旅の本
※現在、デザイン変更中です。表示が崩れることがあります。

オススメの本

鉄道の旅手帖 乗った路線をぬりつぶしてつくる自分だけの旅の記録
国内の鉄道旅行に必携。路線を塗りつぶしながら造るたび記録。眺めているだけでも楽しい。
チェーザレ 惣領冬美
中世ヨーロッパの英雄チェーザレ・ボルジアの生涯を緻密で繊細な絵で描いた歴史漫画。
ぼくらの祖国 青山繁晴
祖国日本の過去と今と未来について一人一人が考え、行動するための提言書。
永遠の0 百田尚樹
海軍パイロットだった一人の男の生き様をたどる物語。家族の絆、男の生き様に涙しつつ、この国の歴史をすんなりと理解する。エンターテイメント性あふれる小説。
セデック・バレ ウェイ・ダーション
日本統治時代の原住民族と日本側との衝突を背景にしたエンタメ。大いに見応えあり。
有名旅行ガイド、人気雑誌、ご当地本など、国内旅行やレジャーに役立つ電子書籍を厳選収録。 ガイドブックを買って必要箇所だけ破って持っていく時代は終わりました。 電子書籍版は必要な箇所だけ購入できます。

ホーム > 鉄道の旅・バスの旅 > 一両列車のゆるり旅 [ 下川裕治 ]

一両列車のゆるり旅 [ 下川裕治 ]

日本全国にあるローカル線に乗り、車窓を眺めながらぼーっとしたり、
駅前にある旅館に泊まったりとあてどなく旅した紀行文。
細かいエピソードはあんまり印象には残らないけど、こういう旅もいいかなとおもえてきます。


この本のレビュー

最低限の予算で世界中を旅してその様子を綴ったエッセイなどでおなじみの旅行作家?の
下川氏が日本のローカル線をのんびりと旅して、その様子を綴ったエッセイ。

ガイドブックに載るような名所に行くわけでもなく、美味しい物を食べ歩くわけでもなく、
列車の車窓から眺めた風景や、駅前旅館や町の様子などを綴っています。

正直、すごく面白いとか印象に残ったエピソードはないんだけど、
ガイドブックなどに掲載される旅に違和感をひとや、ただちょっと日常から離れてみたい人、
日本のいろんなところを見てみたい人などは、「ああこういう旅もアリだな」とは思うかも。

一両列車に乗って旅するのは、かつて高度成長期に反映していた日本をたどっているようで、
だんだんとなくなっていってしまう可能性が高く、今のうちに見ておきたい気もする。

以前、熊本の人吉の宿を探していたとき、料金の安さに驚愕したものですが、
それがその駅前旅館だったのかも。とこの本を読んで気づきました。
人吉なんて、銭湯が温泉ですからね~。
お風呂は銭湯にすれば温泉も楽しめて、宿泊代は安くて、結構ありかも。
(まあ、親戚が近くにいるので泊まることはないですけどね。きっと。)

タグ :

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