトラックから道行く人々めがけて水鉄砲で攻撃してきます。
チェンマイのソンクラン ピックアップトラックから攻撃する これはチェンマイに限らず地方都市では定番のスタイルですが、とにかくチェンマイには集まってくる車の台数が違う。 また、トラックに限らず、道ばたで通行人を待ち構えている町の人々も容赦がないので、濡れずに宿まで戻るということがかなり困難です。

チェンマイは水掛をする馬鹿騒ぎだけでなく、タイのお正月本来のしっとりとした雰囲気も味わえます。
チェンマイのお寺 城壁の中はお寺の数がかなり多く、たいていのお寺で参拝者がお参りできるように仏像と聖水が用意してあり、 静かで厳かな雰囲気の中、お参りができるのです。
お供え物を片手に参拝に来ている地元のおばあさん達もきらびやかな巻きスカートをまとい、いかにもハレの日。
水を掛け合って騒ぎまくる馬鹿騒ぎといわゆる「初詣」を同時に味わえるのが良いところかなと。

なお、チェンマイは色白美人が多いとの評判も有り、ソンクランの期間中に美人コンテストなどの各種行事も豊富といいますが、 観光客はホテルの人などに事前に聞いておかないとなかなか見れないようです。

ダムフアの儀式
ソンクランには仏様だけでなく、年長者を敬う日でもあります。「ダムフア」です。
ソンクラーンの日(15日だそう)に、村のお年寄りや親戚のおじいちゃん、おばあちゃんの家に銀の器に入れた聖水を持って訪れ、 旧年の無礼の謝罪をしたり、新年の祝福をしてもらいます。
お年寄りの手に持参した聖水を掛けると、手首に白い紐を掛けると同時に祝福の言葉を頂けます。
単なる一見様の観光客では参加できませんが、タイ人のお友達ができたら見学させてもらえるかも。

チェンマイツアーを取り扱っている旅行代理店例

旅行代理店名価格帯目安ツアー例(他にも多数有り)
H.I.S. タイ旅行 92,800円~
JTB チェンマイ旅行103,300円~
日本旅行98,900円~ 【成田発】 気ままにステイ!チェンマイ 5日 タイ国際航空利用 チェンマイ・プラザ 98,900円~
【成田発】 気ままにステイ!チェンマイ・バンコク 7日 タイ国際航空利用 ホリディ・ガーデン(スーペリアルーム)/ロイヤル・ベンジャ 107,900円~
ANA SKY WEB TOUR
ANAで行く海外ツアー
10万円前後~ 検索時に残っている航空券の座席クラスによって値段が変動します。
乗る飛行機、宿泊するホテルなどを全て自由自在に選べ、ダイナミックパッケージツアーに近い。 飛行機は絶対ANAだし、余り物ホテルではないので値段が高めだけど安心。

プーケット他、その他の街のソンクランは?

ピピ島でソンクランの水掛を楽しむ子供達 ソンクランはタイのお正月なので、それこそ全土で雰囲気を味わうことができます。
田舎の町では地元の子供達が家の玄関先に水を貯めたポリバケツを準備して通りがかる人や車に向かって びしゃーっと水を掛けまくる。
バスの運転手もわざとスピードを緩めて水を掛けられてあげたりするので(危ないからもあると思いますけど)、 車の通りが激しい場所では渋滞が起こったりもします。
ただ田舎に行けば行くほど人々は控えめで、外国人の我々が「ごめん、今は止めて!」という空気を作ると 遠慮がちに小さい水鉄砲でぴゅっと顔にちょこっと水を掛けたりする程度。深追いはされません。

逆に外国人が町を闊歩しているのが当たり前の場所となると容赦はない
観光地、特にビーチではそもそもが濡れるの前提で最初から水着で闊歩してますので、容赦はありません。

プーケット、パタヤなどはどちらかというと外国人の悪のりが激しいので注意が必要です。
勿論、最初から馬鹿騒ぎするつもりで行くなら問題ないですよ!

