海外を個人旅行するようになって早十数年。
インドを皮切りに西はエジプト、東はキューバまで広がりました。
バックパックを背負った旅人も時にはリゾートにも滞在。
キリキリに節約したくはないけど少しでもお得に旅するのがポリシーです。
失敗を繰り返しながらも身につけた旅のノウハウも順次掲載しています。
あなたの旅に役立てれば幸いです。

pick up! 旅レポ:インドネシア/タニンバル・ケイ島/ペルー・マチュピチュ


旅ナビ[台湾]新着:  台湾の駅弁といえば排骨がどーん。台鐵便當でもどうぞ。

台湾の駅弁といえば排骨がどーん。台鐵便當でもどうぞ。 池上駅の名物駅弁:池上便當 列車で旅の楽しみの一つに駅弁があります。 その土地の名物駅弁や有名シェフがプロデュースした駅弁など、日本では様々な駅弁が楽しめます。 かつて日本が統治をしていた台湾でも駅で駅弁を売っています。 ただし、日本とのそれとはちょっと違う。 日本のお弁当といえば、朝作ってお昼に食べることからも、冷めてもおいしいおかずを中心に詰められるものですが、 台湾の人たちは基本的に冷めた
「台湾の駅弁といえば排骨がどーん。台鐵便當でもどうぞ。」のつづきはこちら

旅カフェ新着:  山葡萄のかごバッグをとうとう買った!

何年か前に東北を旅したときに物産館で展示してあってその高価さに驚いた山葡萄の蔓を使って編んだかごバッグ。
それ以来いろんなところで調べるにつけ、いやぁ。欲しいなぁ。一生物だなぁなんて思っていたのですが、 この度、帯広のデパートで衝動買いをしてしまいました。
骨董市とかでも売っているんだけど、値段がピンキリで、例えば「2万円に割引してあげる」とか言われると、 ちょっと安すぎて何?って感じだったり、一報で10万超えで売っていたりするわけですよ。
編み方のデザインもいろいろなので実物を見てから買うかなぁと思っていたら、実物見つけて買っちゃった。

「山葡萄のかごバッグをとうとう買った!」のつづきはこちら

世界の食べ物新着:  クラン・ラクササ kerang raksasa [シャコ貝のマリネ] -インドネシア

クラン・ラクササ シャコガイのマリネ クランkerangが貝、ラクササraksasaが巨大なという意味のインドネシア語。巨大な貝でシャコ貝のことです。 とれたてのシャコ貝の貝殻から貝柱を外し、肝などを取り除いた後にさいの目切りにし、ニンニク、唐辛子、レモンで和えた物。塩はほとんど入れず。とれたてのシャコ貝を海水で洗っているので、海水の塩味をまとっていました。
ぷりぷりの貝柱の甘みがちょっぴり効かせた調味料のおかげで引き立ち、絶品のお味。南国でも生で魚介類を食べるのだなぁとしみじみした一品です。

「クラン・ラクササ kerang raksasa [シャコ貝のマリネ]」のつづきはこちら

ニッポンのうまいもの新着:  知立名物あん巻きがブラックサンダーとコラボ。チョコクリームがおいしい。

ブラックサンダー あん巻き パッケージ 青春18きっぷを持って、時々東海道線をのんびりと旅することがありますが、 例えば乗換駅の豊橋で、途中駅のキヨスクでもよく見かける「大あんまき」ののぼり。 なんとなく気になって時々買ってしまうのですが、あんこがちょっと甘いのでもうちょっと控えめの方が好きだなぁと思っていました。
種類はあんこだけでなく、チーズとか天ぷらとかいろいろあるのですが、このたびお土産にいただいたのがこれ。 有楽製菓のブラックサンダーとのコラボ商品。私、豊橋が本拠地かと思っていたのですが、工場が豊橋にある東京の企業だったのですね。
味の方は、あんこのあん巻きより好きでした。(ごめん。)

「知立名物あん巻きがブラックサンダーとコラボ。チョコクリームがおいしい。」のつづきはこちら

このページの上部へ

 旅の準備とテクニック

 旅の土産物

 旅ログ

 旅のイベント

 インド・南アジア旅行記

 東南アジア旅行記

 東アジア旅行記

 中近東旅行記

 中南米旅行記

 リゾート