日本旅と通勤にいい感じの靴。ClarksのスリッポンCHANNING FIONAをセールで購入

長いこと愛用していたアシックスのウォーキングシューズがダメになったので、新しい靴を探していました。
またアシックスのショップに行って似たような靴を買うか、ベルメゾンにするかと悩んだのですが、たまたま期間が差し迫ったポイントがあったのでネットでなんとか買えないかと探して購入したのがこれです。
クラークスの靴は実は初めて買うので、サイズがどうなのか心配ではありましたが、半額以下という価格の魅力にどうしてもあらがえず、買ってしまいましたよ。
結果、大当たり!でした。

普段の日本のサイズでぴったり。皮が伸びたら厚手の靴下もいけるかも。

Clarks(クラークス) CHANNING FIONA(チャニング フィオナ)正面から見たところ

こちらが購入したClarksのCHANNING FIONA(チャニング フィオナ)です。シンプルな形のスリッポン。
黒とか焦げ茶とかどんな服装にでも合わせられる定番の色の靴が欲しかったので、
たまたまこれが自分のサイズで残っていたのは大当たりでした。
アメリカのサイズ表記なので、大丈夫かなーって思ったんだけども、UK5で24cmっていうのでぴったり。

Clarks(クラークス) CHANNING FIONA(チャニング フィオナ) 横から見たところ

横から見るとこんな感じで、ヒールの高さは3センチから4センチっていうところ。
ウレタンソールでクッション性もあって、ヒールの色も靴と同じ色でなじむし言うことなしです。

ちなみにワイズはDと日本の靴の表記ではなじみのないので、これが一番悩んだところです。
私、足のワイズが狭いんですよ。EとEEとかなので、スリッポンで3Eとかだとぶかぶかになるの。
このDっていうのが、クラークスではスタンダードフィットといって、いわゆるレギュラーサイズのことみたいなんだけども、クラークスの靴を履いたことがなかったので、かなり迷ったのね。
24にすべきか、24.5にすべきかを。

結果、24のぴったりサイズで問題なかったです。ほんとうにぴったり。

流石クラークス!履き心地も抜群で、これから重宝しそう。

Clarks(クラークス) CHANNING FIONA(チャニング フィオナ)を履いたところClarks(クラークス) CHANNING FIONA(チャニング フィオナ)を履いたところ 足をそろえた感じ

購入した翌日から通勤に3日連続くらいで履いてしまいました。
通常サイズ、24センチで、ワイズはEとEEです。(右と左で幅が違うから。
それで購入したのは、UK5の24cm相当サイズ。

ストッキングやそれ系の生地の靴下を履いてぴったりで、つま先がきついと感じることなく、快適でした。徒歩で通勤したときも問題なし。(職場ではオフィスサンダルに履き替えるので、1日中履いたことはまだない。)

本革生地の靴なので、履き慣れた頃には皮が伸びてきますから、そうなるとストッキングだとちょっと靴の中で足が動いてしまうかもしれない。
そういう意味でもぴったりサイズを買っておいて正解でした。

通常、2万円近くする靴ですから、今、サイズがあればかなりお得に買えますよ。
デザインの型落ち品でもこういうシンプルなのは問題ないんで、見つけたら是非どうぞ。
ガンガン歩けそうだから、街歩き中心の旅行の時にも履いて行きます~。

前へ

6年使った電波ソーラーのBaby-G BGA-1400CI-1BJF。カシオのショップで電池交換~。

次へ

丸亀製麺でトマたまカレーうどん食べた。TOKIOも正念場ですなぁ。