旅ナビ-アメリカ大陸・カリブ海
ホーム > キューバ > キューバの旅 プロローグ

キューバの旅 プロローグ

「あのキューバのツアー申し込みたいんですけど出来ますか?」

H. I. S. のカンクンオフィス。日本人従業員のS氏を捕まえ唐突に切り出した。

「あと数日カンクンにいる予定なのでその後出発で。10月8日か9日あたりから。
  旅程は、まああまり厳密に決めてないんですけど。10日くらい。」

話を聞きながら黙ってメモを取るS氏。私が一通り要望を伝えると商品の説明をし出した。

「当社で扱っているキューバのツアーは、往復の航空券、空港-ホテル間の送迎、ホテル2泊分の宿泊料。そしてツーリストカードの手配料です。これに燃油サーチャージがプラスされて・・・」

説明を始めるそばから、帰路の日程変更、第三国への出国航空券がどうのと、次々と質問を浴びせかける私に対し、S氏は表情をほとんど変えずにさっと目の前の端末をたたき、モニターを見ながら淡々と答えを返す。なんだかクールな印象の人である。

思えばこの旅行前、自宅最寄りのH. I. S. でグアテマラ行きの複雑な航空券料金を問うたとき、順番待ちに30分、チケット調査に30分以上も待たされたあげくに、「お待たせ致しました」と全く心のこもらない口調で言い放った眼鏡の偉そうな従業員(席配置からして係長か?)に気分を害し、結局他店でチケットを手配したのがこの旅の始まり。
※日本からロス経由でグアテマラに飛び、陸路でベリーズ、メキシコにたどり着いた。

私は日本でH. I. S. を使うことはまずないと言っていい。もっぱらネットで手配の人である。

ところが、海外の支店はサービスが限定されているので答えは即答だし、お客が少ないので待たない。何より日本語通じて楽なので重宝する。

翌日、電話で手配状況を確認し、再びオフィスを訪れた。

「キューバツアー手配できました。うちの会社で作っているキューバのパンフレットです。」

「くれぐれもパスポートに出入国印が押されないように気をつけてくださいね。押しそうになったら止めてください。ツーリストカードに押すように強気で拒否してください。アメリカで大変な目に遭います」


「それとですね。メキシコとは違いますので・・・。」

一通りツアー内容の確認が終わると、S氏は急に奥歯に物が挟まったような口調になり、おずおずと話し始めた。


「空港の到着口で○○様ってボードを持った人が立っているなんてことありませんから。その辺に座っている現地の人にバウチャーのマークを見せながらご自分で迎えの人を探してください。」

「空港-ホテル間の送迎はあくまでも向こうの旅行代理店の無料サービスですので来ないこともあります。その時はご自分でタクシー拾ってホテルに向かってください。」

「ATMでお金をおろそうとしてそのままカードが吸い込まれることも少なくないので、両替は現金でされた方がよいと思います」

「とにかく社会主義国ですから。日本やメキシコとは、特にカンクンとは違いますのでその辺をくれぐれも念頭に・・・」


治安が不安で出発直前まで大騒ぎしていた今回の中米の旅。
異国の雰囲気満載のグアテマラ、ベリーズを抜け、メキシコに入るとがらっと雰囲気が変わった。

快適なバス、快適なホテル。コンビニにスーパーにアメリカンファーストフード。
普通にしてると日本にいるのとあんまり変わらない気がしてくる。


だから私はマジメに語るS氏をよそに、申し訳ないけどものすごくわくわくしてしまった。
こんなわくわくは初めてインドを一人で旅した時以来だと思う。

キューバ。

何が起こるんだろ~♪



シーフードポット【シーフードポット】

メキシコのなんちゃって中華【なんちゃって中華】
鶏の甘酢あんかけが甘すぎる

パスタとラザニア【フードコートののびのびパスタ】

朝マック メヒカーナ【朝マックメキシコ風マフィン】

ちなみに母と義妹に「面白いでしょ~」とこの話をしたら「面白くないよっ」って言われてしまった。