旅ナビ-中国・東アジア
ホーム > 中国  »  福建省  »  廈門 > 厦門で気軽に海鮮食べたかったら開元路へ。地元のおっちゃんが集う海鮮屋さんがいっぱい。

厦門で気軽に海鮮食べたかったら開元路へ。地元のおっちゃんが集う海鮮屋さんがいっぱい。

タイの清蒸
【アモイの海鮮屋さんで食べた鯛の清蒸。盛り付けが斬新!】

厦門がある福建省は台湾と同じ閩南系の漢人が多く住む土地です。
ルーツが同じ同系統の人たちが居住しているので料理の味付けや食文化が台湾ととても似ています。
海が近い町でもあるので新鮮で美味しい海鮮料理が食べられることは言わずもがなで、その食べ方も似てる。
台湾の町を歩いていると「熱炒」とか「快炒」という看板を掲げた飲み屋のような食堂のようなお店の前に 生きた魚が泳ぐ水槽や食材が山盛りの籠、貝や内臓などが敷き詰められた冷ケースが並んでたりしますが、 これが厦門にもあります。

こういうお店は個人経営のお店が多く、かしこまった海鮮料理屋に比べて気軽な値段でシーフードを楽しめる。

観光客が多い中山路などの付近でも路地裏に入ればこういうお店を探すことができますが、
立地がいいので食事時には店の外までお客さんが待っていることもあり、なかなか気軽に入れません。
狙い目は観光地を少し離れて地元の人たちが集うお店です。

取り皿とレンゲのセット
取り皿とレンゲのセット
中山路周辺のお店は食事時はどこも満席だったのもあり、結局、開元路に行きました。 (中国の簡体字では"開"の字は門構えを取ります。)
この通りは個人経営の海鮮屋さんが多く、どこかには入れるだろうと踏んだのだ。

お店によって置いている食材が違うので、水槽を覗きながらさまよっていたら、結局、数年前と同じお店に入ることになりましたが、 やっぱり美味しい料理にありつけました~。


開元路の海鮮料理屋さん再訪。気軽に美味しいシーフード♪

冷蔵ケースにずらりと並ぶ海産物
冷蔵ケースにずらりと並ぶシーフード。下処理済みのカエルもおりますネ。

お店の様子はこんな感じです。1階は食材を並べた水槽や冷蔵庫に海産物がずらりと並びます。
奥が調理場だったかな。ここで食べたいものを選び、調理法を指定して注文します。
おばちゃん片言の日本語で食材の説明をしてくれようとしました。日本人の駐在さんも来るのかな?

1階の冷蔵庫、水槽、籠に食材がずらりと並びます 野菜もここから選ぶ

シャコの唐揚げ

シャコの唐揚げ シャコの唐揚げを剥いたとこ
頼んだものはこんな感じ-。まずシャコの唐揚げ。水槽で泳ぐシャコを見て食べたくなった。
というのもいつも友人との食事でシャコを頼むと、一口も食べないうちになくなっているんですよ。
だから食べたくなったのです。日本では蒸したりして食べますが、中華圏では唐揚げがど定番かも。
(まあ、ゆでたシャコも中国で食べたことありますけどもね。)

タイの清蒸

タイの清蒸 タイの清蒸あっぷ
白身魚を頼むといつも清蒸にしてしまいますが、盛り付けを見てその斬新さにびっくりした。
まさか魚を(それもタイを)立てて蒸すとは。
魚の水分が抜けずにふわふわの状態で食べられて、美味です。

娃々菜の炒め物

娃々菜の炒め物
中華圏で野菜を頼むとなるとゆでるか炒めるかという感じですが、こちらは炒めてもらいました。
日本だと野菜単体で炒めたりはあまりしませんけども、台湾や中国だと単体で炒めるのは定番ですね。
ニンニクとスープで味付けてあるので、単体でも充分美味しいです。


厦門に行ったら絶対食べたい。ビーフン。

ビーフン ビーフン
厦門の締めなので、当然といえば当然のビーフンです。厦門と台湾西海岸の名物です。
中国の主食について、南は米、北は小麦って社会で当たり前の様に習いましたけど、米食文化の南部では麺も米です。 加えて海が近く、風が強い厦門で生まれたのがビーフンです。この名称も閩南語の発音です。
台湾へは閩南人が台湾に渡ったときに持ち込まれたのですね。

最初に「ご飯食べる?」って聞かれましたけど、やっぱ〆はビーフンかなーと思って断りました。
雰囲気も大事。(もちろん、味も美味しいけど。)

食事に困ったら開元路へ。お店が多くて入りやすいよ。

宜友海鮮大排档

宜友海鮮大排档外観
住所:福建省厦門市思明区開元路263号
電話:0592-202-8375

厦門の開元路の北の方にある海鮮屋さん。 入口は小さく細長い作りですが、2階以上に客席があるので大人数でなければすぐに座れるかも。
向かいにも同規模のお店があるし、その他にも周囲にいくつも海鮮屋さんがあって、 地元のおっちゃんたちが飲みに来ています。
食事処に困ったら是非この辺りを探してみて。