体脂肪1キロ減!筋力アップが鍵。旅までにあと2キロ。

今年の年末の旅行は台湾なので、台湾に行くまでに体重を落とさねば・・・と思っていました。
というのも台湾はごちそうの宝庫なので、太るんですね~。国内旅行以外で太る国って台湾くらいなんです。どこに行ってもおいしい物があって、あれもこれも食べたくなってしまうのです。
また日本と同じく、ある程度交通の便がよいのもネック。歩かないでバスに乗っちゃったりするんですよ。さらに田舎だとバスすらなくてタクシーに・・・。
だから絶対に事前に体重を落とさねば!と堅く誓っているのです。

そんなわけでいろいろと体重を落とす方法を考えておりましたが、
行き着いたのが石井直方先生のスロトレでした。
理屈っぽい私にはこの理屈が頭にすっこーーんと入り込んできて、はまったのです。

20代の頃はちょっと食事を減らして、ちょっと運動すれば簡単に体重が落ちたのに、
今となっては全く変わらず、しかも同じような食生活をしているのに
1年に1キロくらいのペースで、ゆーーっくりと体重が増えていくんですね。
その理由がはっきりと、理屈でわかって、腑に落ちたんです。

今まで、体温が高くて基礎代謝が高い人はうらやましいなぁと思っていただけなのですが、
そうか。運動をしているようで、実は筋肉が年々減っていってたのか。ということに気づき、
そして、食事制限などでやせるたびに筋肉まで減らしてしまい、リバウンドしたときには
脂肪の重さでリバウンドしていて、よりやせにくい悪循環を招いていたということを知り、
それほど暴飲暴食をした覚えもないのに1年に1キロという地味ーな体重増加がショックだったんだけど、その理由がわかったのが、何よりもよかったです。

これまで食べる量は変わらず、運動を増やしても体重は減らなくてうんざりしてしまって、
続かなかったこともあったんですよ。30すぎてからは特にそんな感じで。
でも、要するにもしかしたら脂肪が減って筋肉がついていたのかもしれません。

ロングブレスダイエットとかでも「食事を減らしちゃだめ」って三木良介がゆってましたが、
それも理屈は同じことだったのでしょう。
タンパク質とかの摂取量が減ると筋肉が落ちるので、太りやすい体になると。

というわけで、いつもジムで泳いではいたのですが、石井直方先生の本を読んでから、
やり方を変えました。
まず週に2回くらい、思い出したときにスロトレでスクワットなどするようにしました。
そして今まで自転車で移動していたのをやめて、すべて徒歩にするようにしました。

筋トレは性に合わないのでいつも有酸素運動だけをしていたんだけど、
ラクにできる筋力トレーニング、スクワット等を加えたのです。

あとは、ロングブレスダイエットとかロングブレスウォーキングとか、めん棒ゾーンセラピーとか、
思い出した時に、気まぐれにやるようにしました。
毎日やんないとだめ!とか習慣化させると続かないたちなので。

体重は少しずつ減ってはいるものの、外食したり、旅行に行ったりして、増えることもあって、
今まではここでくじけてたんですが、体脂肪率が減ってたんです。計算すると1キロくらい。
つまり、徐々に減っていた体重が体脂肪から減ったんだ!ということがわかってやる気がでた。
この前、箱根の宿でごちそう食べても体重がさほど増えなかったのですが、
もしかしたら、少しずつ筋力がついてきていたのかもしれません。

それにきつかったパンツがすこし緩くなったしね。それは1ヶ月で実感してたんですよ。

あたしみたいな理屈で納得するタイプは石井直方先生の本ははまります。

台湾旅行までに3キロ減!という目標は達成できるかどうかはわかりませんが、
旅行中に脂肪を蓄えにくい体質になるという目標で続けてみようと思います。

とりあえず、もう自転車でラクする生活はきっぱりやめようと思います。

いろんなダイエット本がでてますが、私は食事制限物は続かないのです。
ましてや食事をスムージーなどに置き換える系は絶対に無理です。
(食べることが好きなのに、あんな液体ですませるのはちょっと・・・。)

だから、それ以外の方法で、いろんな本から取り入れてできるところだけやってます。

 1.外出前に時間があったらスロトレの方法でスクワットとプッシュアップをする。
 2.お風呂の中で気になる部分の脂肪を筋肉ごとぎゅーーっとつまむ。
 3.たまにめん棒をつかって部分的にゾーンセラーピー。
 4.歩くときはロングブレス方式で4歩ごとに吸って吐いての呼吸法をしてみる。
 5.週に3日くらい。ジムのプールで1.5キロ~2キロ泳ぐ。

2は、前に本屋で立ち読みした本に書いてあったんです。
ぎゅーっと肉をつかむ方法でほそくなるという話が。その本の名前が思い出せませんが。
筋肉ごとぎゅーっと握れっていうことなので、筋肉か、リンパかわかりませんが、
握ることで刺激されるのかもしれません。

風呂の中でやるのは単にそんなときくらいしか思い出さないからです。
本には「気がついたときにやるだけで痩せる」とか書いてあった気がしますが。

日経ウーマンにもこんな記事がありました。
1分お腹つまみほぐしでウエストが変わる!

これで食事を減らせば台湾旅行までに3キロ減は簡単ですが、
それこそ台湾で3キロ戻って帰国する気がするので、地道にいきます。食事はいつも通り。
今回は友達も含めて5人で行くので、そういう意味では分け合えるから激太りはないかな?

【参考に日常生活の中に取り入れている本いろいろ】
本に書かれていることすべてをやるのは無理なので、自分でやれそうなとこだけやる感じ。
あとは日常生活で動く量を増やしてみました。台湾まであと1ヶ月がんばってみます。



前へ

訳ありの「くまもんみかん」。ジューシーであま~い♪

次へ

新潟土産のじゃがりこは越前ガニ。ディップつき。