のんびり過ごしたいのであれば高級リゾートホテルに宿泊するとよいです。
外に出れば攻撃されるけど。


パタヤのソンクラン

ソンクランの様子 パタヤのソンクラン4/13~15では終わらず、19日までつづきます
ワンライと呼ばれ、他の都市よりなが~く楽しむのが伝統的になっています。
15日まではバンコクなどの他の都市、その後、パタヤに移動して楽しむのもおすすめ。

ソンクランが始まるのも11日~と通常の町よりも早く、終わるのも19日と遅い。
おまけにバンコクから車で数時間の好立地のビーチリゾートなため人混みもすごいです。
パタヤビーチロードや周辺の路地でも車は通行止めになったりしますので、 いろんな意味で注意が必要です。

 4月11日:Soi 6、7、8、Buakhao辺りが盛り上がる。
 4月18日:Naklua市場周辺
 4月19日:ビーチロードおよび全ての隣接する道が封鎖。
      2015年はちょうど日曜なので盛り上がりそう!

田舎の少数民族の村にも行ってみました。
ラフ族の村に祭ってあったポンプ ソンクランの期間中、トレッキングツアーで少数民族ラフ族の村にも行ってみました。
山中で貧しい生活を送っているし、そもそもが信仰自体が違うので関係ないと思ったのですが、 国王陛下が設置してくれたという水ポンプの周りを祀ってありました。
ポンプのおかげで麓まで水をくみに行かなくても良くなったとのこと。 もしかしてソンクランに合わせてお祈りするのかな?と思ったりした。(聞けば良かったな。)

プーケットツアーを取り扱っている旅行代理店例

旅行代理店名価格帯目安ツアー例(他にも多数有り)
H.I.S. タイ旅行 59,800円~
JTB チェンマイ旅行87,800円~
ANA SKY WEB TOUR
ANAで行く海外ツアー
10万円前後~ 検索時に残っている航空券の座席クラスによって値段が変動します。
乗る飛行機、宿泊するホテルなどを全て自由自在に選べ、ダイナミックパッケージツアーに近い。 飛行機は絶対ANAだし、余り物ホテルではないので値段が高めだけど安心。

おすすめの滞在都市の選び方。

ソンクラン期間中の各都市の特徴をざっと列記しましたが、おすすめは次のような感じです。
どこの町にいてもそれなりに楽しめますが、ソンクラン期間前後にバンコクからの移動は注意が必要です。
日本と同じく帰省ラッシュが起こりますので、時間をずらしたり、適宜お金を払って飛行機を使ったりしたいところ。

初めてで町の雰囲気も楽しみたいならバンコク
日本各地からの直行便が就航するし、ホテルの数も多いので安いツアーが沢山ある。
ソンクランの行事も多く、混雑はするが、大都市なのでそれ以外の観光なども楽しめる。
馬鹿騒ぎも本来の年中行事の雰囲気も味わいたいならチェンマイ
お寺が集中しているので古都としての雰囲気、初詣の雰囲気も味わえる上、ソンクランの特別行事も多い。
この時期は田舎への帰省者や外国人観光客が集中するので国内移動の予約は必須。 ツアーも他の都市に比べると少々根が張る。
とにかく羽目を外して騒ぎたいだけならプーケットやパタヤ
リゾートとして町が確立しているので宿、ショッピングモールなどが整っていて便利。
リゾート地なので食費などはバンコクなどに比べて高いが、旅費は比較的安くすむ。
単にタイのお正月の雰囲気を味わいたいなら、どこかの田舎町。
日本の神社仏閣のようにどこの町に行ってもお寺があって参拝する人は後を絶ちません。
小さな町でもそれなりのイベントがある場合もあるし、むしろ外国人が珍しい地域であれば それなりに町の人と触れあいながら遊べる利点がある。人との距離が近い分、ほのぼのと楽しめます。