旅ナビ-インドネシア
ホーム > インドネシアの本 > 南の島ぐるぐる。 k.m.p.

南の島ぐるぐる。 k.m.p.


おなじみのk.m.p.がロンボク島を巡った時のイラストエッセイ。
この人たちの本を読むと大抵その国に行きたくなくなるのはなぜだろう?


この本のレビュー

ムラマツエリコ、なかがわみどり氏のユニットk..m.p.の旅エッセイ。
このふたりの本はベトナム、エジプト、ポルトガルなどなどいろいろ読んでいますが、
いつも共通した読後感が、読むとその国に行きたくなくなること。(笑)

女性ふたりの旅なのに、妙に中途半端な宿に泊ることが結構多くて、
宿の汚さとか水が出ないとか、感じ悪い人に会ったとか、負の情報の印象が強く、
なんか楽しそうな気持ちがつたわんないの。
「ベトナムぐるぐる」も、「エジプトが好きだから」も、ベトナム、エジプトに行く前だったので、
行きたくなくなったもんなぁ。(ポルトガルのはそうでもなかったけど。)
結果的にどちらの国も行ってみたら楽しかったんで彼女らの著書とは相性わるいんかも。
※私は別に高級志向の旅をするわけではなく、旅行スタイルは彼女らに似ています。

それにご飯とかも美味しくなさそうに書くんだよねぇ・・・。
あたしあの本読んだ後、エジプトいったらコシャリという得体の知れないものしか
食べられないのかと思いこんでしまったくらいだ。
(しかもコシャリ全然まずくなかった。うまくもないけど。)

この本は一度さらっと読んでいたのですが、ロンボクに行くことになったので、
ロンボクをチャーター車じゃなくて、ベモとかで回った人の体験談が知りたくて
もう一回読んでみました。そ、そしたら、やっぱり行きたくなくなった・・・。
これならマカッサルにすればよかったぁ・・・っていう気持ちです。うわー。

こないだいったアンボンやバンダ島の方がよっぽど楽しそうだ。
バリの隣だからかちゅーとはんぱに観光客ズレしている島なんですねぇ。
観光客ズレしている割には東海岸とかに宿ないみたいだし。うーむ。

読んだら余計にどこの町に行くか悩む結果になってしまいました。
私は旅行の参考に見たのでこういう感想ですが、読み物として望んだ場合、
もうちょっと面白く感じる人もいるだろうなとは思います。

南西部のギリでごろごろしてるのが一番よいのかも。(北西のギリはもう行ったから。)

本の感想とは関係ないですが、ロンボク島の旅はとってもとっても楽しく終わりました。
美味しいものもいっぱい食べたし、イヤな人にも会わなかったし、インフラも快適だったし。
まあ旅の長さが違うので行った場所も少なかったですけども。
ただ単に彼女たちが読者に伝えたいことと私が知りたい情報が一致しないんだけですね。