沖縄産パイナップルで贅沢に酢豚。熟れ熟れ。

沖縄産パイナップルをカット 1週間ほど前にパイナップルをいただき、カットするのがめんどくさくて放置してありました。(それよりカットしても冷蔵庫に入らないという切実な問題もあったが。)
でもこのところの猛暑の影響でうちの中は相当あつく、外から帰ると熟れ熟れに熟したパイナップルの香りがぷーんと漂うのですわ。
このままいくとだめになってしまうので、とうとうカットしました。 パイナップルを自分でカットするなんて初めてです。ドールのサイトに切り方のってます。

沖縄産パイナップルで作った酢豚 熟れ熟れパイナップルなので冷やして食べれば一番おいしいのでしょうが、
冷蔵庫がいっぱいで冷やすどころではないので、料理にしました。
パイナップルを使った料理といえば酢豚でしょうか。
これって、エビチリと同じで日本で生まれたんでしょうかね。それとも華南のほう?

にんじんやタマネギがなかったんで、プチトマトを入れました。
あとはシシトウとピーマンね。おいしくできましたよ。

豚肉を揚げるのは油の処理がめんどくさいので片栗粉をまぶしてからフライパンで焼きました。

うれうれになった状態だったので、甘みと酸味が絶妙でした。
加えて、うちのプチトマトも果物みたいに甘いので、フルーティーな夕食。
豚肉に醤油味の下味がついているのがあう秘訣ですね。

残りは半分冷凍して、半分冷蔵庫に入ってます。冷蔵の分は早めに食べます。
フルーツは普段めんどくさくて、みかんくらいしか食べないのですけども、
さすがにここまで完熟だとスーパーで売っている輸入物とは違う味です。
今晩、きんきんに冷えたところを食べるのが楽しみです。

前へ

富士登山ならぬ富士下山!それでも筋肉痛になった。

次へ

映画「台湾アイデンティティ」の感想。