外国人に道を聞かれ・・・、忙しい時って申し訳無い気持ち。

困った顔の女性イラスト 昨日は用事があって横濱にでました。 JR横浜駅南口の改札前で待ち合わせの後、移動しようとしたところ、アジア系の外国人女性から話しかけられました。
スマホを片手になにやら聞いてくるので対応しようとしたところ、 画面には「横浜駅南口」と日本語で書いてある。
「ここ。」とゆってもわかってもらえず。時間がなかったので最終的に放置してしまったのですが、彼女は一体どうしたのかが気になって仕方がない。

昔、友人が地元で外国人に話しかけられ、病院の場所を聞かれたときに

「もうホントにすっごく急いでたから、とりあえず病院の場所だけ教えてバスに乗った」

ってゆっていたのと状況がかぶります。

昨日は私の待ち合わせ相手が時間がなかったので、あれ以上は対応無理だったのだ。

スマホの画面に「横浜駅南口」と表示されているので、「ここ」っていうしかなく、
横浜駅の南口の一帯どこに行きたいのかが全くわからなかったのでどうしようもない。

駅の改札の前に連れて行き、南口の表示を指さして、スマホと同じ表示だ!と見せたのですが、
「改札を通り抜けてどこかに行くのか?」というゼスチャーをされ、
漢字も英語も読めないことが判明。
英語で「どこに行きたいのですか?」と聞いても無反応だったし。

時間があったら最後までつきあったんだけど。どうにもできなかったです。

外国に行くとみなさんに親切にしていただくことが多いので、
日本では恩返ししたいところなんですけどね。
せめて暇そうな人に聞くか、駅員に聞くかするとよいと思うんだけども。

東南アジア系の顔立ちをしておられましたが、一体どこの国の人だったのだろうか。

一昨日、訪日外国人数が5月では過去最高ってやってましたけど、
東京オリンピックの時には駅には各国語で対応できるボランティアが必須だなぁと
しみじみした出来事でした。

なんか最近、町に出ると、日本人を含め、よく道を聞かれる。
地元民っぽい顔でもしてるんだろうか。
(町に出なくても地元でも良く聞かれるが。)

旅の指さし会話帳 を是非外国でも発売してほしい。
アプリ版でもいいけど。

前へ

リーボックイージートーン買い換え。寿命は2年弱か。

次へ

渋谷でほっとするカフェ空間。スペイン坂の人間関係。