げげっ。ガイヤンの画像を無断で使われてる!不届きものめ。

年末年始のインドネシア旅行から帰り、まずはインドネシアの前に立ち寄ったバンコクの食べ物の整理などしておりました。
最近バンコクに行くとタイ中華とかシーフード系のお店ばかりに行くので、今回は超久しぶりにイサーン料理を食べに行きました。ラープ、リン・ヤーン、カイチオムーサッップ、カオソーイ等々。
「あれ?そういえばラープってタイで食べたの初めてかもなぁ」と今更気づいて不思議だったくらい。思えば海老ばっかり食べてたんすね。

それでラープはラオスに行った時に何度も食べました。世界の食べ物の方にも掲載はしているのですが、前のサイトからの移行しただけで写真の加工も内容もいい加減なので、加工しなおしながら整理したんですね。
で、ラオス語のフォントをコピペできるサイトないかなぁといろいろ探していて、ふと見つけたタイ料理を掲載したページに見覚えがあるガイヤーンの写真が・・・。
あ、あれ?タレの小皿の欠け具合もテーブルの木目も全く同じに見えるんだけど?!

ガイヤーン 該当の写真はこの写真です。チュンポンで食べたガイヤーンの写真。
今回リン・ヤーンという豚のタンの焼き物を食べたので、一緒に掲載したんです。
そして、その後、タイのラープのページを追加すると共にラオスのラープのページを直していて、 「ラオス語のフォントってブラウザで見れない物かなぁ?」と探していたんです。
タイ語は割とどこでも開くんですけど、ラオス語って載せてる方も画像で載せてるのが多いので。
その関連でタイ料理のページもいろいろ見てたんですよ。そしたら、あれえ?って感じで。
それがこのページです。

勝手に画像を使われたページのプリントスクリーン
URL: http://homepage2.nifty.com/sriracha/sub4m.htm
※2013.02.14現在、存在していないページです。移転したようです。

このページよく見て頂けるとわかるように掲載されている料理の写真の解像度も大きさもまちまち。
つまりほとんどの写真が無断転用なのではないかと思います。ちょっとひどすぎない?
うちのページでいうとここの写真を持っていったようです。
■マレー半島縦断≫第5話 意外と遠かったコ・タルタオへの道(1)(ハジャイ-パークバラー)

旅行記書いていて写真がないと寂しいからテキトーに入れたやつ。
このページの写真とどう考えても全く同じですねぇ。いやはや。
しかもご丁寧に全ての写真の名前を変更して保存し直しているようで、悪質といわざるを得ない。

現在、タイで生活する日本人も多いですし、そういう人たちをターゲットにしたビジネスをしている 会社のようですが、個人レベルでもだめなのに、会社でやったら余計だめだと思いますよ~。 マナー違反にもほどがある。

よくHPやブログに掲載している写真に著作権表示をされているかたをみますが、
それを見た時、個人サイトでそこまでしなくても大丈夫なのでは?とか思ったけど、
今回自分がやられているのをみて、ちょっとむっとしたというか、気持ちがよくわかりました。

掲示板とかに画像のURLを載せられるくらいなら別になんとも思いませんが、
企業の営利サイトでこういうことやるのはちょっとな~。信用できない。こんな会社。

タイを拠点にしているならタイ料理なんていつでも食べているでしょうし、
それこそもっと綺麗な写真が撮れるだろう?といいたくなりますね。

私が撮る写真は旅行のスナップだし、しかも写真はメインじゃないので解像度も低いし、
まさか無断転載の対象になるとは思いもよりませんでしたが、
これを機に自分も意識を改めようと思いました。(肖像権とかは特に気を付けないと。)
クリエイティブコモンズとかあんまり気にしてなかったけど、意思表示として参加しようかな。

私はいちいち表記するのは面倒なのでしないとは思いますが、よりマニアックなHPをもたれている方など、わざと解像度を落として見にくいページに仕上げた上で著作権表記を写真一枚一枚に加えておられたりしますね。

わざわざ著作権侵害を調べるつもりはありませんが、ご使用になるときはマナーとしてご一報くださることを望みます。
ま、私は二次使用ができるくらいの解像度の良い写真はアップしてないですけどもねぇ。
4travelくらいですかね。あっちはあっちのサーバーの運用規程があるので気楽だし。

このサイトに対して直接抗議しない代りにブログ記事として晒させて貰います。
ほんにんが気が付いたらすごいな~。
もしかしたらたびnavi.に移行する前の旧サイトの時の写真をお使いになられたのかも。いやはや。

前へ

キューバからの荷物返却。手続き不備ってことみたい。

次へ

メキシコから無事帰国。航空券の姓名逆でもあっさり飛行機乗れました。