旅ナビ-中国・東アジア
ホーム > 中国 » 福建省 » 廈門

廈門:記事一覧

厦門から台湾へ。高速艇で30分で金門島に渡れます。国際航路なので出国手続きに時間はかかるけど。

厦門から台湾へ。高速艇で30分で金門島に渡れます。国際航路なので出国手続きに時間はかかるけど。

【厦門から金門島へ行くスピードボート:五通埠頭】 厦門は世界遺産となったコロンス島観光や内陸部の客家円楼など、周辺にも観光名所がいろいろありますが、 ちょっと思い立って台湾に行っちゃう?なんてこともできます。 台湾の金門島は厦門から10km程しか離れておらず、船で30分ほどでついてしまう…

厦門で気軽に海鮮食べたかったら開元路へ。地元のおっちゃんが集う海鮮屋さんがいっぱい。

厦門で気軽に海鮮食べたかったら開元路へ。地元のおっちゃんが集う海鮮屋さんがいっぱい。

【アモイの海鮮屋さんで食べた鯛の清蒸。盛り付けが斬新!】 厦門がある福建省は台湾と同じ閩南系の漢人が多く住む土地です。 ルーツが同じ同系統の人たちが居住しているので料理の味付けや食文化が台湾ととても似ています。 海が近い町でもあるので新鮮で美味しい海鮮料理が食べられることは言わずもがなで、そ…

久しぶりの厦門訪問。台湾の金門島行く前にちょっと寄り道。

久しぶりの厦門訪問。台湾の金門島行く前にちょっと寄り道。

【アモイの夕焼け。コロンス島方面(台湾方面でもある。)】 2018年末の台湾旅行は中国のアモイを経由しました。 厦門は成田からANAが直行便を飛ばしてるのですが、どちらかというとビジネスユースの方が多い街です。 対する台湾はビジネスも観光も両方人気なので、少し後れを取るとたちまち航空券の料金…

中国福建省の旅:福建省と言えばお茶でしょう!

中国福建省の旅:福建省と言えばお茶でしょう!

【福建省といえばやっぱりこれ!鉄観音茶!香りがよくてめちゃうまいです。】 さて、旅行の締めくくりはやっぱりお土産です。 最近ではあまりお土産を配る人もいないので自分土産が中心ですが、 それこそ自分土産に嬉しい物が福建省にはある。 お茶です。中国茶。 だってもそもそもアモイってお茶の貿易港とし…

中国福建省の旅:廈門 同安で福建の郷土料理を食す。

中国福建省の旅:廈門 同安で福建の郷土料理を食す。

【同安名物の封肉は箸でホロホロにくずれる。】 アモイ観光の1日目は誰もが訪れるコロンス島を散歩してみました。2日目は同安です。 同安は大昔、この辺りの中心地区でアモイも同安県の一部だったのですが、 南京条約締結後にアモイ港が開港してからというもの、アモイがどんどん発展していき、 アモイは経済…

中国福建省の旅:廈門 コロンス島散歩。

中国福建省の旅:廈門 コロンス島散歩。

【大陸を見つめる鄭成功の像。真下から見上げると超でかい。】 客家土楼群の観光からアモイに戻りました。アモイ観光です。 恐らくアモイを訪れる観光客のほとんど全員が訪れる観光地のコロンス島へ渡りました。 この島はアモイ島の西南にあり、面積1.78平方キロメートルほどの小さな島。 ピアノの普及率が…

中国福建省の旅:なかなかに力業の中国バスサービスに関心。

中国福建省の旅:なかなかに力業の中国バスサービスに関心。

【謎の蒸し物:台湾の椀果に似た感じの巨大な蒸し物】 客家円楼観光2日目は高頭の承啓楼から田螺坑の土楼群までバイクで一気に移動した。 バイクタクシーは正規のルートをスルーして施設内に入るため、入場券を手に入れることができなかった。 かといって入場料を払っていないかと言えばそうではなく、村人に直…

中国福建省の旅:廈門初日はスジホシムシにチャレンジ!

中国福建省の旅:廈門初日はスジホシムシにチャレンジ!

【廈門の朝。5メートル先が見えないほどの霧。驚いた。】 さて、廈門です。廈門には成田午前発のANAの直行便できました。現地には昼過ぎに到着します。 空港から町中への移動も30分程度なので、到着した後に割と動きやすい時間帯です。 今回の旅は廈門を拠点に永定の客家円楼に行く予定です。 荷物を持っ…

廈門交通指南:空港から市内への移動など。

廈門交通指南:空港から市内への移動など。

【廈門快速公交(BRT)の専用道路。高速道路の様です。】 中国華南にある港町、廈門にやってきました。 この町は明の時代から福建省の名産である茶葉の輸出港として栄えた港町です。 その後、列強により開港させられ、外国人が流入したことで建てられた古い洋館が今でも残り、 貿易港としてだけでなく、観光…

1