コロナ禍で緩んだ体型。健康相談の名の下に聞いた耳つぼダイエットの営業話。うん。私には合わない。(特におばちゃんが無理。)

ダイエットのイメージ画像

コロナ禍を言い訳にだらけた生活を送っていたこの1年。
「仕事でちょっと遅くなった」とか「プールが時短で泳げない」とか言い訳してつい運動もサボりがち。
その上、毎年のコトなんだけど、春頃って一番だらだらと間食とかが増えるシーズンなんですが、
通常、その後にヤバいことに気づいて生活を立て直すんだけど、去年は家からでれないことを言い訳に
そのままずっとこの1年だらだらとしていたんですね。
気がついたら体型がかなりヤバくて、見た目は服装でごまかすんだけども、服がとてもきつい。
なんとかしないとと思っていた矢先に家のポストに入っていた、近所の整体のチラシで、
それを見ると「耳つぼダイエットで運動しないで簡単に痩せる」みたいなうたい文句である。

そのときはそのままスルーしたんだけど、最近とみにだらけた生活が習慣化してきて、
これは誰かの手助けを借りながら意識を変えようかと問い合わせた見た。

結果・・・。ちょっと体のいい詐欺っぽいサロンでした。まあ、そんなうまい話はないってこと。
結局、地道に努力すべし・・・という戒めになりました。


耳つぼダイエットって一体どんなことをするの?

フルーツと野菜。健康的な食材のイメージ

耳つぼダイエットって一体どんなことをするの?って思いませんか。
いろいろ調べた感じでは、耳のツボに金の粒を貼ることで食欲を減退させるという話。
食べたくなくなるから余計なカロリーを取らずに運動しなくても自然に痩せられる?とか。
まあ口コミで先生はいろいろ厳しいことを言うけど、頑張って食生活を変えたとか書いてあるし、
耳つぼシールを貼って貰って、食べたい欲求を抑えて貰いつつ、生活習慣を変えて余計な脂肪を落とすのかなと解釈しました。

ただ、新しいことを始めるのって勢いとか勇気がいるじゃないですか。
そのチラシの存在は気にはなったけど、一度捨てたのね。いわゆる誇大広告だろうと。

しかし、そうはいってもやっぱり気にはなっていて、その上いつまでもコロナ禍で通常運転の世の中にはならなくて、例えばホットヨガとか興味があって新たに始めたいことはあるんだけど、行く機械もなく、緩んだ体のままでずるずると真夏に突入。
これはいい加減動こう!と思い、ちょっと勇気を出して問い合わせてみました。メールフォームで問合せができたので、電話よりも気楽な感じだし、それより整体だし、メニューもいろいろあるし、適切なアドバイスの上でメニューを考えてくれるんだと思ったんです。

今思えばその問合せの答えも「あなたに適切なのは耳つぼダイエットです!」と即答で帰ってきて、なんだか腑に落ちないところがあったんだよなぁ。

私、左右で明らかに足の太さが違うんです。普段の生活習慣や姿勢がおかしくて、体がゆがんでいる故と思っていて、最近とみに右足の太いのが顕著なのです。着圧ソックス右だけパンパンになるし、太ももも1.5センチくらい違うんですよ。太さ。

だからそのことも問合せに書いたの。整体だから、体のゆがみも直しましょうって言われるんじゃないかと思って。

その答えが、「耳つぼダイエットです!」だったので、え?整体じゃないの?って感じで。
今思えば入り口も変な感じだったなぁ。

前置きが長くなりましたが、結論を言うと、耳つぼも嘘ではないし、今の自分の体重や体脂肪を測って現状の話もしてくれたし、健康相談という名のカウンセリングも全くの嘘ではないんだけども、なんか上からな話しっぷりも、やたらとなれなれしい感じも好きになれない人で、その上、安価な耳つぼ刺激を餌にしたダイエット補助食品の販売で儲けるダイエットビジネスでした。それも高価な。

エステは高そうだし、運動は嫌いだし、楽して痩せる方法ないかな。
そういう感覚の人を釣るための広告が1回当たりの施術料は安価な耳つぼとゲルマニウム温浴と整体。
でもそれだけじゃ痩せないよ。本気でやるなら手伝うよ!といいつつ、他にお金を使わせる。

