旅もの -旅の持ち物・土産物
※現在、デザイン変更中です。表示が崩れることがあります。

人気記事ランキング

外国人に何あげる?日本のお土産。[文房具編]
外国人に何あげる?日本のお土産。[文房具編]
機能性が高く使い勝手が良い上に安いのでお土産に喜ばれるのが日本メーカーの文房具です。
外国人に何あげる?日本のお土産。[食べ物編]
外国人に何あげる?日本のお土産。[食べ物編]
外国人へのちょっとしたお土産によい日本の食べ物。お菓子などの消え物が無難か。
旅でEASYTONEなどフィットネス用品を活用する。
旅でEASYTONEなどフィットネス用品を活用する。
トーニングシューズやヒップアップパンツなど旅の歩く効果でカロリー消費する。疲れたときに転びやすく成るのは難ですが。
内生地もかわいいレザークロワッサン型ショルダーバッグ

外側はシンプルでも中はかわいい内生地を使ったショルダーバッグ。
コロンと丸いフォルムもキュートです。革製なのできちんとした格好にも合わせやすい。
パリ発のカワイイ雑貨minilabo特集
スマホだけ表示させる広告を入れる
ホーム > 旅小物・旅雑貨 > 旅で使う財布はコンパクトなものを選ぶ。

旅で使う財布はコンパクトなものを選ぶ。

旅で使う財布はシンプルでコンパクトなものを使い小分けにする。
なくしたり、盗まれたりすることを想定して貴重品は分散すべし。



旅行用品売り場に行くと、パスポートケースや航空券が入るポーチなど、
様々な旅行用品が売られています。
私も特に新興国に行くときはセキュリティのためにパスポートは身につける派です。 だから腰に巻くタイプの薄手の貴重品入れを愛用しています。

ただ、搭乗券とパスポートを丸ごと入れられるケースは必要かどうか。
これって使うのは空港だけなんですよね。

空港を出てしまうとこんなものを首から提げてたら貴重品丸出しだし、
鞄に入れるにしても貴重品がすべて入っているから盗まれたら終わり。
しかも「搭乗券が折れずに入ります。」って言われても、
搭乗券って搭乗間際にたいてい半券が切り取られるんですけど。
日本の空港はスキャンしてそのまま搭乗券を返してくれますが、
今のところすべての国がそうなっているわけではありません。
そして、飛行機降りたら持ち歩く必要などなし。後は帰国してマイル加算の確認だけ。

また、国によっては搭乗券がレシートみたいな紙切れになっていますし、
最近は航空券もe-ticketになっているので航空券を大事に保管する必要もない。
だから今時こんなばかでかいケースは必要ないと思います。
パスポートやお金、クレジットカードが入れば事足りるのです。

様々な国の通貨を小分けして収納できる多機能財布も普通の旅行者にはあまり必要ないですよ。

旅に持って行く財布には、中にあまり多くの現金を入れないようにしています。
というのも新興国の場合は両替で大量の札束を渡されることになり、
そんなものが支払いの時に財布から見え隠れしたら危ないからです。
そして中進国、先進国ではクレジットカードが主流になってくるので、
やはり現金を使うシチュエーションは限られている。

だからその日に使うだけの現金を財布に移し、予備のお金をサブバッグの中に少し。
あとはすべて貴重品ケースの中に入れます。
ちなみにセキュリティの高い高級ホテルに泊まっている場合は金庫に預けますが、
そうでない場合は自分で持ち歩く。持ち歩く方が断然多いです。
ただし、南米のように羽交い締めにして身ぐるみはがす強盗が出る国もあるので、
持ち歩くか、預けるかの判断はその国の治安によって判断が必要です。
(下手なホテルだと、貴重品預けると従業員が中身を抜いたりするし。)

さてお財布のお話。
女性のお財布ってものすごくポケットが多くてぱんぱんにふくれてしまいます。
しかし、日本で使う財布の中身で海外でも必要なものは少ない。
お店のポイントカード、キャッシュカード、免許証など日本でしか通用しないカード類を出すと、
中身がすかすかになりませんか?

だから、旅行に持っていく財布は薄くてシンプル、かつ上着の内ポケットや
サブバッグの隠しポケットに入るコンパクトなものをおすすめ。
そして、強盗などに襲われたとき、相手を激高させないために渡すためのダミーの財布を
別に準備しておくのも手。(まあ、使う機会は現れたことありませんけども。)

ちなみに私はバスや地下鉄に乗ったり、屋台で買い食いしたり、路上でお金を出し入れする時のために
さっと小銭が出せるよう100円ショップの小さいビニールポーチを財布代わりに使っています。
これだとパンツや上着のポケットにも入るし、汗や突然の雨にも強い。

日本で売っている小銭入れは本当に小銭だけしかはいりませんが、
国によっては小銭もお札だったりするので、ビニールポーチが便利なのです。
かっこつけてマネークリップ使うっていう手もありますが。

そして、お財布の中身は大きなお金とクレジットカード1枚。(予備は別のとこに収納する。)
財布の中身は1日の予算とクレジットカード1枚程度です。
どう考えてもクレジットカードが使えない地域にいるときはクレジットカードも入れません。
あとは腰巻き型の貴重品入れに入れて肌身離さず持つ感じです。

お財布を含め、貴重品類は自分で確認しやすく、なくしにくい場所にしっかり保管します。

ただ、貴重品丸ごとはいったトラベルポーチが便利だという方も大勢います。
多くはヨーロッパなどの先進国を旅する方ですね。
私はバックパック担いで移動型の旅をするタイプで、新興国もよく行きますし、
寒いのが嫌いなので自然と暖かい国を旅します。
ペットボトルの水などを持ち歩くので、トラベルポーチだけで町歩きはしようと思わないのです。
だから、サブバッグの方にポケットとか盗難防止の機能を求めています。

トラベルポーチはそれが丸ごと貴重品なので、外に出ているのは怖いなぁと。
このあたりは旅の仕方や感覚で変わってきますので、ご自分のスタイルでどうぞ。

私の知人のおじさまは旅行には釣り用のベストを愛用してます。
ポケットがいっぱいついているので、ベストそのものが鞄代わりなのです。
手ぶらで歩けるからこの方が便利なんだって。
女性用も隠しポケットがいっぱいのジャケットとかたまに見かけますけど、
ファッション性と機能性。両方のバランスが取れないと使いづらい。

カメラなどは持っていかないと開き直ることもできますが、お金は絶対に必要です。
無くしにくく、人目には付かない方法で上手に持ち歩きたいですね。

スリム、コンパクトでなくしても惜しくない。高くない財布。


記事はいかがでしたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m