新潟土産のじゃがりこは越前ガニ。ディップつき。

日本海地区限定 越前ガニだし じゃがりこ パッケージ 新潟に行って来た家族におみやげにもらいました。日本海地区限定のじゃがりこです。
ご当地じゃがりこもただ地域の名物料理や名産品の味付けにしたものでは飽きられてしまうからか、今度はかに入りディップをつけながら食べるという携帯の物がでてきたようです。
いろいろ考える物だなぁと感心してしまいました。

日本海地区限定 越前ガニだし じゃがりこ あけたところ パッケージを開けてみるとこんな感じです。
大きな箱に入っていますが、左にじゃがりこが4つ、右にディップソースと、それを入れるプラスチック容器が4セットずつ。
これまでのご当地じゃがりこはだいたい8個入りだったので、
それを考えると高い?と感じてしまいます。
(土産なので値段は知りませんが。)

日本海地区限定 越前ガニだし じゃがりこ 1セット セット内容を並べてみました。これで一セット。
一箱の中にこれが4セットはいっています。

日本海地区限定 越前ガニだし じゃがりこ かにだしディップ ディップを容器にあけてみました。
じつはじゃがりこの本体?自体にはかにははいっておらず、
こちらのディップの方にかにが入っています。かにフレーク。
かに餡なのですね。
だからたったの4つ入りなのに高い!というのは間違いで、
このディップの方にお金がかかっているのでした。

日本海地区限定 越前ガニだし じゃがりこ をディップにつけたところ じゃがりこを1本手に取り、こうやってディップをつけながら食べます。
確かにじゃがりこ自体はたんなるだしの味でかにではありません。
そしてディップの方はかにの味がする。

コンビニやスーパーで買えるふつうのじゃがりこのように
定番商品にはなり得ないとは思いますが、
お菓子好きはついおみやげに買っちゃうと思いますね~。
日本海地区に行ったら是非どうぞ。鳥取とか島根とかでも買えるでしょうね。
今、かにのシーズンだし。

前へ

体脂肪1キロ減!筋力アップが鍵。旅までにあと2キロ。

次へ

千葉のB級グルメ食べ歩き。我孫子の鶏そばと野田のホワイト餃子。