「耳つぼ、整体、ゲルマニウム温浴以外の食生活は自分で気をつけて頑張ります!栄養補助食品も自分で買って取り入れます!」と言ったら、たぶん「それはちゃんとした成分が入ってないから痩せることを保証できない」とかいって、うちの提供する物を使わないんだったら入会はお断りします。って言うんだろうな。きっと。
でもトータル金額がすごいことになるんですよ。私はその金払うならライザップいくわー。

先生が「先生!」と呼びたくなるような方だったら、従う方向も検討したかもしんないのですが、個人的にちょっとこの人合わないなとも思ったので、いったん冷静になって持ち帰ってみると、ここの門をたたいたことすら恥ずかしくて家族に言えてない(笑)

結局、「いい加減だらけた生活をやめよう」と頭を切り替える良いきっかけになりました。

詐欺とかではないのですが、私は東洋医学に基づいた正しい知識とアドバイスに基づいて行うプログラムを提案してくれるものだと思って言ったので、すげー拍子抜けしたというか、口だけでたたみかけるこのおばはん何?っていうか。ごめん、私リケジョなんでこういう人あんまりスキジャナーイ。口車に乗って勢い余るにはちょっと無理があった。
専門家の先生とお話ししに来たつもりが、口のうまい訪問販売のおばちゃんに捕まって思わず話を聞いちゃった感じ。
だって自分から相手の懐に入っちゃったんだもの。

この話、とっても長くなるので、シリーズ化します。っていうか、ダイエットブログ立ち上げて記事書き直そうかなと思ってるくらい。
旅カフェはちょっと話題がランダムですが、清書する前の下書きというスタンスで作っているのでご了承をば。

体脂肪率が高いことは前から認識してたので、おばちゃんのアドバイスを元に筋力増やす努力しまーす。

結局、私の場合、子供の頃に太った経験があるからか、体脂肪率がとっても高いんです。
家電量販店とかで試しに体脂肪率を測ると30%を切った数値は見たことなくて、これがやっぱり太りやすい体質のようです。

「体脂肪率を落とさないと食べたものを蓄積する体になるから、まずこれをなんとかしないと」とこのおばちゃんの話はもっともで、 ただそれを落とす手段が耳つぼとダイエット食品で、「動くな(運動はするな)」というやり方がしっくり来なかっただけ。

健康相談という名の元で行った、ダイエット食品販売みたいな。それもその日のうちに始めさせることで、時間使った分の初期費用は取ってしまうという。(これらの話は次に書きます。長くなったから。)

有酸素運動はやった後に気持ちいいから、意識してそればっかりやっていました。筋トレはぜーんぜんやって来なかった。
だから体重落ちてもだらけた生活を送ったらすぐに元にもどってを繰り返してきたのです。
そして、年を取ると元の体重には戻らなくなって、毎年平均体重が1キロくらいずつ増えていくの。代謝が落ちるから。

それを耳つぼとかで簡単にどうにかできないかなって考えたのが間違いだった。
オーソドックスに筋力付けて体脂肪率落とすしか道はないってことっすね~。
(人間、楽できるなら楽しようって流れるんだな。)

痩せるためには有酸素運動と筋トレとストレッチ
それは基本ってことですよ。やっぱり(笑)

高校の時保健体育の先生がゆってたことを思い出します。

「君たち、今は若いからいいけど、腹筋だけは続けなさい。腹筋して筋力をちゃんと付けて置かないと、体は内臓を守らなきゃってお腹の周りに脂肪を蓄えるからね。」

今、まさにここ!

はい。電子書籍で購入して、三日坊主で終わったトレーニングの本。まずは2週間!と思って実行します。
こんなに簡単でも習慣化するのが難しくてだらけてた。でもやるよ。とりあえず今日は3日目!

そういえば来週健康診断なのもこれ幸い。さて、だらけた生活を改めます!

サボっていたけど、2つの本の内容を引っ張り出して始めたよ。

この本、楽天の電子書籍で買ったので、昨日はタブレットで久しぶりに復習。
こんな簡単なものでも習慣化できないところがダメだったので、これを再開しましたよ。
まずは背中革命から~。

前へ

デジハリのクリエイティブクラウド。使ってます。

次へ

6年使った電波ソーラーのBaby-G BGA-1400CI-1BJF。カシオのショップで電池交換~。