「そうだ、京都へ行こう。」で、一人でのんびり散策してきた。

京都 信八のランチ お盆に使った青春18きっぷが余っており、さてどこに行こうと悩んでいたのですが、かのCMの如く「そうだ。京都へ行こう!」と思い立ち久しぶりに京都に行ってきた。 京都って何年ぶりだろう?と考えつつ、これだけ何度も行ってるところもすごいよなぁ。
バイクで行ったり、深夜バスを使ったり、出張のついでに遊びに行ったりといろいろしてますが、今回はローカル電車を乗り継いでの京都です。さすがにローカル線なのでゆっくりしたくて二泊してきました。

急に思い立ったので大慌てでしたが、今はネットでさくっと調べられるので便利です。
事前に調査不足で、去年買い換えたLet's noteを持参。
宿はじゃらんnet京都東急ホテルを直前予約。
駅からまあまあ近くてネットインフラも整っていて、格安の宿泊プランがあってお得に感じたから。二泊するのでゆったりした部屋に泊まりたかったのです。

ちなみに京都東急ホテルのサイトでも同じプランがありますが、
会員登録をするとじゃらんnetのプランより少しだけ安くなるらしい。
めったに東急系列のホテルに泊まらないのと、たまってるリクルートポイントを使ったら会員登録の割引より安くなるので、じゃらんnetで予約しました。
しょっちゅう仕事や旅行でホテルに泊まる場合は同じ系列のホテル宿泊に統一して、 常連としてのサービスを受けた方がお得ですが、私のようにいろんな形態の宿泊施設を利用するのであれば、楽天トラベルとかじゃらんnet のようなサイトの方が便利ですね。

このクラスのホテル、旅館を最初から探しているのなら、一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!にすれば良かったともいえる。

京都 信八のランチ 京都では中学生以来行ってない三十三間堂、清水寺(清水寺は3回目。)、
清水寺近くの割烹料理屋さんでランチ。それがこの写真です。ご飯と吸い物が別に付く。
メインの通りを外れたところだったのとお昼ちょいまえだったこともありお客はおらず、その上カウンターだけの席だったのはちょっといたたまれない感じでした。
お店の人との会話を楽しみたいかたはよいのでしょうけど、私には無理。
静かにもくもくとご飯食べちゃいました。

八坂の塔 京都 その後、安井金比羅宮、祇園を通り抜け、四条河原町からバスに乗車。
三条商店街で抹茶ソフトを食べて、頼まれた土産の京つけものを購入して、大徳寺、今宮神社。
バスでホテルに戻ってから一人呑み。こんな感じですごしました。

祇園の佐川急便 京都って今まで一人でブラブラするのではなく、目的があったり、誰かと一緒にご飯を食べることが多かったので、ここまで完全に一人って言うのは初めてでした。

前にテレビで京都にリピーターがつくわけみたいなことを特集してましたけど、
こうやって何年かぶりにふと「行こうかな」ってふらりと行ってしまうことを考えると、やっぱり私もそのリピーターの一人に数えられるのだろう。

こういうところって他にないもんなぁ。

行こう、行こうとおもってた京都タワーやマンガミュージアムもまた行かなかったし、こうやって次に行く場所がきまってしまうのがリピートの秘訣というか。

平和堂の鱧そぼろ押し寿司
鱧そぼろ押し寿司
ちなみに今回は京都は最終目的地だっただけで、行きと帰りは滋賀や岐阜に立ち寄ってます。
最終日は近江神宮にお参りした後に琵琶湖をぐるりと回って木ノ本下車。 サラダパン買って平和堂で鱧の押し寿司買って再び列車へ。
さらに大垣で途中下車して田中屋のみそせんべいなど購入して帰宅。
晩ご飯のことまで調べるの忘れてたんで、晩ご飯は東海道線内で適当に食べました。
名古屋で行きたいお店は夜開店なので、下車すると終電に間に合わなくなる恐れがあったのです。

考えてみたら、名古屋ではなく岡崎当たりで途中下車してご飯食べてくればよかった~。

とまあ、とりとめとなく書きましたが、具体的なレポートは各サイトでそのうち書こうと思います。
帰って久しぶりに鉄道の旅手帖にマーカー入れてみましたが、このペースで行くと、死ぬまでに日本の列車に全て乗るのは不可能だなぁ。

まだ18きっぷが1回分残っているので、関東近郊をぶらりたびしてきます。
長い列車の旅は適当な文庫本を持参して、読んだり、居眠りしたり、車窓の景色を楽しんだりしているうちに目的地についちゃうので、ローカル線の旅が一人でも意外と苦になりませんでした。
勿論、同じような旅を楽しんでくれる旅の道連れがいるほうが楽しいけどね。

前へ

知人からいただいた鹿のもも肉。食べ尽くしました。

次へ

今時の美顔器は電源仕様が旅にも持ってける設定。