「たびすまいる」サイト閉鎖。やっぱり。4travelの二番煎じっぽかったもん。

たびすまいるサムネイル 今日メールをひらいたら「たびすまいる」からサイト閉鎖の通知が来ていました。
こちらのサイトは始まった頃からフォートラベルの二番煎じっぽいなぁと思っていたのですが、旅のHPランキングがあったのでそれだけに登録させていただいており、以来放置してありましたが、ううむやっぱり続かなかったようですね。先行したフォートラベルにはかなわなかったようです。

昔、私の上司だった人がこんなことを言っていました。

「人にまねされることを恐れることはない。まねする方は追いつくことに必死で所詮まねまでしかできない。その間に我々は先を行けばいいのだ。」と。

先行する人をまねするだけでは同じレベルに追いつくことはできたとしても
追いついた時にはまねされた方は更に上を行っているということです。

実際本当にその通りでしたね。
我々のやっていることを周りは必死にまねしていたけど、こっちはチームで一丸となって
次に何をやろうかととことん前しか見ていなかったので、全く追いつかれなかったです。
むしろ後ろを見て、まねされることに憤慨でもしていたら成長はそれで止まっていたと思います。

フォートラベルを見ていてもそれと同じことを感じます。
例えばこちらは口コミを投稿するとポイントをもらえたりするのですが、 最初はこれがフォートラベルのステッカーだったりとかしか交換できなかったのです。

「旅のサイトなんだからせめてマイルと交換できるとかさ~」と思っていたら時間がかかったけど、それも実現したし、ずっと広告がJALだけだったので、JALとしか提携しないのかと思っていたらANAとも提携したし、着実に一歩ずつ深化するんですね。
IT技術者もどんどん採用して新しいアプリとかにも素早く対応するし、
他の追随を許さないですよねぇ。

サービスはマイページに写真を中心とした旅ブログを作れることと、
口コミなどの情報投稿やコミュニケーションツールとして使えること。

フォートラベルマイページサムネイル 普通のブログサービスのようにテンプレートを選べたり、凝ったデザインのページにしたりはできないけども、逆にそういった技術がないひとでも自分の旅の記録を簡単に作ることができて情報共有ができます。
私は自分のHPを作るのも趣味の一つなので、今は世界の食べ物の備忘録代わりに使ってる感じですかね。例えば、旅行記作るほど旅のエピソードのない旅だった場合とかは記憶は食べ物しか無かったりしますので。

ちなみに「旅行のクチコミサイト フォートラベル」でこれは失敗するんでは?と思ったのは雑誌です。
プロが撮影したものとはいえ、今時、旅行雑誌を買う人がいるんかなぁと思ったりしました。 旅行人ですらなくなったのに。あれって休刊?どうなんだろ。

旅の口コミサイトといえばトリップアドバイザーもありますが、あれは私はいまいち使いにくくて使っていません。それと投稿者がどちらかというと外国人メインなので口コミは日本人が書いた物の方が参考になるから。
最近、テレビでやたらにトリップアドバイザーから引っ張ってきた外国人旅行者の口コミランキングなんてものをやったりしてますけど、テレビもいよいよ取材費がなくなってますね。
あれをランキングとしてテレビで紹介してしまうのはどうなんだろうか。
調査対象としての信憑性が薄い気が・・・。


ちなみに後発と言えば「ホテル・旅館の口コミ人気ランキング【宿らん】」というのもあります。
こちらはホテルや旅館などの宿泊施設を、口コミをもとにしてランキング形式で紹介しているサイトで、至ってシンプルです。各宿泊予約サイトでも口コミを投稿してもらって顧客獲得に動いておりますが、これは逆の発想ですね。
投稿してもらった口コミを元に宿を選んでもらって、その予約マージンを懐に入れるビジネスモデル。
すごく儲かるとも思わないけど、お金もあまりかからなそうなので続くかも?
あとはどこまで会員を増やせるかですね。
口コミを投稿した方もポイントがもらえて、ポイントが貯まれば現金に交換できるようです。 となると、トリップアドバイザー、フォートラベル、宿らん等々、様々なサイトに同じ内容の投稿をしてポイント稼ぎをする人はいるだろう。(面倒くさいけど。)

でもここ意外にも似たようなサービスをしているところは結構知っていますが、
楽天とかじゃらんとかみたいに検索に引っかかってこないけどどんなもんでしょう。

yahooが後発のgoogleに負けてしまったように、逆転はあるかしら。
新興のIT企業みたいですね。まだ設立から日が浅い。

前へ

中国でも火鍋の素。真っ赤だけどまあまあうまいです。

次へ

中国土産の柿ピー。トマト味。亀田製菓です。