旅ナビ-東南アジア
ホーム > 東南アジアの移動・交通

東南アジアの移動・交通:記事一覧

休暇シーズンはメコンデルタ渋滞に注意。寝台バスを選べば楽ちん♪

休暇シーズンはメコンデルタ渋滞に注意。寝台バスを選べば楽ちん♪

【久々のベト飯は豚バラのっけ飯コム・スーンからスタート!】 9年ぶりのベトナムは前からずっと行きたかったコンダオ島。 しかし、ベトナムの連休とドンピシャに当たってしまい、行きの船の確保に四苦八苦したのがこの前の話。 (≫ ベトナムの休暇シーズンで交通確保に四苦八苦。スケッチトラベルに…

ベトナムの休暇シーズンで交通確保に四苦八苦。スケッチトラベルに感謝!

ベトナムの休暇シーズンで交通確保に四苦八苦。スケッチトラベルに感謝!

2018年のGWは前から行こうと思っていたコンダオ島に行くことにしました。 以前のベトナム旅行で行った島はフーコック。 そのときは陸路で町を探索しながら船着き場のある町から船に乗りました。 行きは船、帰りは飛行機でぴゅーっとひとっ飛び。 ベトナムのいろんな町を楽しみながら最後に島でまったりして、充…

バンコク空港からの新経路:エアポートレイルリンク。市内に出るのが楽!

バンコク空港からの新経路:エアポートレイルリンク。市内に出るのが楽!

2010年8月にバンコクのスワンナプーム国際空港から町中までの列車が開業しました。 ドンムアン空港からスワンナプーム空港に移ってからというもの、町までの交通手段はタクシーかバスで、 しかも空港までゆくエアコンバスは戦勝記念塔まで出ないと捕まえられない上に本数も少なかった。 ドンムアンの頃に比べたらち…

新型成田エクスプレスE259乗車!デザインと技術に「力」入ってます!

新型成田エクスプレスE259乗車!デザインと技術に「力」入ってます!

【新型成田エクスプレス5号 成田空港到着時の写真】 前回の旅行では成田空港の交通手段として京成スカイアクセスを使いました。 別に狙ったわけでもなんでもなく操業初日にどんぴしゃだったので折角だから予約してみた。 しかし初日だったことから本来乗りたかった1号や3号がてっちゃんで満席になってしまい…

バンコク近郊散歩:マハーチャイ・メークロン線市場探訪の巻(3)

バンコク近郊散歩:マハーチャイ・メークロン線市場探訪の巻(3)

さて、いよいよ最終目的地のメークロン市場に潜入です。 最初に述べましたように、ここは線路上に市場がはみ出しております。 しかし、人々は臆することなく商売をする。1日4往復しかしないんだものいちいち気にしてられない。 これもタイの列車がオールディーゼルだからこそできるっていうのもあるのかねぇ。 電化し…

バンコク近郊散歩:マハーチャイ・メークロン線市場探訪の巻(2)

バンコク近郊散歩:マハーチャイ・メークロン線市場探訪の巻(2)

バンコクから列車にゆらり揺られてマハーチャイ。 マハーチャイ駅構内の市場に気を取られるうちに他の乗客はどこかへ消えてしまった。 海鮮市場を抜けた先に船着き場があるっていう話だが、市場の風景が想像していたのと違う。 「確か改札を出た後に右っていう情報をネットで見つけた気が・・・」 確証がないので決断で…

バンコク近郊散歩:マハーチャイ・メークロン線市場探訪の巻(1)

バンコク近郊散歩:マハーチャイ・メークロン線市場探訪の巻(1)

人が集まる活気があるところにショッピングセンターや市が立つ。 大きなターミナル駅やバスターミナルに商店が集まるのは万国共通かと思われます。 タイでは駅周辺に市場が立っているのもよく見かけますが、このマハーチャイ・メークロン線の終着駅は、 商売熱心な商店主がどんどん前に出てきてしまい、線路すれすれに…

ホーチミン→ロンスエン:マイリン社のエクスプレスバスで大移動

ホーチミン→ロンスエン:マイリン社のエクスプレスバスで大移動

ローカルバスで市内からミエンタイバスターミナルへ ホーチミンからロンスエンに向かうため、ミエンタイバスターミナルへ。 ホテルの近くのバス通りを歩いてバス停を探しターミナルへ向かった。 ミエンタイバスターミナルでは様々なバス会社のカウンターがずらり。 50,000ドン~90,000ドンと金額…

ミャンマーの列車はとっても厳しい。今でも同じかな・・・。

ミャンマーの列車はとっても厳しい。今でも同じかな・・・。

「ミャンマーの列車?揺れるよ~」 揺れるって列車なんだから当たり前じゃん。がたんごとんがたんごとんってって揺られて行くのが列車の旅の醍醐味! 「なーにゆってんの?」と友人の台詞を気にもとめていなかった。 寝台列車の旅はバスに比べれば快適っていうのが自分の中の常識だったのだ。 だが、ミャンマーの列車…

ミャンマーの山岳列車もなかなかオツです。

ミャンマーの山岳列車もなかなかオツです。

朝の5時前、私は既にマンダレー駅にいた。これから列車に揺られてミャンマー東北部(中国の雲南省方面)の町、ラーショーまで行くのである。宿を出たのは4時すぎだったので、スタッフ爆睡。門番起こすの大変だったし。 マンダレーからラーショーまでは距離にすると300キロも離れていない。しかし、その間を走る山岳…